fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2019年度春節・さっぽろ雪まつり輸送期間中のキハ281系「スーパー北斗」~最大は8両編成でした!

春節・さっぽろ雪まつり輸送期間中のキハ281系「スーパー北斗」についてです。

昨年3月のダイヤ改正で運用を減らし、余力が生じたことで今まで実現することが難しかった増結用の車両として活用するようになり、繁忙期のみならず、通常期も増結を実施しています。しかし、9両編成は確認されず、増結は1両増結の8両編成までに留まっています。

今年度の春節・さっぽろ雪まつり輸送期間中も最大8両編成でした。

それでは見ていきましょう。



まずは、1月28日に北広島市役所で撮影した特急「スーパー北斗14号」です。1両増結の8両編成でした。



次に、同じく1月28日に北広島市役所で撮影した特急「スーパー北斗16号」です。こちらも1両増結の8両編成でした。



期間中は一度だけ見慣れない編成も。

失敗してしまいましたが、最後に、2月4日に苗穂ストレートで撮影した特急「スーパー北斗7号」です。札幌方に先頭車を連ねた7両編成でした。

ということで、期間中は最大8両編成でした。

昨年3月のダイヤ改正では、キハ281系の運用が減ってしまいましたが、後継のキハ261系1000番台が引き続き増備されているとはいえ、今回は釧路方面で活躍しているキハ283系の一部を置き換えるため、久々に函館方面はキハ261系の投入がなく、運用も現状が維持される見込みです。しかし、札幌圏において快速「エアポート」の増発があり、列車によって所要時間が多少前後します。

また、1994年のデビュー以降、代走等を除いて一貫して「スーパー北斗」として使用されてきましたが、ついに名称から「スーパー」が外され、キハ281系も「北斗」として正式に活躍することになります。ですが、最速達列車は引き続き札幌~函館間を3時間29分で結ぶので、現状の速達性は維持される見込みです。

今後数年間の活躍になりますが、キハ281系も新たな局面を迎えます。ダイヤ改正まで1カ月を切ったので、いずれ新ダイヤ等を紹介していきますね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9030: by 薩摩牟礼 on 2020/02/18 at 18:38:55

こんばんは。
当地鹿児島の桜島にも冠雪をもたらした寒波でしたので、北海道は大変だったのではと、憂慮しております。
さて、261系の増備ですが、北斗系統に集中投入して、全列車を261系での運用かと思っていましたが、今春はおおぞら系統に投入との事。
これは283系の予備車捻出優先の為でしょうか?

9033: by 管理人 on 2020/02/19 at 01:15:07

>>「薩摩牟礼」さん、コメントありがとうございます。

札幌はなんともありませんでした。道南方面が特にひどかったようです。今年は降雪量が少ないと思われた雪ですが、一気に降った影響で例年を超える勢いに、、、。

それよりも降雪量が少ないからといって油断した一部の町内会が除排雪業者との契約を切ったため、大変な目に遭っていますよ。

話は戻りますが、キハ283系は車両によって年式が異なります。以前お伝えした行先表示器の更新ですが、最終の2001年に増備された車両が主に該当しています。そのほか、引退前に全般検査を受けた車両が更新を実施しており、それらの車両が引き続き活躍することになりそうです。

キハ281系とは異なり、予備車捻出の可能性は低く、キハ281系のように増結車両が不足している事態でもありません。今更10両編成などの長大編成も考慮しなくてもよいため、一部車両は廃車になると思います。

9044: by クリーム4号赤2号 on 2020/02/20 at 19:07:31

初めまして。
本日のS北斗9号、9両編成でした。キハ261系1000番台ですが、すごい迫力でした。

9048: by 管理人 on 2020/02/21 at 00:51:48

>>「クリーム4号赤2号」さん、コメントありがとうございます。

初めまして。

管理者も確認しましたが、さっぽろ雪まつり終了以降も9両編成で運行されている列車もあるようです。いつまで続くかわかりませんが、北海道で一番勢いのある特急列車ですね。

▼このエントリーにコメントを残す