FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

【11月2日~11月4日運行】キハ261系充当の臨時「北斗91号」レポート

更新が滞ってしまいました。申し訳ありません。

先週運行された臨時「北斗91号」について紹介します。

10月運行分は従来のキハ283系に代わり、キハ261系1000番台が充当されました。11月も車種は変更されず、10月と同様にキハ261系1000番台が充当されました。



当日は登別駅で撮影してきました。

この時期に札幌圏で撮影するには、日没の関係で難しく、登別駅には16時前の発着になりますが、それでも周囲は夕陽に包まれ、昨今北海道では地域によって積雪も確認されていることから、厳冬期が近づいてきていると実感している次第です。

また、久しぶりに丸1日何も予定を入れていなかったので、久々に特急に乗りながら本でも読もうと思い、時刻表とにらめっこしていると、臨時「北斗91号」の運転日だったこともあり、札幌から白老・登別まで往復してきました。

少しですが、当日撮影した写真や動画をInstagramの方に既にアップしているので、そちらをご覧ください。

話題は戻りますが、編成は以下のとおりでした。


<函館⇔札幌:キハ261系>

キロ261-1106キハ260-1106キハ260-1206キハ261-1206



上記の4両編成でした。

10月に運行された際と比較すると、函館方・札幌方ともにユニットが差し替えられていました。今回は今年に入って古巣の札幌運転所(札サウ)に戻ったST-1106編成(キロ261-1106+キハ260-1106)とST-1206編成(キハ261-1206+キハ260-1206)でした。一度転属となった2017年3月から2019年初頭まで函館運輸所(函ハコ)に在籍し、「スーパー北斗」として主に使用してきました。今回はこれらユニットにとって久々の函館方面入線になりましたね。

前回の記事で来年3月のダイヤ改正で道内における特急列車からスーパーの名称を外す内容について掲載しました。スーパーの名称を取り外す理由について、前回の記事中では、JR他社の事例を含め、愛称のシンプル化によるわかりやすさや、車両が統一されるため、スーパーとして区別する必要がなくなった等の理由が挙げられるとの記載をしました。

臨時「北斗91号」については、あくまで臨時列車ですが、それでも10月運行分と11月運行分については、同区間を運行する「スーパー北斗」と車両が同一であり、このまま臨時の「北斗」もキハ261系で運行されるようになれば、定期列車と臨時列車でスーパーの有無で名称を区別する必要はほとんどなくなります。

「スーパー北斗」は札幌~函館間を平均3時間40分~50分程度で結んでおり、4時間を切っています。対して、臨時列車の場合は所要時間が4時間を越えています。現時点で「スーパー北斗」と臨時の「北斗」を区別するならば、この違いぐらいです。

スーパーの名称を取り外すことについての懸念事項は、さらなる所要時間の延びです。後日記事にしたいと思いますが、来年3月ダイヤ改正で札幌~函館間の特急列車についても白老駅に停車する列車が設けられます。一部列車は対象外ですが、ここで1~2分程度の所要時間の延びは発生すると思われ、3時間50分をギリギリ切っている列車については、3時間50分台の運転になる可能性があり、全体的にさらに遅くなってしまう可能性も否定できません。いずれにしても、臨時「北斗91号」のような4時間台の列車は定期列車では避けたいところです。

次回の運転は期間が少し空いて年末年始輸送期間中の12月28日からになります。車両についてはまだ発表されていなかったと思います。キハ183系やキハ283系、キハ261系、それともキハ281系の臨時列車の投入など、どのような車両繰りが展開されるのでしょうか?楽しみですね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す