FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

緊急事態宣言発令により、札沼線のラストランが4月17日の新十津川発5426Dに前倒しへ

つい先程発表がありましたが、北海道で新型コロナウィルスに関する「緊急事態宣言」の対象地域に指定されました。

この不測の事態により、4月24日(金)の定期運行終了をさらに前倒しし、明日17日(金)の新十津川発の5426Dをもって営業運転を終了する運びとなりました。



それ以降の列車は全て運休となり、翌18日(土)から営業最終日の5月6日(水・祝)まで石狩当別~新十津川間の全ての列車が運休となります。尚、北海道医療大学発着の列車については、通常通り運行する予定です。

急な発表となってしまいましたが、こうした対応で丁度良いのです。ブログやSNSでいただいたコメントでは、そのような急に明日から運休すればいい等のコメントもありました。その方が感染リスクを大幅に減らすことができるので、良い点ばかりなんですよね。

また、札沼線の末端区間廃止に伴う代替バスも4月から営業運転を開始しており、バスで代替輸送が可能なことも、今回の思い切った判断が可能だった背景にありそうです。

道もJR北海道も今回の新型コロナウィルス関係の対応について、迅速さが際立ちました。特に北海道独自で緊急事態宣言を最初に発令したことや、特急列車の減便・減車措置も北海道がほぼ先駆けて実施していたと思います。今回のような緊急事態の際も迅速な対応ができた両者には、一道民として感謝しかありません。

緊急事態宣言が再び出されたことで、北海道内も緊張感が高まり、より一層危機意識を持たなければなりません。道民全員が一丸となって新型コロナウィルスと戦っていくしかなさそうです。













↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9277:少し残念ではありますが… by Kohei on 2020/04/16 at 22:20:13

廃止が早まり少し残念ではありますが,不要不急の外出が少しでも抑えられることはいいことではないでしょうか。全国に対して非常事態宣言が出されたこのご時世,早く収まることを祈るばかりです。
会社としてもそろそろ厳しくなってくる状況だとは思うので...
また今後もキハ183系,281系,283系の引退が続くので,それらについても平和に終われればいいのですがねぇ…

9283:ホッとしました by 赤スカ13号機 on 2020/04/17 at 06:22:56

おはよう御座います

やっぱりこうなりましたか?
昨日緊急事態宣言出てもしかしたら、札沼線にも動きがあるかなと思ってたら、JR北海道のホームページに突然発表されてました。
今の状況を考えたら妥当な判断だと思います。
それでも、羽田始発の便なら間に合うとかまだ言ってるバカな輩も居るみたいで、同じ鉄道好きとして残念な思いです。
まぁ札沼線はすでに代替バスも走っており、もはやマニアのために走らせてたようなものだから既に役目は終わってたも同然でしたから、このような終わり方でも仕方ないのかもしれません。

9284:まさかの by ハマヒデ on 2020/04/17 at 11:46:30 (コメント編集)

正にサドンデスですね。
経営の苦しいJR北としては、最後の乗車や記念グッズで一稼ぎしたかったでしょうが、今日の画像見るとそこそこ集まっているようで賢明な措置でしたね。

9289:感謝します by Toramiya on 2020/04/19 at 03:52:16

今回のJR北海道の対応力には本当に感謝します。この発表の数日前に、鉄道系配信者に『札沼線に来ないで下さい。北海道にウイルスを持ち込まないで下さい。宜しくお願い申し上げます』とコメントしました。心配していた事が起きなくて本当にJR北海道には感謝します。しかしそれでも最終列車に150名程の乗客が乗車していたのには驚きました。

9292: by 管理人 on 2020/04/19 at 22:06:16

>>「Kohei」さん、コメントありがとうございます。

残念なラストランでしたが、世間がこのような状況では仕方ありません。廃止の届け出を出すのが1年前ですから、1年後のことなんて誰も予想できませんからね。

過去の感染症の例をみると、今回のコロナに関しては、1年以上は終息までかかる見通しです。その間に引退する車両も出てくると思いますが、それらの列車はラストランイベントも期待できそうにありません。

とりあえず、今年は我慢の1年になりそうです。

9293: by 管理人 on 2020/04/19 at 22:10:22

>>「赤スカ13号機」さん、コメントありがとうございます。

偶然にも北海道にやってくるスケジュールを最初から組んでいなければ無理な段階で発表されましたね。人混みを極力避けるにはそれしか方法はありませんでした。

代替バスは既に運行を開始し、元々は沿線民の利用はほぼ皆無でした。ここ数カ月間はそれこそ鉄道ファンのために走らせているようなものでしたので、これらの理由も定期運行を前倒しできた背景にありそうです。

不測の事態なので、時間的猶予や選択肢はありませんでした。残念な終わり方でしたが、仕方なかったと思います。

9294: by 管理人 on 2020/04/19 at 22:13:18

>>「ハマヒデ」さん、コメントありがとうございます。

こうしたラストランは全国から人が集まりますが、今回はほぼ道央圏のみの人たちでラストランを迎えました。それでも人はそこそこ集まっていましたね。

一稼ぎするにしても、走らせているだけで赤字のようなものですから、早く運行を終えた方が逆に良かったかもしれませんよ。

9299: by 管理人 on 2020/04/19 at 23:04:01

>>「Toramiya」さん、コメントありがとうございます。

道もJR北海道も今回のコロナの対策についてはモデルケースになり得ると思います。車内で150名程度の乗車があったこと、沿線にも比較的人が多く集まったことで、2週間後どのような数字が出るか注目です。

それにしても、今回の急な対応は特に目立った批判もありませんでした。あまりにも斬新な対応で驚きましたが、今回の措置は適していたと思います。

▼このエントリーにコメントを残す