FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2019年度春節・さっぽろ雪まつり輸送期間中の「スーパーおおぞら」~最大は7両編成でした!

2019年度春節・さっぽろ雪まつり輸送期間中の「スーパーおおぞら」についてです。

同輸送期間前から平日・休日問わず、所定の6両編成から1両増結した7両編成で運行しています。

今年度の年末年始輸送期間中のように、中間に先頭車が入った編成で運行されたり、8両編成で運行することはなく、連日7両編成で運行され、中間に先頭車を入れるわけでもなく、ごくフツーの7両編成でした。

それでは見ていきましょう。



まずは、1月27日に苗穂駅で撮影した同駅構内留置線で待機している特急「スーパーおおぞら7号」となる回送列車です。

1両増結の7両編成でした。



次に、翌日28日に北広島市役所の展望スペースから撮影した特急「スーパーおおぞら7号」です。

こちらも1両増結の7両編成でした。



3枚目は、2月5日に同じく北広島市役所の展望スペースから撮影した特急「スーパーおおぞら2号」です。

こちらも1両増結の7両編成でした。



最後に、釧路に行った際に、市内の宝橋通りの橋の上から特急「スーパーおおぞら5号」を撮影しました。

こちらも1両増結の7両編成でした。

ということで、至ってフツーの7両編成でした。さっぽろ雪まつり輸送期間が終了しましたが、「スーパーおおぞら」は引き続き7両編成で運行しています。「スーパーとかち」と同様、トマム方面への訪日外国人観光客対応のため、連日増結しているようですね。

3月ダイヤ改正以降、キハ283系充当列車は6往復から3往復に減り、その3往復は新たにキハ261系が充当することになります。現行の釧路運輸車両所(釧クシ)所属のキハ283系で運行している3往復が現状維持、札幌運転所(札サウ)所属のキハ283系で運行している3往復がキハ261系1000番台に置き換えられます。

名称も「おおぞら」となり、前回の記事のとおり、同一名称でありながら、複数の形式で運行されるようになるため、設備・サービスを合わせるために、座席を活用した荷物置場を急遽設置したり等、ダイヤ改正に向けた動きが進められています。

先日、釧路へキハ261系1000番台の試運転列車が確認されたようです。これまで、6両編成で入線していましたが、今回は2両増えた8両編成で向かったようです。当該8両編成がダイヤ改正当日まで釧路に滞在するかどうか不明ですが、8両編成で向かった経緯が気になります。

「スーパー北斗」にキハ261系1000番台を投入する2016年3月ダイヤ改正以前も10両編成で先に函館に向けて輸送されていました。もしかしたら、ダイヤ改正当日の特急「おおぞら2号」はキハ261系1000番台による8両編成で運行されるかもしれません。このあたりは、主要駅に設置している指定席予約状況を確認できる端末で確認することができますね。

ダイヤ改正以降はキハ261系1000番台充当列車も確認することになり、管理者もどのような編成が確認されるのか非常に楽しみです。9両編成や10両編成を見ることは難しそうですが、8両編成程度までなら確認できるでしょう。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9024: by このブログの大ファンです! on 2020/02/17 at 16:33:55

おおぞら2号にキハ261が投入されるかという点ですが、あの編成が一回札幌へ引き返し、前日のスーパーおおぞらで送り込みとして使われたりしないのでしょうか(とかち9号にキハ261系が使用されたように)
 そういうダイヤ改正前の動きが気になりますね

9025: by たら on 2020/02/17 at 20:18:05

えきねっとで確認すると当日はG&指で4両なので8両の可能性は低いかもしれませんね。
どこかのタイミングで6両回送して7両2編成というところでしょうか。
はたまた増結なしの6両2編成だったりして…。

9027: by 管理人 on 2020/02/18 at 01:42:42

>>「このブログの大ファンです! 」さん、コメントありがとうございます。

管理者は予約端末をまだ確認していないので、現時点では何とも言えません。誰か教えてくれそうですが、確認できたら、ダイヤ改正レポートか何かに記載しますね。

9028: by 管理人 on 2020/02/18 at 01:47:30

>>「たら」さん、コメントありがとうございます。

G&指で4両ということは、6両編成で運行されるということですね。昨今の「スーパーとかち」のような編成です。

ということは、8両編成が戻ってくることになりそうです。管理者も予約端末を確認していないので、まだ不明な点があります。今度確認してみようと思います。

9029: by たら on 2020/02/18 at 06:10:36

乗車率等を考えると致し方ないのかもしれませんが、寂しいですねぇ。
パッと見とかちなのかおおぞらなのか分からない日もこの先出てくるかもしれないですね…。

ちなみに前日送り込みも今のところ無さそうですね、私もちょっと期待していましたが、
そこは帯広運転所と釧路運輸車両所の違いでしょうかね

9031: by 管理人 on 2020/02/19 at 01:07:05

>>「たら」さん、コメントありがとうございます。

管理者が確認している限りでは、季節や列車によって道東方面は利用客の変動が激しいと思います。特に閑散期は帯広~釧路間は4両程度でも十分な状況になりますね。

料金面と速達面のいずれもバスや飛行機に利点をとられ、鉄道の立ち位置は曖昧です。減速運転がなお足を引っ張っているでしょう。キハ261系を投入したところで何ら改善策は期待できません。

今のままではさらなる利用客減少に陥ってしまいます。何らかの改善策が必要です。

管理者はまだ確認していませんが、4年前の「スーパー北斗」と同様、先に車両を釧路に送り込むのではないかと思っています。4年前はダイヤ改正前日に「北斗」から火花が散って札幌圏のダイヤが乱れました。こうしたアクシデントに備え、事前に車両を送り込んでおいた方が対応しやすいと思いますよ。

9036: by たら on 2020/02/19 at 18:50:16

そうですね、季節によっては4両でもかなり空いていると思われます。
実際スーパーとかちでも見かけますし。

札幌〰️帯広間ではまだバスに時間は負けていませんが(土日のみ運行の特急便で3時間30分、他の便は約4時間)
いかんせん石勝線の携帯圏外区間の多さとえきねっと割引の13日前までの申し込み&クレジットのみの決済というのをもう少し何とかできないものかと個人的には思っております。
数年前よりは遥かに携帯の繋がりやすさは向上したと思ってはいますが、いかんせん今の若者達には圏外というキーワードはいただけませんし、二週間前に予定をたてるということもなかなかありませんから。
経営危機的なJRにはかなり難しい問題だろうとは思っています。
まだまだ苦悩が続きそうですね。

9040: by 管理人 on 2020/02/20 at 01:49:20

>>「たら」さん、再度コメントありがとうございます。

えきねっとは座席の場所が指定できないので、管理者は使っていません。クレジット決済限定もあまり普及しない理由だと思います。内容は列車や時期限定で凄いことをやっていますね。

現代では、仕事や暇つぶしアイテムはスマートフォンやタブレット端末ですから、それが使えないとなると致命的です。

えきねっとは場合によって破格の内容なので、もう少し工夫してほしいと思います。管理者も座席の場所を指定できる制度を導入したら、2週間前だろうが構わないと思っています。

9042: by たら on 2020/02/20 at 07:58:08

ネット環境の改善はいち早くお願いしたいところですよね。
もっと色々改善できればまだまだバスに対抗できると思うのですが。

えきねっとでのG&指の座席指定は可能ですよ
私も列車で札幌に向かうときはよく利用してます。
ただ、急に行くことが多いので当然割引無しの切符ですが…笑
そこにも改善点があり、該当ページでは号車と座席番号+ABCDしか書いてないので列車に詳しい人でない限りどっちが札幌方面なのかが全くわかりません。
景色を見たい人も間違って買うと山ばかりということもあり得る事になるのでその辺も改善できれば良いのかなと思ったりしてます。

9046: by 管理人 on 2020/02/21 at 00:36:58

>>「たら」さん、再々度コメントありがとうございます。

トンネルが多く、電波が途切れる環境下での運行はマイナスポイントです。スマートフォンやタブレット端末が必需品の昨今では、そうした利便によって公共交通が使い分けがされるでしょう。

えきねっとで座席の予約はできますが、実際に窓側等の細かい部分までは指定できなかったはずです。現在はそれが解消されているのでしょうか?知り合いが1週間に1回釧路に通っていますが、座席番号までは指定できないとのことでした。もうだいぶ前の話なので、改善されているかもしれませんね。

管理者は指定席は滅多に取りません。シーズン外か利用の少ない列車を選ぶからです。週末に泊まりで函館に行ってきますが、思う存分楽しむために、往路2号、復路23号を選びます。利用も少ないし、自由席もラクラクですね。

座席番号はわかる人でなければわからないし、列車によってアルファベットが逆だったりします。窓側の指定はできるようですが、実際に右手なのか左手なのかまでは把握できなかったはずです。そのあたりがもう少しわかりやすくなってくれれば、管理者としてはいいですね。逆にそこまで求めるのも鉄道ファンぐらいで必要ないといえばないですね。

9049: by たら on 2020/02/21 at 08:06:15

JRも歯がゆい思いをしているのではないでしょうかね。
きっと電波の件も把握しているでしょうが、いかんせんそこまでするお金がありませんもね。
私は石勝線利用が専らなので観光客が増えてからは少ない小遣いを何とかやりくりしてグリーン車に乗っています。
外国人の方々のガヤガヤ感にどうも馴染めなくてダメなのです。

細かい座席指定も可能になっていますよ。
ただ意外にえきねっとの利用が多いのかはわかりませんが時間帯によってはかなり前からすでに窓側が全部埋まっていたりします。
空いている時間帯で座席の予約が入っていなければ好きな場所を選べますよ。

9052: by 管理人 on 2020/02/22 at 01:19:56

>>「たら」さん、再々度コメントありがとうございます。

管理者はドコモを使用していますが、トンネルの区間だけで、トンネルから出れば、山奥でも繋がりますよ。そこまでスマホ等に依存しているわけでなく、景色を眺めているか、寝ているかのどちらかなので、苦ではないです。

今後重要になってくるのは訪日外国人ですから、彼らがこの電波が繋がりにくい状況をどう評価するかです。彼らの利用が冬季はメインになりつつありますから、訪日外国人向けの対応が重要視されると思います。

えきねっとについては、管理者も今度試してみます。以前とは各段に選択肢の幅が広がっているようですね。本当は函館に行く予定でしたが、七飯で感染者が出たので、会議も急遽中止になりました。釧路方面に引き続き行く予定なので、その際にやってみたいと思います。

▼このエントリーにコメントを残す