FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2020年3月14日(土)ダイヤ改正概要

いよいよ来年3月のダイヤ改正について発表されました。

後述しますが、北海道では快速「エアポート」の本数増加に合わせて、全体的に運行時刻の変更が実施されます。

JR北海道のダイヤは快速「エアポート」のダイヤを軸に動いているようなものです。基準となる快速「エアポート」のダイヤがあり、その合間を縫うように普通列車や特急列車が設定されます。地方ローカル線においても、その合間を縫うように走るダイヤを組む特急列車などからの接続を図る列車が多いので、実質的にその波及効果は道内全域に及ぼします。

では、列車別や地区別に見ていきましょう。

ダイヤ改正日は2020年3月14日(土)です。



【札幌~函館・特急北斗】





現在、定期列車12往復が「スーパー北斗」として運行していますが、ダイヤ改正以降は「スーパー」の名称を取り止め、全ての列車が「北斗」として運行されるようになります。

キハ261系が引き続き増備されていますが、今年度は釧路方面の列車を置き換える予定であり、函館方面については久しぶりに車両の置き換えはなく、現状の運行体系が維持される見込みです。

全体的な所要時間はさらに延びましたが、最速達列車は特急「北斗2号」の3時間29分は維持します。また、速達の部類に入る特急「北斗24号」も3時間38分を維持します。時間帯は極端なものの、これらの列車で「北斗」の俊足ぶりを堪能できそうです。一番遅い列車は特急「北斗17号」の3時間58分です。釧路から札幌まで移動できてしまいますね。

また、白老駅に24本中19本の列車が停車するようになります。以前掲載した記事で・・・

【管理者は函館方面が特急「スーパー北斗2号」(北斗2号)、特急「スーパー北斗4号」(北斗4号)、特急「スーパー北斗24号」(北斗24号)、札幌方面が特急「スーパー北斗21号」(北斗21号)、特急「スーパー北斗23号」(北斗23号)の計5本が通過になると予想しますが、果たしてどうなるのでしょうか?】

上記がまさに的中しました。ですが、白老駅停車拡大以上に所要時分が延びており、札幌圏の過密ダイヤもその影響の1つであることは言うまでもありません。札幌~函館間は所要時間が長くなる一方です。

ほかにも、特急「北斗15号」と特急「北斗21号」で新函館北斗駅での乗り継ぎ時分の改善が実施されます。



【札幌~釧路・特急おおぞら】





定期列車6往復が運行されていますが、札幌~函館間同様、「スーパー」の名称を取り止め、「おおぞら」として運行するようになります。キハ261系1000番台を20両新製投入し、3往復計6本の列車をキハ283系からキハ261系に置き換えます。

新たにキハ261系で運行することになる特急「おおぞら5号」は所要時間が4時間01分となり、キハ283系並みの速達性を維持します。南千歳~釧路間の単線区間のみだと、6往復の中で一番速いようです。それ以外のキハ261系充当列車については、所要時間がいずれも延びており、これは性能差よりも帯広方面(下り)に向かう「とかち」で所要時間の短縮がみられることから、途中の区間で「とかち」を新たに待避するようになったことが理由として上げられます。

最速達列車は特急「おおぞら12号」の3時間59分で、引き続き3時間台を維持します。一番遅い列車は引き続き特急「おおぞら9号」の4時間30分です。一番速い列車と一番遅い列車で30分程度の所要時間差があり、特急「おおぞら3号」の4時間29分も一番遅い部類に入ります。今後は同じ列車でありながら、所要時間差をいかに縮めていくかが課題となりそうです。



【札幌~帯広・特急とかち】



定期列車5往復が運行されていますが、同区間を走行する「おおぞら」と同様、「スーパー」の名称を取り止め、「とかち」として運行するようになります。

札幌圏で快速「エアポート」の運行体系が変更されるため、それに合わせて運行時刻が変更されています。車両は引き続きキハ261系1000番台を使用しますが、帯広方面(下り)に向かう「とかち」で所要時間の短縮がみられます。

改正後の特急「とかち3号」が新たに2時間30分台での運行となるほか、特急「とかち5号」も運行時刻を15時台に繰り上げ、2時間40分台での運転に、特急「とかち7号」も9分短縮し、所要時間が2時間40分となります。最速達列車は特急「とかち9号」の2時間38分となります。

2時間40分程度で運行する列車については、キハ261系1000番台デビュー時とほぼ変わらない所要時間です。デビュー時は車体傾斜装置を使い、130km/h運転を実施していましたが、途中の信号場において対向の特急列車待避の関係で所要時間がかかっていました。今度は車体傾斜装置を使わずに最高運転速度が120km/hになってしまいましたが、信号場での待避を減らすことで130km/h運転時代とほぼ変わらない所要時間を維持しています。車両の性能や速度は落ちていますが、運行体系を変更することで所要時分を短くすることが容易なのが石勝線・根室本線です。



【札幌~東室蘭・室蘭・すずらん】





札幌圏で快速「エアポート」の運行体系が変更されるため、「すずらん」についても時刻変更が生じています。また、指定席がこれまでの1両から2両に拡大されます。

現在使用している785系や789系1000番台は5両編成で、指定席(uシート)が1両設定されています。それ以外の4両は自由席です。指定席を2両へ増車する場合、現状の車両を引き続き使用する場合は自由席として使用している普通車を指定席にせざるを得ません。

そうすると、同じ指定席でもuシートと自由席タイプの座席で差が生じてしまうのは確実となります。使用車両のうちの一方の789系1000番台では「カムイ」でも使用するため、たとえ1両分を指定席用に座席を取り替えたとしても、従来と同じく4両が自由席の「カムイ」で使用する際は、今度は自由席で座席の差が生じてしまいます。

詳細は不明で、指定席が1両から2両に拡大することだけが記載されていたので、このあたりの詳細はダイヤ改正の1ヶ月前ぐらいにならないとわからなさそうです。



【札幌~新千歳空港・快速エアポート】





来年3月のダイヤ改正のメインとなる快速「エアポート」の増発です。

現行ダイヤでは札幌~新千歳空港間でデータイム毎時4本運転を実施していますが、訪日外国人増加や通勤・通学需要の拡大に伴い、データイム15分間隔の運転でも時間帯によって混雑に対応し切れなくなっていました。そこで、データイム毎時4本運転から毎時5本運転とし、一気に32本を増発します。

これまで絶妙なバランスダイヤが設けられていた快速「エアポート」ですが、今回からそのバランスが崩れます。各停車駅では時間帯によって発車時刻が1分前後異なっていたり、所要時間も白石駅停車列車を含めて最速37分から41分までさまざまです。現行ダイヤまで小樽方面の一部停車駅を除き、途中停車駅ではデータイムは1分たりとも発車時刻や所要時間に誤差がありませんでしたが、今回からそのような固定ダイヤではなくなります。

また、今回のダイヤ改正で新たに速達タイプの特別快速「エアポート」が誕生します。運行は朝・晩の2往復となりますが、途中、新札幌駅と南千歳駅のみ停車し、白石駅(朝・晩のみ)・北広島駅・恵庭駅・千歳駅は通過となります。最速は33分で、一番遅い列車は35分となります。

航空機の出発や到着に合わせて設定されていた快速「エアポート」ですが、今回から早朝に1往復が新設されます。まず新千歳空港方面へは、札幌駅5時台に快速「エアポート50号」が設定されます。早朝5時台にはこれまで設定はなく、快速「エアポート」史上初の50号台の列車です。早朝の航空機の便に余裕をもって利用することが目的のようですが、同時に、白石駅、北広島駅、恵庭駅、千歳駅から南千歳駅で特急「北斗2号」への乗り継ぎが可能になります。

従来は千歳線の千歳方面に向かう始発列車が特急「スーパー北斗2号」だったため、利用者は手稲駅始発の普通列車が札幌駅で乗継可能なため、手稲~札幌間の各駅と札幌駅や新札幌駅から乗車するしか利用の手段はありませんでした。千歳市内は南千歳駅に停車しますが、同駅に一番最初に発着するのが特急「スーパー北斗2号」であり、千歳市街から離れている南千歳駅では、市内在住の方でも利用することは困難であり、各自車での送迎か市内中心部から路線バスを使って南千歳駅に移動し、特急「スーパー北斗2号」を利用するしかありませんでした。

そこで今回、快速「エアポート50号」が千歳方面への始発列車になったことで、白石駅、北広島駅、恵庭駅、千歳駅から南千歳駅で特急「北斗2号」への乗り継ぎが可能になり、利用チャンスが拡大します。これで同列車の南千歳駅停車が意味のあるものになりました。

札幌方面では、新千歳空港駅始発便が快速「エアポート61号」となります。現行ダイヤでは新千歳空港発6時台及び7時台は普通列車しかありません。新千歳空港には宿泊が可能な温泉施設があり、必ずしも航空機の発着時間に合わせて列車を設定する理由がなくなりつつあります。加えて、札幌方面の通勤・通学需要にも一役買い、新千歳空港駅から札幌へ向かう際、従来よりも約30分ほど到着時刻が繰り下げられ、札幌駅で稚内へ向かう特急「宗谷」に接続します。

そのほか、小樽方面についても変更があり、9時台の小樽方面へ向かう列車と19時台に新千歳空港へ向かう列車について、札幌~小樽間は普通列車として運行していますが、いずれも快速「エアポート」として運行するようになります。いずれの時間帯も区間快速「いしかりライナー」が1本設定されており、3月のダイヤ改正で各駅停車化することでその代替の役割がありそうです。観光を目的とする小樽の滞在時間に合わせた設定とし、利便性がさらに確保されます。

9時台の小樽へ向かう列車2本については、現行ダイヤでは快速運転ではなく各駅停車のため、小樽駅到着後の折り返し時間が確保されていません。遅延が発生した際は致命的となり、後続列車にも遅れの影響が発生し、それがやがて千歳線内にも影響が出てしまいます。上述の小樽の滞在時間確保のほかに、運用の都合上による理由もありそうです。



【手稲~札幌~江別・区間快速いしかりライナー】



来年3月のダイヤ改正で区間快速「いしかりライナー」が廃止となり、全ての列車が各駅停車の普通列車に格下げされます。普通列車しか停車しない駅周辺の宅地化やショッピングセンターの開業により、利用者が増えているのが理由の1つで、各駅停車化によって普通列車の負担を少なくするねらいがあります。

また、札幌~江別間については運行体系上の問題があり、待避可能な駅も少ないため、快速列車・普通列車問わず、先行列車が先に到着するシステムになっており、快速運転のメリットが生かされていない状況にありました。苗穂駅はアリオ札幌へのアクセスや周辺の再開発における宅地化、商業施設と一体となったタワーマンションのオープンが控えています。森林公園駅は周辺に道立高校が2箇所あり、周辺の宅地化、北海道博物館の開設とアクセス向上、高砂駅も周辺の宅地化があり、利用者が多く見込まれる状況から、各駅停車化し、混雑緩和と利便性向上を図ることがねらいです。

これに伴い、運行体系の見直しによってデータイムでは札幌~手稲間が快速列車と普通列車合わせて1時間あたり8本から7本に、札幌~江別間も5本から4本に削減されます。後者については岩見沢方面への利便性を維持・確保すると思われ、江別行きと岩見沢行きが交互に設定されると予想し、江別発着の1本が運行取り止めになると予想しています。



【札幌圏】



6時台に札幌駅から然別へ向かう普通列車がありますが、それ以降、手稲・小樽へ向かう列車は44分間隔が空いています。その間に小樽へ向かう普通列車1本を増発し、利便性を向上します。千歳線の札幌方面へ向かう始発列車との接続が図られるようです。そのほか、7時台に手稲発の普通列車を小樽発に変更します。

学園都市線では、22時台に札幌発の列車を20分間隔とします。

そのほか、早朝の千歳発の列車1本を苫小牧発とします。これにより、現行ダイヤでは6時頃に札幌方面の始発列車が設定されていますが、始発列車を20分繰り上げて5時40分とします。現行よりも25分早く札幌駅に到着可能となり、旭川・網走方面の特急「オホーツク1号」に接続します。



【小樽~長万部】





通称「函館本線山線」です。ワンマン運転を実施している36本について、新たにH100形気動車で運行します。空転対策や車内案内表示器が英語表記にも対応しており、ニセコエリアを中心に訪日外国人観光客利用が増えている背景から、道内の各ローカル線よりもいち早く投入されたことでしょう。

試作車2両と来年1月に北海道にやってくる量産車合わせて13両の計15両体制で既存のキハ40形気動車とキハ150形気動車を置き換えます。引き続き車掌が乗務し、札幌~小樽間を快速「ニセコライナー」として運行しているキハ201系については、置き換え対象にはならず、引き続き使用されます。



【廃止となる駅】

利用の少ない根室本線・古瀬駅(白糠町)と釧網本線・南弟子屈駅(弟子屈町)を廃止とします。




以上のとおり、来年3月に実施されるダイヤ改正内容をまとめました。

道北方面については、公式発表されたダイヤ改正資料では何も触れられませんでした。また、全道におけるローカル輸送についても、函館本線山線を除いて、ほとんど現行ダイヤと変わらないようです。

北海道では久しぶりに大規模なダイヤ改正になりそうです。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8788: by ナナッシー on 2019/12/16 at 20:02:12

こんばんは
エアポート50号は2004年頃のGW期間中に7時代の飛行機に間に合うように設定されてましたよ。
エアポート61号は空港利用客よりも通勤客として多くの乗車が見込まれそうです。
通勤ライナーとしてエアポート71号など本数をもう少し多く設定すれば遠距離通勤者にとってみれば良いかも知れません。

キハ201系の乗車方法が変わるそうです。小樽〜蘭越間では全部のドアが開閉するのでは無く、発着時にボタンを押して乗降する方法になります。はこだてライナーと同じ乗り方です。

とかち9号のダイヤ、21時04分から21時10分に繰り下がりましたが、寧ろ20時代後半繰り上げて欲しいです。送り込み運用といえど乗車率は非常に少なく、いつ見直し(=廃止)の対象になってもおかしくないです。

8790: by 管理人 on 2019/12/17 at 00:59:19

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

過去に不定期ながら設定されていたとは初めて知りました。教えていただき、ありがとうございます。

鉄道会社の多くが通勤・通学時間帯はほぼ各駅停車しか設定していませんが、速達タイプの列車もあった方がそれはそれで利用客から歓迎されると思います。北広島駅で快速と普通を接続するダイヤを組むと、利用が偏りそうですが、あえて島松駅やサッポロビール庭園などで待避するダイヤを組めば、早朝の時間帯にも快速「エアポート」を設定してもいいのではないかと思っています。

快速「エアポート61号」を皮切りに早朝の札幌方面の快速列車が増えることを期待します。

キハ201系の乗降の方法の変更について、変更当初は戸惑う利用客もいるかもしれませんが、徐々に浸透していけばいいと思います。

帯広方面については、夜間の運行時刻の繰り下げが実施されてから10年以上が経過します。やはり、利用が少ないのは明らかであり、運行時刻の繰り上げは必要だと思います。その分、夕方などに集中して設定することにより、都市間バスに対抗または、運転間隔が狭くなることによる「スーパーおおぞら」の停車駅減&速達化が望ましいです。まだまだ石勝線特急は改善点がありそうですね。

8794:おおぞら・とかち by ほのほの on 2019/12/18 at 22:20:15

スーパーが抜けちょっと懐かしい気もしますが、スーパーおおぞらの283系がどんどん廃車になって行くんですね。石勝線、根室本線も個性がなくなっていきますね。スーパーおおぞら、事故前は本当に速かったな~。もう振り子式の気動車は無くなっていくんでしょうね。

8795: by 管理人 on 2019/12/20 at 00:37:36

>>「ほのほの」さん、コメントありがとうございます。

これまでは方面別や列車別で列車の形式が異なっていました。なので、それぞれの列車の独特なイメージや個性といったものは薄れていくでしょう。

JR四国では2700系として新たに振り子式車両として営業運転を開始しました。北海道よりも線形が悪いので、単に高出力気動車を投入しても意味がないと判断したからだと思います。

JRの中でも経営が苦しい2社で方向性が全く分かれました。これが数十年後にどのような結果になっているか管理者は非常に興味深いです。

振り子式じゃなくても1両あたりの出力をDF200並みにして、加速性能で所要時間を稼ぐ方法もあります。いずれにしても、現在の技術力では現実的ではないですから、しばらくはキハ183系から発展した形のキハ261系で我慢するしかないようですね。

8931:南千歳駅での乗り換えについて by 龍 on 2020/01/29 at 02:13:52 (コメント編集)

2020年3月14日のダイヤ改正では、南千歳駅の快速「エアポート」の発着ホームが変わります。これまでは原則として新千歳空港行きが3番線、札幌方面行きが2番線に発着していましたが、今回から新千歳空港行きが2番線、札幌方面行きが3番線に発着します。

南千歳駅での函館・釧路方面からの特急列車(4番線)から新千歳空港行き快速「エアポート」(3番線)、札幌方面行き「エアポート」(2番線)から函館・釧路方面への特急列車(1番線)への乗り換えは、原則それぞれ同一ホームで行っています。しかし今回、「エアポート」の発着番線が逆転することで同一ホームでの乗り換えができなくなり、一部の列車を除き跨線橋で別のホームに移動してから乗り換える形に変更となります。

JR北海道は今回の措置を行う理由として、快速「エアポート」の増発に伴い千歳線の列車間隔が狭まったことを挙げています。現在の乗り換え方式では、快速「エアポート」は上り線(下り線)から分岐器を渡って南千歳駅の下りホーム(上りホーム)に発着し、再び分岐器を渡って上り線(下り線)に戻る、という形で発着しています。この平面交差のため、人身事故などでダイヤが乱れた場合の他の列車への影響を考慮して上下列車の間隔をある程度空けておかなければならず、ダイヤ作成上のボトルネックの一つになっていました。それを解消するための措置だということです。これを受けて、南千歳駅には従来の階段やエスカレーターの他、エレベーターを新設して対策を図ります。

8933: by 管理人 on 2020/01/30 at 02:20:36

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

一昨日時刻表を購入して確認したところ、南千歳駅の発着番線が上下列車で現行とは反対になっていることに気付きました。

本数が増えてどうなるか個人的に気になっていた部分でした。発着時刻が上下列車で近接しており、案の定やはり乗継の利便は改善せざるを得ない状況になりましたね。

隣のホームへ移動しなければならなくなりますが、本数が増加してこまめに設定されるようになることでその移動時間も確保できると思います。あとはわかりやすいように、壁を使って掲示物を設置し、訪日外国人をスムーズに案内できるような体制を整えることだと思います。

従来、南千歳駅では上りのエスカレーターしか設置されていませんでした。同一ホームで乗継ができることで駅舎内に上る必要がなかったことも理由ですが、待合室は駅舎内にあるので、スーツケース持参の方にとっては駅ホームに下る際は不便を強いられていたと思います。旧空港駅ですが、今となっては考えられない設備の古さです。エレベーターが設置され、拠点駅としての機能がより期待されます。

▼このエントリーにコメントを残す