FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

新型コロナウィルスによる利用減少に伴い、春の臨時列車の運行も黄色信号に

新型コロナウィルスによる利用減少に伴い、予定されていた春の臨時列車の設定も黄色信号に変わりつつあります。





3月27日付でJR北海道のホームページのニュースリリースから発表された資料では、一部列車の運行取り止めと、臨時列車の指定席の発売を当面見合わせます。

運転が取り止めとなる列車は、4月運行分のくしろ湿原ノロッコ号です。ゴールデンウィーク輸送期間中を含めて5月以降については、まだ運転取り止めとはなっていないものの、今後変更になり得る可能性が高い状況にあることは言うまでもありません。

指定席の発売を当面見合わせる列車は、新幹線「はやぶさ」や臨時の「北斗」です。利用動向によって発売を開始する場合がありますが、一方で運転そのものを取り止める可能性もあるようです。既に「えきねっと」で予約を入れた場合であっても、今回の指定席の発売見合わせに伴い、予約は取り消しとなるようです。

定期列車の輸送も新型コロナウィルスの影響で苦戦している状況の中、さらに臨時列車を増発する必要はありません。管理者も以前掲載した記事やいただいたコメントのやりとりで、ゴールデンウィーク輸送期間中の臨時列車については触れてきましたが、やはり運行に黄色信号が表示されたようです。

臨時の「はこだてライナー」については触れられていませんから、函館地区の足として予定どおり運行されるようですね。

現時点ではゴールデンウィーク輸送期間中の列車が対象になっています。5月中に運行される臨時列車としては、忘れてはならない急行「花たび そうや号」があります。現時点では通常どおり運行するようですが、運行開始となるのがゴールデンウィーク明けすぐであり、状況次第では同じように指定席の発売見合わせや運行取り止めとなることも想定されるでしょう。首都圏では感染者が連日爆発的に増えていますから、今後北海道でも爆発的に感染者が増える可能性も否定できません。いずれにしても、予断を許さない状況であり、今年楽しみにしていた臨時列車も、運行期間縮小や運転取り止めで影響が出てしまうようです。

終息の目途が立たないため、こうした人が集まりやすい臨時列車を運行するか、取りやめるかは判断が非常に難しいと思います。ただ、終息したかのように思えた新型コロナウィルスは首都圏を中心に爆発的に勢力を拡大しつつあるので、イベントやこうした人が集まりやすい臨時列車の運行は取り止める方向で調整する流れが拡大しつつあります。

今後どのような状況になるかわかりませんが、来年度の臨時列車は、運行の取り止めが相次いだりするなど、大きく影響が出てきそうです。臨時列車のみならず、定期列車の増結も実施されるかどうかわからない状況だと思われ、少なくとも今年のゴールデンウィーク輸送期間はこれまでに例をみない輸送規模で迎えることになりそうです。














↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9235:臨時特急の再編も? by GT-hiro on 2020/03/30 at 06:24:50

以前にも述べましたが、観光シーズンに臨時で運行される北斗84/88号(上り)・北斗91/95号(下り)と山線経由の「特急ニセコ」の再編は使用気動車の老朽化も重なり、再編は必至だと思います。

他に、「はこだてライナー」も新幹線利用者の低迷に加え、各駅停車で使用しているキハ40気動車の老朽化も勘案し、ライナーの各駅停車化(臨時は除く)による気動車各停との統合、仁山経由の普通列車の新函館北斗乗り換え(早朝・夜間の函館への送り込みは除く)は来年以降、議論に挙げられてもおかしくないと思います。

9238: by 管理人 on 2020/03/30 at 23:27:28

>>「GT-hiro」さん、コメントありがとうございます。

函館方面の臨時列車については、設定当初は新幹線開業且つそれまでの輸送力不足状態から解き放たれたように勢いよく本数も増やしました。今度は充当できる車両が限られてきたことと、列車によって利用の有無が極端になってきたので再編は必要だと感じています。

山線経由の特急「ニセコ号」は新幹線の札幌延伸まで何らかの形で土台をつくりたいのでしょうが、特に札幌方面に戻る列車については利用が低く、特別な車両で運行しているわけではないので、あまり注目の高い列車ではありませんよね。単に駅で地元の人間が出迎えているだけの列車になっています。

「はこだてライナー」は、当初は全列車が快速列車として運行する予定でしたが、ワンマン列車削減をする中で、各駅停車を減らす方針に反対があったと記憶しています。それで各駅停車の列車も設けられていたはずです。

北斗市の様子はわかりませんが、新幹線が設けられたことで函館~新函館北斗間も宅地化が進めば、普通列車しか停車しない駅も需要が拡大すると思います。いしかりライナーのように全列車を各駅停車化する必要もあるかもしれません。

函館方面は新幹線開業以降、キハ261系投入以外は大きな変更はありませんから、来年で開業から5年が経過するので、節目としてさまざまな改善点に取り組んでほしいと思います。

▼このエントリーにコメントを残す