FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

789系1000番台の代走で窮地を乗り越えた「ライラック」

先日、789系0番台による「ライラック」で車両不具合が相次いで発生し、札幌~旭川間の輸送が窮地に追い込まれました。





2017年3月のダイヤ改正より、785系の置き換え及び、道北方面の一部特急列車の旭川駅発着に伴い、それの代替として789系0番台を有効活用する形で道央圏に転用されました。

それからというもの、冬季を中心に車両不具合が発生するようになり、度々789系1000番台による代走が確認されていました。先日は過去の代走時でも今までにない状況になり、札幌~旭川間の輸送が窮地に追い込まれました。

一時的に「ライラック」4運用中3運用が789系1000番台による代走になりました。

その写真をこれから紹介していきますが、その代走が特に多かった2月10日に撮影したものです。



まずは、特急「ライラック13号」の代走列車から。江別市内にある市街道路踏切から撮影しました。代走時しか見られない「ライラック」のヘッドマークを表示しています。



白石~厚別間のいつもの撮影スポットから特急「ライラック15号」を撮影しました。後続列車も代走でした。



実は、札幌駅で確認したことがなかったため、特急「ライラック23号」を札幌駅で確認してきました。先行する特急「ライラック21号」が運休となり、同列車も5両編成での代走だったので、車内は混雑していました。



初めて撮影した789系1000番台代走時の「ライラック」の行先表示器です。



1号車側に移動して撮影しました。



25分後に札幌駅に到着する特急「ライラック26号」も代走ということで、苗穂の自由通路の上から撮影しました。

最終的に、2月12日の特急「ライラック4号」まで代走だったはずです。予定では当日の特急「ライラック18号」まで代走でしたが、特急「ライラック5号」から所定の編成が入り、それ以降は代走は発生していません。

ここまで代走が多くなった理由は、まず8日の特急「ライラック40号」が美唄駅で車両点検を実施し、美唄~札幌間を部分運休としました。これに伴い、特急「ライラック41号」と特急「ライラック48号」にも運休が発生しました。

そして、翌9日は1運用のみが代走でしたが、10日になると、旭川運転所(旭アサ)構内と岩見沢駅で相次いで車両不具合が発生します。旭川駅で同駅発着の特急列車の接続を兼ねる「ライラック」はなんとしてでも運行しなければなりません。ということで、「カムイ」の一部を運休とし、その車両を使って「ライラック」が運行されました。

午前中の札幌から旭川へ向かう列車と午後の旭川から札幌へ向かう列車で一時的に4運用中3運用が789系1000番台による代走運転でした。日中から夕方にかけて「カムイ」の運用にも順次復帰し、6本中1本は「すずらん」の運用にも入っていましたから、少なくとも10日は789系1000番台は全編成が何らかの形で稼働していたはずです。

列車の運休情報を照らし合わせると、中にはとんでもない運用を組んでいた列車もあったと予想します。例えば、

まず、特急「カムイ8号」の代わりに、特急「ライラック10号」(旭川7:55発)へ充当させ、そのまま特急「ライラック11号」(札幌10:00発)に、そして特急「ライラック22号」(旭川12:00発)に、特急「カムイ19号」(札幌14:00発)に充当していったと思います。

本来であれば、特急「ライラック22号」の折り返しは、特急「ライラック21号」(札幌14:30発)になり、札幌14:00発の列車については、新たに札幌運転所(札サウ)から車両が回送され、特急「カムイ19号」として運用に入ります。

その後は、折り返しとなる特急「カムイ32号」を運休とし、代わりに特急「ライラック34号」に充当しました。理由は、特急「大雪4号」と旭川駅で接続を図るためです。その後、通常では札幌到着後に折り返しとなる特急「ライラック35号」から所定の編成に戻ることから、ここでも運用変更が生じ、本来の特急「カムイ31号」(札幌18:00発)に無理やり充当させ、その後は通常と同じように運用された流れです。

札幌駅での折り返し時間が5分という無謀な運用が組まれていたようです。しかし実際は車内清掃や折り返し準備で間に合わないので、後続列車にも影響が生じたうえで遅れて発車したことでしょう。

特急「ライラック35号」から中途半端に1編成だけ運用に復帰したわけですが、理由は、翌日が祝日で特急「ライラック旭山動物園号」の運用が控えていました。特急「ライラック35号」で旭川駅に到着すると、その運用は翌日の特急「ライラック4号」から入ります。おそらく、同列車に充当するために、どうしても旭川へ送り込まなければならなかったのでしょう。

ということで、長々と記載しましたが、閲覧する皆さんは把握できましたでしょうか?

時刻表を眺めながら運用の仕組みを辿ってきてください。


道央圏転用前の青函連絡時代の789系0番台は、昨今とはまるで立場が逆でした。昨日Instagramの方でコメントをいただいたので、やりとりしていましたが、青函連絡時代は485系で不具合が度々発生し、そのピンチヒッターで代走で789系0番台が運用に入ったこともありました。それが今では逆になり、すっかり助けられる側、つまり485系と同じ立場になりました。夏季に故障はほとんど発生せず、冬季に集中していることから、雪や低温が影響している可能性が高そうです。

それに引き換え、元々道央圏で活躍している789系1000番台は、本当に故障の少ない車両です。むしろ故障はないといっても過言ではありません。厳冬期でもトラブルなく、安定した輸送が実施できるのが1000番台の強みです。車両繰りをみても、緊急時はほぼ全編成を稼働させていることから、壊れない、絶対的な安心感がある車両ということが伝わってきます。

過去の資料を辿っていると、キハ261系1000番台とともに、徹底した寒冷地対策が実施されているようで、ありとあらゆるトラブルを想定して設計・開発しているようです。内装は燃えにくい素材とすることで、万が一の車両火災時にも備えられているようです。

今回も一気にドカ雪が確認された後に車両不具合が相次いで発生しました。今後も引き続き極端な低温や降雪量が多く確認された後は、代走とそれに伴う「カムイ」の運休に注意が必要になりそうです。

こうしてみると、冬季に札幌~旭川間を移動するには、壊れない「カムイ」の方が安心できそうです。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9007: by 薩摩牟礼 on 2020/02/14 at 11:05:43

こんにちは。
今年の北海道は珍しいくらいに雪が少ないから一転、大雪になったりと、変動が激しいようですね。

素人考えではあるのですが、カムイを運休させたり、無謀な折り返しをするくらいなら、札幌の261系を使っての代走は出来ないものでしょうか?
ライラック・カムイだけでなく、宗谷・サロベツにおいても札幌の261系の代走の方が望ましいのではと思いますが、全くの素人考えですみません。

9009: by 管理人 on 2020/02/15 at 01:32:56

>>「薩摩牟礼」さん、コメントありがとうございます。

以前のように、定期的に雪が積もるのではなく、降らなかった分、それが一気に積もる感じです。降雪量は同じでも、一気に降られると鉄道を含めて日常生活にも影響が出ますから、極力避けたいところです。

キハ261系を使用する案は面白いかもしれません。ちょうどダイヤ改正までは予備車両が豊富にある時期です。0番台も旭川方面で使用しているので、乗務員の習熟試運転を少しやれば、上手く対応できそうな気がします。

宗谷線特急の代走は、どうやら電子閉そく区間入線に伴い、無線機を搭載していなことが代走に使用できない理由のようです。

電子閉塞の場合、運転席に列車情報が載った無線機を搭載することで入線できます。無線機を搭載していなければ入線できません。

但し、有珠山噴火の際などは函館本線山線の入線に伴い、キハ281系やキハ283系に無線機を搭載していたようなので、その気になれば、搭載できると思いますよ。将来的に5000番台の使用に伴い、順次搭載されるようになると予想しています。

9011:増備&改造! by ピカチュウ親方 on 2020/02/15 at 02:12:21

いやいや、多すぎだよね。
勿体無いが、0番台は全廃車にし、1000番台を増備とグリーン設置改造した方が、良さそうな感じだが、どうでしょう?。
そうすれば、運用もスッキリして、利用者も分かりやすいと思うがねぇ。

9013: by ピリカ on 2020/02/15 at 09:24:48 (コメント編集)

今更言っても始まらないですが、このような状況に備えて785系を2編成程度残しておけばよかったと思います。785系より車齢の高い721系の1・2次車がまだ活躍しているのに本当にもったいなかったと思います。
あと、このように運用がカツカツになった場合には、すずらんを気動車代走にして電車を確保するのがいいです。261系も183系も余裕綽々ですから!
実際に27年前にすずらんの気動車代走は前例があります。

9014: by ゆきむし on 2020/02/16 at 00:40:54 (コメント編集)

この代走ライラックに乗りましたよ。1,2号車が指定席扱いでした。
0番台は道央転用をはじめから考えていても、所詮青函トンネル通過を重視していたのでしょう。485系1500番台同様、付け焼刃寒冷地対策では十分ではなかったということでしょう。
宗谷線の特殊電子閉塞用車上機器は、運転士が乗車の都度持ち込んでセットするくらいの大きさのものです。持たずに乗車した運転士に、あとで届けて運転したことがありましたから。

9016: by LMS6229 on 2020/02/16 at 18:06:29 (コメント編集)

今回の一連の運休は主にドア不具合が原因だったようです(雪氷でドアが凍結し開閉ができなくなる→事象が解消せず前途運休)。

冬季になった途端不具合多発というとかつての「いしかり」のようです。そんなところで先代リスペクトしなくていいんだよと言いたくなりますね……

9018: by 管理人 on 2020/02/16 at 20:25:40

>>「ピカチュウ親方」さん、コメントありがとうございます。

本当に北海道の車両??って思ってしまいます。

「ライラック」を運行のメインにする必要はなく、旭川駅で乗継が発生する列車だけ「ライラック」にすればいいと思います。

運用に余力ができるので、「すずらん」に回せばいいでしょう。なにせ道南方面は雪が少ないですからね。

従来は「カムイ」がメインだったので、1000番台の良さを生かすべきだと思います。

9019: by 管理人 on 2020/02/16 at 20:28:31

>>「ピリカ」さん、コメントありがとうございます。

ここまで不具合が多いとは思いませんでしたね。老朽化した車両ながら、引退した785系の方が故障なくよっぽど使えた車両だったと思います。

「すずらん」の気動車代走は乗降扉増設のための車両不足が理由だったはずです。懐かしいですね。

「ライラック」を最低限の本数にして「カムイ」をメインにするなど、改善策はいくらでもあります。0番台を「すずらん」に回せば、雪が少ない道南方面での活躍になるので、いくらか故障は減ると思いますよ。

9020: by 管理人 on 2020/02/16 at 20:31:11

>>「ゆきむし」さん、コメントありがとうございます。

今回はドア故障が理由だったらしいです。1000番台はドア凍結に関して、徹底した故障対策を講じているようです。そこが大きな違いみたいです。

キハ261系1000番台の宗谷線入線が実現しない理由は、電子閉そく区間非対応が主な理由ということを聞いています。しかし、小型の機器であれば、入線可能なはず・・・。ほかにも理由があるかもしれませんね。

9021: by 管理人 on 2020/02/16 at 20:34:18

>>「LMS6229」さん、コメントありがとうございます。

1000番台は、ドア凍結対策を徹底して実施しているようです。普段からこれが起因なら、1000番台が大丈夫で、0番台がダメな理由が見えてきますね。

「いしかり」も北海道特有のパウダースノーが原因でしたね。床下機器にもそれが入り、故障の原因になりました。789系0番台はカバーで覆っているものの、ドア故障の原因になるなど、徹底した不具合対策には至っていないようですね。

教えていただき、ありがとうございました。

9022:座席種別表示無くなる by 苗穂住民 on 2020/02/17 at 00:23:37

 こんばんは。JR北海道の列車運行情報(見たときは5・9・18・21・28・32号が運休)を見て、どんな運用変更が行われたのか考えてみましたが、分かりませんでした。代走が多かったのですね。
 789系1000番台の号車ステッカーの下の座席種別表示が無くなっていますね。4枚目の写真からもそれが判ります。ダイヤ改正で「すずらん」の指定席が2両(えきねっと予約で確認すると3・4号車)になる一方、「カムイ」は4号車のみの1両ですからこれらに対応する準備と思われます。また、「ライラック」の代走にも対応しているようですね。ダイヤ改正後は行先表示器に自由席/指定席の表示が追加されそうです。
 「ライラック」は行先表示器に号車と座席種別が表示されていますね。指定席車両数が固定でないため、青函特急時代からの表示様式を流用したようです。

9026: by 管理人 on 2020/02/18 at 01:40:34

>>「苗穂住民」さん、コメントありがとうございます。

号車ステッカー下の座席種別表示は昨年の夏前後で撤去されているはずです。昨秋から「ライラック」として代走するようになったので、代走や「すずらん」の指定席拡大措置を視野に入れた措置だったと思います。

同じ789系でも行先表示器は0番台と1000番台で異なっています。0番台は座席の種別表示もありますね。今後「すずらん」ではこれが必要になるので、0番台のような表示を検討してほしいです。

▼このエントリーにコメントを残す