fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

道の駅「あびらD51ステーション」に保存されているキハ183系スラントノーズ車

昨年オープンした道の駅「あびらD51ステーション」。





鉄道ファンが楽しめる数少ない道の駅です。目玉は冬季はブルーシートで覆われていますが、キハ183系スラントノーズ車です。



3月まで冬囲いを行い、4月からまたブルーシートを外して展示するようです。昨年も実施されていましたが、第2日曜日と第4日曜日は運転室も特別公開されるようです。

当ブログではまだキハ183系が展示された姿をお伝えしていませんでした。ということで、昨年撮影してきた写真を紹介します。











北海道でクラウドファンディングによって保存が実現した車両で一番大切に保管しています。他の車両が冬季はブルーシートなどで徹底的な冬囲いを実施しないのに対し、キハ183系は徹底した冬季における車両の老朽・劣化対策を実施しています。

北海道では冬季における風雪や列車の走行中(営業列車)に小さい氷の粒が飛散することで塗装面が傷つきます。そして走行中の列車については雪煙がそれにあたりますが、割れた塗装面の隙間に入り込んだ細かい雪が水滴となります。やがて気温が下がることで水滴が凍結し、膨張することで塗装面破損という状況が起こります。綺麗に保管しておくためには、その分手間も必要なのです。

ですが夏季も雨や風、日の光に照らされていれば、車体の色が日に焼けて落ちてきたり、錆が発生する原因になります。やはり屋外で展示する以上、いつかは車体のお色直しを実施しなければならない日がきます。定期的なメンテナンスはやはり必要なのです。

今年は北斗市の24系も見物に行きたいし、引き続き711系の様子も観察してきます。そして、保存が決まったニセコエクスプレスもニセコでの展示が予定されています。ニセコエクスプレスも屋外で展示されますが、予算の関係で苗穂工場出発時点でお色直しは実施されなかったはずです。その後のメンテナンス費用も十分確保されていなかったはずで、711系と同様、今後の展示・保存が気になる車両です。

昨年は道の駅がオープンしたことでその話題性で人が多く訪れましたが、今年は若干開業効果が一段落しているでしょう。混雑していないときに見学したいです。そして、昨年実現できなかった運転室の見学も実施してみたいと思います。

道の駅の建物内部や隣接する安平機関庫については、また後日お伝えしますね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す