FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地として使用!根室本線・幾寅駅(T36)

今回は映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地としても名高い根室本線の幾寅駅を紹介したいと思います。

現在は2016年に道内を襲った台風の影響で長期間不通で、列車が通らない旅客駅として存続していますが、2016年の台風が襲来するまでは、南富良野町の中核駅であり、普通列車はもちろん、快速「狩勝」も停車していました。かつては急行「狩勝」の停車駅でもあったようです。



駅前です。右側に駐車場があります。映画のロケ地として使用されていたこともあり、旅客駅だけでなく、観光地としての機能もあります。



1枚目の写真左手にも複数のロケのセットがあります。写真はだるま食堂のセットです。ほかにも、床屋や民家などがあり、映画の世界にタイムスリップしたような感覚になります。

だるま食堂は、かつて看板が設置されていたようですが、今は看板が取り外されています。長く営んでいた店主が亡くなり、且つ周辺の過疎化で客も減ったため、閉店になってしまったようです。

駅周辺は映画のために造られた建物がほとんどですが、今もほぼそのままの状態で保存されています。昨年には夕張支線が廃止になりましたが、廃止から半年を経て、また高倉健さんの思い出ある地へ訪れることができたのは、嬉しかったですよ。

急に予定を変更してよかったと思います。



ホームは1面1線構造です。かつては2面2線構造で相対式のホームだったようです。



列車は来ませんが、現役の旅客駅なので、駅名標もまだあります。隣の東鹿越駅は、根室本線の不通後、富良野側の終着駅として機能しています。



映画のロケ時は、幾寅駅ではなく、「幌舞駅」として撮影しました。なかなか道外で地名に「幌」がつくのはないのでは?と思います。北海道ではたくさんあります。札幌も「幌」がつきますよね。北海道らしい駅名で愛着が湧きます。

幾寅駅は根室本線の中間駅ですが、「幌舞駅」として撮影時は、石炭輸送路線の末端駅という扱いでした。



中はフツーの無人駅とは思えないぐらい装飾で賑やかです。





もちろん、高倉健ワールドです!



訪問したのは昨年の9月末です。実は7月中旬に幾寅駅前でヒグマが出没したようです。駅の出入り口に注意書きが貼られていました。

後日調べてみると、夏から秋にかけて金山地区から幾寅地区にかけて度々2メートルクラスのヒグマが目撃されていたようです。主に、かなやま湖に沿う道道465号金山幾寅停車場線で度々目撃されていたようです。ここで目撃されたヒグマというのが、いずれも体長2メートルクラスということで、同一の個体だと思われます。まだ駆除はされていないはずで、厳冬期が終われば、また周辺を徘徊するでしょう。今年の春以降に訪問する予定のある方は道中十分注意してくださいね。



そして、鉄道ファンであれば、一度は確認しておきたい車両があります。

映画の撮影で使用された「キハ40-764」です。車体の一部をカットし、先頭部分のみ2005年の廃車後に設置・保存されています。





塗装の劣化は確認されますが、それでも岩見沢の711系と比較すると、状態が良く保たれています。この車両も冬季はブルーシート等に覆うことなく保管されていたはずで、それにしては状態が良いです。日頃から手入れされているのでしょう。

一度現車を確認したかったので、ようやくそれが実現しました。

周辺に道の駅「南ふらの」があります。富良野市街から南富良野町は距離があり、逆側は狩勝峠ということでその中間に位置する休憩ポイントとして重要な役割を果たしていると思います。鉄道(現在は代行バス)のみならず、映画のロケ地としてドライブのついでにでも訪れておきたい場所です。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
8932: by シニアパートナー on 2020/01/29 at 15:15:01 (コメント編集)

幾寅・・好きな名前の駅です。語源はアイヌ語で「鹿が登る」という意味があるそうです。北海道の地名の多くがアイヌ語の音に漢字を当てはめたものですが、なかなか味わいのある語に仕上がっています。

写真にあるキハ40は映画の時代設定で、キハ22をイメージしています。車体前面を付け替えていますね。キハ22は昭和時代のローカル線の主役でした。

記事を拝見して思うのは、高倉健さんの映画で出てきた駅が廃止憂き目に遭っていることです。陸別、上砂川、増毛、夕張、そして幾寅もそのうちなのか。昭和の大スターが去ったいま、駅も役目を終えていくのかと思うと寂しい気持ちになります。

8934: by 管理人 on 2020/01/30 at 02:28:34

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

管理者の場合、幾寅と聞くと食べ物を連想してしまいます。「と」を取ると「いくら」になります。魚卵ですね。

昨今ではすっかり高級食材になり、一昨年は高額で取引されることから、暴力団への資金源にもなっていました。知床方面では、川へ浮上するサケの腹の中身だけをとり、身の部分をそのまま捨てる行為が相次ぎましたね。

全く関係ない話になりましたが、ロケで使用された764は、キハ22を連想したものです。道内でも今はなき廃線などで大いに活躍しましたね。一部は分割民営化後も残り、JR北海道色に塗り替えられた車両もあったはずです。

健さんは、北海道の鉄道と深い関わりのある地域に縁があります。本人は亡くなられ、それら縁のある地域も鉄道は退き、まちも寂しくなりつつあります。寂しい限りですが、各場所の近くまで行った際は寄り道をして健さんの活躍ぶりを資料等を通じて拝見したいです。

8938:せめて! by ピカチュウ親方 on 2020/01/31 at 00:39:42

せめて、ここまでは復活しても良さそうな感じだが・・・、無理か。

8944: by 管理人 on 2020/02/01 at 01:17:05

>>「ピカチュウ親方」さん、コメントありがとうございます。

南富良野町の中核となる駅です。駅前には道の駅もあり、都会からやってきても最低限の暮らしはできそうです。

幌舞駅として観光地の側面もあるので、たとえJR路線が廃止になっても、施設はそのまま維持されそうな気がします。

▼このエントリーにコメントを残す