FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

H100形量産車の試運転を実施中~第一弾は函館本線山線へ投入!

9月に甲種輸送で札幌入りしたH100形量産車6両の試運転が昨今実施されています。







まずは甲種輸送され、苗穂運転所(札ナホ)に到着した直後の様子から。

赤色板が取り付けられ、同運転所奥にしばらく留置されていました。隣にはノースレインボーエクスプレスが同じく留置されていました。ノースレインボーエクスプレスは後継車が発表され、数年後には引退することが有力視されています。後述しますが、双方で活躍エリアが札幌を境に真逆のため、今後本線上で並ぶ可能性は極めて難しいかもしれませんね。





試運転は2方向で実施されており、その1つが旭川方面への試運転です。2枚とも白石~厚別間で撮影しました。今のところ、旭川方面への投入はないので、岩見沢方面へ向かうH100形が見られるのも、試運転ならではの光景だと思います。

そして、もう1方面として小樽・倶知安方面へ試運転を実施しているようです。昨今では午前9時頃に苗穂運転所を出区しているようですね。



そして、JR北海道から今年9月に正式に発表されましたが、今年度末に投入線区第一弾として函館本線山線(小樽~長万部)に投入されるようです。これに伴い、早朝の札幌から小樽方面への始発列車(然別行き)についても、H100形による運転となります。

既に量産先行車2両に、量産車6両が札幌に到着していますが、来年1月にも新たに7両が北海道入りし、全15両体制で営業運転を開始するようです。おそらく、来年3月のダイヤ改正から営業運転を開始すると思われ、具体的なダイヤについては、12月中に発表されると予想しています。

機会があれば、後日記載したいと考えていますが、発表当時から既存の気動車と比べて自重が重いことや、出力不足が懸念されていますが、力強いモーターのおかげでネットにアップされている加速動画を確認する限りでは、既存の気動車と比べて大きな性能差は感じられません。しかし、それはあくまで札幌圏の駅におけるものであり、急こう配区間における性能差はまだまだ未知数です。正式なダイヤが発表されるまでまだまだ不透明な部分が多いです。

いずれにしても、老朽・劣化が激しい既存の気動車を置き換えることで、さらなる安定した輸送が実施されることでしょう。また、長年苦しんできた急こう配路線や区間における空転については、H100形では2軸駆動とし、モーターの制御や増粘着剤噴射装置の採用で急こう配での落葉や積雪時における対策が実施されています。

H100形の函館本線山線の投入により、現在活躍しているキハ40形気動車及び、キハ150形気動車は置き換えられ、函館本線山線から撤退する予定です。そのほか、快速「ニセコライナー」や一部の普通列車にキハ201系が運行されていますが、同車についてはH100形投入後も引き続き活躍する予定です。

これにより、H100形が配置される苗穂運転所では、車両の配置に変更が生じることが予想されます。長期使用を想定していない700番台については廃車となり、キハ150形気動車については他線区へ転用されることが予想されます。苫小牧運転所(札トマ)や旭川運転所(旭アサ)では、長期使用を見込んでいない350番台や700番台が比較的多く残っていることから、これらを置き換えることが予想されます。

管理者が一番気になるのが厳冬期における使用です。北海道で前例のないディーゼル・エレクトリック式ハイブリッド気動車H100形は、厳冬期においても故障せず、安定した輸送が実施されていくのでしょうか?今後の行方が気になりますね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム


人気ブログランキング
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8734:承認待ちコメント by on 2019/11/25 at 08:43:17

このコメントは管理者の承認待ちです

8735: by シニアパートナー on 2019/11/25 at 15:46:07 (コメント編集)

函館本線山線投入ということで、冬季は積雪の多い、夏季は気温も比較的高い環境での運用になります。また倶知安・ニセコ方面への新形車両投入によりインバウンドを強く意識した点も感じられます。

性能的には、起動加速度が1.1km/h/sということで、たまたま711系電車と同じ数値です。モーター出力は210KW(105KW×2)で711系が1両当り200KW(モハ600KW)と同じモーター動力車なので何となく整合性はありそうです。しかしエンジン動力の気動車との性能比較は、過去の記事でコメントした通り単純比較は難しいですね。キハ201系が731系電車と協調するのに要したエンジン出力は900PSです。H100は足回りは電車なので、その点ある程度力のある車両ではないかと思っています。

8738: by 管理人 on 2019/11/26 at 09:34:13

>>コメントNo,8734の方へ

H100形はバッテリーなどの推進用エネルギーを持つ装置を搭載しておらず、エンジンを停止した状態で運行することができないようで、シリーズハイブリッド方式ではなく、正確にはディーゼル・エレクトリック方式になるようですね。

記事中の記載も訂正させていただきました。

勉強させていただきました。ご指摘ありがとうございました。

最後になりますが、コメントにはハンドルネームを記入してください。ハンドルネームがない投稿は公開は控えさせていただいております。何卒よろしくお願い申し上げます。

8739: by 管理人 on 2019/11/26 at 09:46:56

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

確かに、ニセコ方面は訪日外国人の利用が日頃から増え、列車のアナウンスにも英語が導入されています。これらを見込んで新型車両をいち早く導入する必要があったのかもしれませんね。

従来の気動車とは異なり、変速機を持たないため、変速時のタイムラグの解消等が期待されます。仕組みは若干異なりますが、日産自動車のe-POWERシリーズも十分以上に動力性能が確保されているようです。数値的にはあまり大したことありませんが、おそらく、数値以上の動力性能が確保されているとみえて、管理者は期待しています。

今年度末が楽しみな新型車両ですね。

8741:奥深いです‼️ by s-kamui on 2019/11/26 at 18:27:25

皆々様よく起動加速力が1.1km/h/sと仰せではありますが耐寒耐雪仕様強化されているとはいえ仕様は東日本GV-E400と何ら変わりませんので、実際はそれよりも上回り731系電車に近いものと考えています。その東日本同車も加速力が2.3km/h/sと言われていますから・・・。

また、苗穂配置の後は苫小牧配置が望ましく、旭川持ちのキハ150が石北線で試運転していた経緯から苗穂のキハ150を旭川に持っていって下さること、私も期待しております。

8743: by 管理人 on 2019/11/29 at 00:19:48

>>「s-kamui」さん、コメントありがとうございます。

後々調べてGV-E400形気動車の起動加速度には驚きました。試運転の様子を動画でネットにアップされていますが、それを確認する限りでは、数値的なもの以上に発進加速が良いことに驚かされます。日産のe-POWERシリーズも数値には見合わない走行性能があるとのことです。

勾配路線や新型車両ということで観光需要の多い路線から投入されていくと思います。石北本線でキハ150形気動車の試運転も実施されていることから、H100形の投入によって既存のローカル気動車も転配が発生しそうですね。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

▼このエントリーにコメントを残す