FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2019年9月7日(土)は苗穂工場の一般公開日

明日9月7日(土)は苗穂工場の一般公開日です。



北海道は鉄道イベントそのものが少ないです。かつて、手稲区の札幌運転所(札サウ)や苗穂工場に隣接する苗穂運転所(札ナホ)、函館の五稜郭車両所、釧路の釧路運輸車両所(釧クシ)など、道内の運転所などでイベントが実施されていましたが、2012年を最後に実施されなくなりました。相次ぐ車両トラブルや不祥事後は苗穂工場の一般公開のみとなっています。



そんな苗穂工場の一般公開ですが、開催が2年ぶりとなります。昨年は開催直前に発生した北海道胆振東部地震の影響により、停電や電力不足による節電の取り組みなどから、当初は延期としていましたが、後に延期を改め、昨年度は一般公開そのものが中止となりました。

加えて、苗穂工場敷地内にあり、一般公開とともに開放される鉄道技術館についても、昨年10月いっぱいまでの開放を取り止めることが一般財団法人JR北海道文化財団の公式ページより発表されていました。おそらく、地震の影響による施設内部の修繕等の理由があったと思われます。

昨年は道の駅「あびらD51ステーション」に展示されているキハ183系国鉄色の一般人への初お披露目が実施される予定でしたが、それも叶わず、また、昨今宗谷本線の「風っこそうや号」として活躍しているキハ40形気動車「北海道の恵みシリーズ」の4種類全ての展示も予定されていました。昨年は見どころ満載の苗穂工場の一般公開になると思われていましたが、残念ながらイベントそのものが中止となってしまいました。

今年の目玉企画は、9月から使用を開始する予定の「キハ40山紫水明シリーズ」の「山明号(さんめいごう)」の展示が予定されています。調べていると、車番は「キハ40-1790」ということで、苗穂運転所(札ナホ)所属車です。一般の定期列車として使用するほか、イベント用としても重宝する計画です。

そのほか、例年どおり、敷地内の鉄道技術館の一般公開やミニSLの運転、工場見学ツアー、「C62-3」号機の迫力ある牽引運転等のイベントが盛りだくさんです。











過去に実施された際の写真をかき集めてみましたが、迫力あるディーゼル機関車等を間近で見ることができるのも当イベントの魅力の1つです。車両によっては、運転室まで入ることもできるので、貴重な体験ができる1日になります。

場所や開催日時については、以下のとおりです。


詳細は以下の通りです。


【場所】

JR北海道 苗穂工場(住所:札幌市東区北5条東13丁目)


【開催日時】

2019年9月7日(土)9:30~15:00



駐車場はありませんので、JRや路線バス等の公共交通機関での移動をオススメします。ですが、毎年確認していると、付近の商業施設「アリオ札幌」に駐車して来られる方が非常に多いです。

また、今年の一般公開は苗穂駅が移転してから初めての開催となります。移転及び、同駅に直結して南北を渡る自由通路が設けられていることで、JRで移動した場合、従来よりも移動時間が短縮されることでしょう。

大抵の方は展示車両に目が行ってしまい、重要な箇所を見落としてしまいがちです。機会があれば、後日紹介したいと思います。

残念ながら管理者は遠出する関係で行けませんが、一般公開に行かれる際はマナーを守って楽しんでくださいね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10117:保存することの意味とこだわり by 龍 on 2021/01/25 at 21:05:18 (コメント編集)

C62形には、自動給炭機(メカニカル・ストーカー)という装置が付いています。「炭水車(テンダー)からスクリューで石炭を運転室まで飛ばし、そこから蒸気で火室内に自動的に送り込む」という仕組みで、人力での投炭作業を極力限定し、機関士・機関助手の負担を減らすために導入されました。一方で、構造が複雑で保守が大変だったり、「スクリューで石炭を飛ばす」という性質から石炭が砕かれ、煙突から細かい粒子(シンダ)となって噴出した石炭が乗客や乗員に降り注いだり、燃えかけのシンダが沿線に飛散し火災の原因になったりとデメリットも多い装置です。

日本では戦後に登場した幹線用大型蒸気機関車(C61形・C62形・D52形など)にのみ見られる特徴です。言うまでもなく主要幹線の優等列車牽引という過酷な運用を前提に導入されたもので、函館本線でのC62形による重連運用にも欠かせない装置でした。逆に、現在の動態保存による運行には必須ではない装置とも言えます。

「2009年にJR東日本が新たに動態復元する蒸気機関車の候補としてC62 3を挙げた際、JR北海道は貸与・譲渡を断った」というソース不明の話がありますが、これは「自動給炭機を撤去する」という前提の話だったからだと言われています。JR東日本はこの話の後にC61 20を動態復元しましたが、腐食が著しく復元が困難だった自動給炭機は撤去され、代わりに同機の現役時代には一度も搭載されたことのない重油併燃装置が搭載されました。動態保存による運行では運用上の負担が小さい上、石炭の品質が現役当時よりも良く、さらに重油を併燃することで効率よく燃焼できることから自動給炭機を使用するメリットが薄く、この妥協案が採用されたのです。

では、どうしてC62 3は自動給炭機の撤去が認められなかったのか。C62形は全49両のうち、1両(1)が試作車、3両(2〜4)が自動給炭機の試験用として落成した量産先行車(第2次試作車)、45両(5〜49)が量産車でした。つまり、「C62 3にとって自動給炭機は同機が誕生した理由そのものであり、それを撤去してしまうのは本末転倒である」というわけです。

C62 3の動態復元の際は「装飾を加えず、現役当時のままで復元する事」という方針が掲げられたため、自動給炭機も当時のまま復元されており、静態保存に移行した現在も残っています。前述の通り、現在の動態保存の運行形態を考えるとデメリットしかない装置ですが、「製造された経緯と目的を考慮すれば、C62 3は自動給炭機を搭載した状態で保存することに価値がある車両なのであり、そこは絶対に妥協できない」と結論付けられたのだと思われます。

10124: by 管理人 on 2021/01/25 at 23:18:53

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

動態復元を拒んだ理由が何となくわかりました。教えていただき、ありがとうございます。

コメントを読む限りでは、やはり単に金儲けの道具としか考えていないような雰囲気です。

こちらの方でも詳しく調べて記事として紹介したいような内容です。管理者としても今まで北海道にとって大事な機関車だから、、、という理由で終わらせていたんですよね。

大変参考になりました。ありがとうございます。

10126: by 龍 on 2021/01/26 at 02:09:40 (コメント編集)

上記のコメントに追記です。もちろん、JR東日本の考え方も理解はできます。現役時代の姿を可能な限り忠実に復元することは相当難しいことです。当時の乗務員の過酷な労働環境も、現代の主力車両と比べれば決して快適とは言えない車内設備も、必然的に再現しなければならないわけですから。それを軽減するための工夫として、どうしても妥協せざるを得ない部分は当然出てきます。客車のバリアフリー対応、ATSの搭載、ボイラー保護のために電気機関車やディーゼル機関車を補機として連結するなどのような、「そうしなければそもそも運行ができないから」という理由での妥協案ならば、まだ許容範囲内でしょう。

「可能な限り現役当時の姿で運行する」という部分を重視するか、あくまでも「蒸気機関車が牽引するジョイフルトレイン」だと割り切るか。難しいところではありますが、車両の経歴や保存する意義について完全に無視するようなことはなるべくしないでほしい、というのが正直な気持ちです。それが運行する側の工夫次第で何とかなるようなことであれば、なおさらに。自動給炭機にしても、C62 3はそれがない状態で復活しても意味がないし、そもそもそれを搭載していなかった車両を代わりに復元すれば良かったわけですから。「動態復元された機関車の姿は見たいけれど、動態復元という言葉を軽々しく使ってくれるな」とは言いたくなりますね。

なお、釜石線の「SL銀河」で使用されているC58 239がキハ141系気動車との協調運転を行っていることについては、従来は補機としてディーゼル機関車を2両連結しなければ走行できなかったほどの急勾配区間があるという事情を考えればやむを得ず、またキハ141系が元々50系客車を改造した車両であるため補機を後ろに連結するよりは違和感がなく本物らしくていいだろう、と個人的に考えています。JR西日本の「SLやまぐち号」用の35系客車についても、よくあそこまで旧型客車を忠実に再現できたものだと感心しました。せっかくやるからには、こういう部分はしっかり尊重してほしいんですよね。

10135: by 管理人 on 2021/01/27 at 22:22:30

>>「龍」さん、再度コメントありがとうございます。

SL関連になると、やはり難しいですよね。使用していくうえで歴史的な面を配慮しつつメンテナンスに苦慮しながら運行していかなければなりません。

話は変わりますけど、湿原号だって撮る側の人間も凄いです。雄大な自然の釧網本線を走っているからこそ、人工物がアングルに入ることは許されない等、凄いこだわりを持っている方もいて驚きました。

札幌圏でパシャパシャ撮影している人間とは違うと改めて知りましたよ。

それぐらいこだわりを持った方もいるので、やはりSLの復元となると、相当難しい問題が直面してきます。

しかもSLだけでなく、それを牽引する客車の容姿も重要視されますから、そうした点では、伝統あるSL列車を現代に上手く引き継いでいる「SLやまぐち号」の功績は大きく、ぜひとも今後のモデルケースにしてもらいたいです。

管理者がほかに注目しているのが「SL人吉」です。元々「あそBOY」で使っていた客車を再改造して充当しています。こちらは改造車ですが、質感を現代風にアレンジして、尚且つ雰囲気を継承させる。違和感なく仕上げるにはとても難しいですよね。

お金はかかりますが、技術継承を考えれば決してダメなことばかりではありません。やはり一定数を保有していき、後世につなげていくことが大事ですね。

▼このエントリーにコメントを残す