FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2019年も当ブログを閲覧いただき、ありがとうございました!!

まもなく2019年(令和元年)が終わろうとしています。

今年も当ブログを閲覧いただき、ありがとうございました。

今年は最初に1日1回の更新を目標にするはずでしたが、残念ながら最大10日程度更新が途絶えたこともあり、目標を達成することはできませんでした。特に夏から秋にかけて更新が少なくなっており、管理者の日頃の時間の使い方やだらしなさが露呈した2019年だったと思います。そこが管理者の最大の反省点でした。

当ブログも運営を始めてから8年目になりました。日や年を追うごとにこれまでの蓄積されたデータを通じて、記事を作成しやすくなってきました。加えて、日頃コメントをいただく閲覧者の方々には本当に感謝する次第です。

特にいただいたコメントがブログを運営していくにあたり、記事の完成度が確実に上がってきていると実感しています。

まず管理者が思ったことを正直に記事に記載し、それをブログに掲載します。それを閲覧した方々がコメントをつけてくれます。それも短い内容ではなく、新聞にでも掲載できるような内容がたくさんあります。その内容を拝見し、管理者も改めてその記事の話題について考え、再び類似した内容の記事を作成する際、過去の記事やいただいたコメント内容も参考にすることで、より深く、完成度の高い記事ができあがります。そしてこれが、段々繰り返されていき、段々質の高い記事が完成していく無限ループが生まれます。

世の中で更新を継続中のブログは、全体のおよそ数%でしょう。閲覧者が増えないことや、その効果を実感できないことを理由に、途中で挫折してしまう方々も多いと思います。しかし、管理者の場合はその利点が徐々に生かされつつあります。更新していけばいくほど、その効果を実感することができます。過去にフォーマットを作成しておけば、類似した記事を作成する際は、圧倒的に記事更新に伴う作業効率も上がります。8年を経てようやく土台固めが完成してきた気がします。

何度も言うとおり、万人受けするブログは目指していません。その中でも、当ブログを選んで閲覧していただいている方々に対しては、面白い内容を取り上げて引き続き全力で記事を作成していく次第です。

こうしたことを記載することで、一部には差別的と思われる方もいるでしょう。ですが、コメントをいただいている身としては、何らかの形で恩返ししたいという気持ちもあるのです。

せっかく、閲覧者が個々の時間を割いて当ブログを閲覧してくれます。そして中には、長々と内容の濃いコメントもいただきます。そのコメントを投稿するまでに、おそらく少なくとも10分以上はかかるのではないでしょうか?加えて、いただくコメントは、そのほとんどが丁寧な表現です。

一個人ブログに対し、ここまで時間を割き、丁寧にコメントを投稿していただくことは、管理者はとても嬉しいです。管理者はコメントをパソコン画面で見るに留まりますが、おそらくそうした閲覧者の方々は、日頃から丁寧に人と接し、公私ともに第一線で凄まじい活躍をしている方という印象が強いです。テキトーな人間なら、閲覧者自身に利益を生み出さないコメントを長く丁寧に投稿する必要はないですからね。

そうして、わざわざ時間を割いて当ブログを閲覧していただいている方々には、少しでも当ブログを閲覧してよかった等、何か1つでも2つでも閲覧者の方々に対してプラスになる内容を発信していくことが恩返しだと思っています。

なので来年もその恩返しが1つ1つの記事でできればいいなと思っています。


その恩返しをするためには、数年後に備えてブログの方向性を検討する必要があります。それは、ネタ列車に依存しないブログの更新です。ネタ列車とは代走などの緊急時の列車のことです。

ネタ列車をブログに掲載することで一時的に閲覧数や話題になるでしょう。しかし、特にコメントをいただいている閲覧者の方々がそれを望んでいるかどうかです。おそらく、そうしたネタ列車よりもリアルな北海道の鉄道事情の方が彼らにとって1つでも2つでもプラスになるのでは?と考えています。

いずれネタ列車というのは減っていくでしょう。というのも、車両メンテナンス体制向上のため、次第に車両が統一され、代走そのものが一部列車を除いて少なくなっていきます。その中で、いつまでもネタ列車中心の方向性でブログを継続すると、後々それがなくなった場合、急な方向転換が難しくなります。

このタイムリミットを2022年度末にしたいと思います。代走の多い特急気動車がキハ261系に統一される時期で、車両が全て統一されれば、代走も一部列車を除いて見られなくなります。ここ数年における北海道の鉄道事情が大きく変わってきていることは事実であり、来年以降、ブログの方向性について再度検討すべき時期が来ていることを実感しております。その足慣らし期間として継続できるかどうかは不明ですが、数年間ゆっくり時間をかけて方向性を決めていきたいと思います。

どのような形で方向性を検討していくかというと、日常の様子、つまりリアルな北海道の鉄道事情をお伝えしていく方向に徐々に切り替えていこうと考えています。もちろん話題のためにネタ列車もいくつか必要になりますが、リアルな事情をお伝えした方が閲覧していただく側にとっても、何らかの形でプラスになりやすいと思っています。ネタ列車は注目されるだけで、あくまでただの自己満足にすぎません。リアルな鉄道事情をお伝えした方が後世にも伝えやすい利点があるため、それを徐々に進めていこうと考えています。

管理者は札幌市在住で、これまで札幌圏の話題が中心でした。リアルな鉄道事情を求めるのであれば、本来もっと地方にも足を運び、日常の様子をお伝えすべきなのです。しかし、これまでは札幌圏の話題がメインであり、地方の様子を後回しにしてきました。なので、管理者自身も知らないことがたくさんあります。今年はさまざまな場所へ足を運び、鉄道の旅を堪能しました。同時に、新たに発見したこともたくさんありました。疲れましたが、楽しかったこともあり、来年以降も継続していきたいというのも方向性を検討する理由の1つでもあり、また反省点でもあります。

特に5年間函館に行っていません。新幹線もまだ見たことがありません。来年こそは行きたいです。ロイヤルエクスプレスもやってくるし、SL冬の湿原号も見たことがありません。ラッセル車の豪快な除雪シーンも一度見てみたいです。ということで、見て記録したい列車が山ほどあります。いずれもそのほとんどが北海道のリアルな鉄道事情であり、日常の光景です。

日常の光景はいつでも記録する、あるいは見ることができるので、見過ごしがちになります。廃止や運行取り止めのアナウンス後にようやく注目されます。それでは他の人間と同じなので、日々記録して後々後悔しないようにしたいです。実は昨年から日常の様子を徐々に記録し続けています。それを早い段階でお伝えできればと思います。


ということで、長々と記載しましたが、皆さまが閲覧してくれたおかげで、当ブログも2019年も無事に継続することができました。皆さまへの感謝を忘れず、来年につなげる次第です。

管理者はこれからテレビを見てダラダラして、日付が変わった頃に初詣に行って同級生たちと楽しんできます。新年のイベントが山盛りで数日間寝不足の日々が続きそうですが、それでもブログの更新を怠らず、引き続き、北海道の鉄道について取り上げていければと思います。



今年の定期列車の撮り納めは大麻駅での区間快速「いしかりライナー」同士の並びでした。

来年3月のダイヤ改正で同列車は各駅停車化されます。同列車も充当列車のラインナップが豊富なので、早めに記録しておいた方がよさそうです。


最後になりますが、今年も1年間本当にありがとうございました。
閲覧する皆さま、よいお年をお迎えください。



北海道の鉄道情報局 管理人











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :