FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

札沼線で山紫水明号が走る!

11月16日(土)と翌17日(日)の2日間、札沼線で団体臨時列車が走りました。

題して、「山明号と紫水号の2両共演! 山紫水明号で行く札沼線への旅」です。

1日目の16日(土)は月形町と当別町を回るコースで、2日目17日(日)はその先の浦臼町と新十津川町を回るコースがそれぞれ設定されました。

旅客扱いは往路のみで、復路(札幌方面)は回送列車として旅客列車はノロノロ走る札沼線を警笛を鳴らしながら各駅とも通過していくシーンが印象的でした。



まずは、早朝に苗穂運転所(札ナホ)構内で待機する山紫水明号です。1カ月遅れて紫水号もデビューし、営業運転に入っています。





山明号が緑色の車両、紫水号が紫色の車両です。



当日は石狩月形駅で撮影してきました。当日の石狩方面は悪天候に見舞われ、暴風雪の中運行されました。同駅での停車時間はおよそ1時間でしたが、その間にも晴れ間が見えたり、風雪に見舞われたりと、イマイチ天候が安定しませんでした。







停車中の様子を何枚か掲載しておきます。

同駅では停車時間が長いこともあり、多くのファンで賑わいました。



停車時間が多く設けられていた理由の1つになりますが、新十津川から5426Dがやってきました。引き続き南下し、石狩当別を目指します。

廃止されるいわゆる札沼線の末端区間で石狩月形駅は唯一列車の交換が可能な設備を有します。末端区間は列車の発着は主に浦臼駅や新十津川駅になりますが、いずれも1面1線構造であり、列車の交換可能な駅ではありません。ここから新十津川駅までは営業キロでおよそ30kmありますが、永遠と単線が続きます。以前は同駅のほかにも交換可能な駅を有していたのかもしれませんが、現在は石狩月形駅を過ぎると、交換可能な駅はありません。

交換可能な駅がなければ、列車の増発が困難になります。今回のように、石狩月形以遠に別の列車が入線していれば、戻ってくるまで待機しなければなりません。このあたりは、仮に最終運行直前になって列車の増発が実施される場合はダイヤに制約が生まれる要因になりますね。

北海道ではいくつかこうした路線や区間があります。いずれもランニングコストを減らし、最低限の設備で運行する方針とした結果、逆に列車の増発が困難になったり、今回のような臨時列車のダイヤも制約を生むことになります。また、大幅な遅延が発生した場合もさらなる遅延を招く要因になり得るでしょう。5年前に廃止された江差線、今年3月に廃止された夕張支線、札沼線の末端区間、留萌本線、宗谷本線の名寄以北はいずれもこの問題を抱えています。そうした措置をとった路線の行く末は、やはり減便からの路線廃止という悲惨な結果になる傾向があります。


話題が逸れてしまいましたが、今回運行された団体臨時列車が注目された理由としては、やはり山明号と紫水号が連結し、山紫水明号として初めて運行されたことが理由ではないでしょうか?これまで、単独で普通列車や団体臨時列車として運行されたことはあったものの、両者が同じ列車で使用されたことはなく、今回が初めての運行になりました。

また、山明号の「キハ40-1790」は苗穂運転所所属ですが、紫水号の「キハ40-1791」は旭川運転所(旭アサ)所属の車両です。両者がペアを組む姿が最も美しいと思いますが、実は双方で配置場所が異なっているので、同じ列車で運行されることは今回のような特別な臨時列車が運行されない限り、基本的にありません。

そういった意味でも、今回の団体臨時列車は特に注目されたと思います。

これからも臨時列車やイベント列車でも使用していくようですが、今後しばらくは予定がないので、両者は定期の普通列車として一般車に混じって使用されていくことでしょう。

果たして、次に山紫水明号として走るのはいつになるでしょうか?楽しみですね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8732: by シニアパートナー on 2019/11/22 at 16:14:43 (コメント編集)

ツアー募集による企画列車ですね。参加された方は幸運だと思います。

JRに移行してから交換設備を持つ駅が随分少なくなりました。基本的に交換設備イコール駅員配置という構図になりますから、物理的・人的コスト削減のため廃止していったものです。国鉄時代は正式な駅には必ず駅員がいましたから、鉄道の風景も一変しましたね。

この写真はいずれ貴重なカットになると思います。大切に保存ください。

8733: by 管理人 on 2019/11/25 at 00:17:30

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

コスト削減の一環として人員削減を実施したと同時に、列車の交換設備をもつ駅が少なくなっていったと思います。

石狩月形駅はローカル駅ながら、新十津川方面がスタフ閉塞式であり、運転取り扱い業務のため、駅員が終日配置されています。駅員は当駅専門ではなく、石狩当別駅の駅員が交代で業務をしているようです。

新十津川方面が1閉塞となるため、1日に数回石狩月形駅で列車の交換風景が見られます。列車の本数は少ないですが、距離が長いわりに交換設備が少ないという特殊な条件だからこそ、同駅において1日に数少ない賑やかな時間が設けられていると思います。

廃止間際になれば、夕張支線のように列車が増発されると思います。その際は石狩月形駅は交換可能な駅として重宝されそうですね。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

▼このエントリーにコメントを残す