fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

【コラム】H100形の道北方面の最初の投入先はどこか?

函館本線の山線(小樽~長万部間)で主に運行しているH100形・デクモ。











それにしても、カッコいいですよね。一方で、ヨンマルが好きという方もいると思います。各々でそこは分かれますが、管理者はもうデクモ派です。本当にカッコいいですよね。

走行性能も事前に発表されていた数値の割には、力強く加速します。このあたりは新たに搭載されているモーターの威力といったところでしょうか。




先日、旭川方面へH100形が12両甲種輸送されました。気になるのはその投入先ですよね。

函館本線の旭川寄りで試運転を実施していたり、過去には宗谷本線でも試運転列車を目にしたという情報もあります。乗務員訓練がスタートしているようで、来年3月のダイヤ改正から営業運転を開始するのではないでしょうか?

旭川方面(道北方面)は、北海道の中でも最も厳しい条件下で運行されることになります。夏季は30℃以上、冬季は-20℃の中を走行することもあるでしょう。車体への負荷が大きくかかり、そのような中で最新機器を搭載したデクモの活躍が期待されます。

旭川運転所(旭アサ)配置となれば、運用エリアはものすごく広いです。以下のとおりです。

・宗谷本線の旭川~稚内間

・石北本線の旭川~網走間

・函館本線の旭川~滝川間

・根室本線の滝川~富良野~東鹿越間

・富良野線の旭川~富良野間

・釧網本線の網走~緑間


上記の区間のうちのいずれかの区間で運行されることになりそうです。上記はあくまでキハ40形気動車の運用エリアですが、いずれはこれら区間のほぼ全てに運用に入るのではないでしょうか?

管理者は宗谷本線、石北本線、富良野線あたりは投入される可能性が高いとみています。

宗谷本線は近年催し物やポスター、専用サボ等で特別感を出しており、何かと変化が多い路線です。石北本線はキハ40形気動車が苦手としてきた北見峠や常紋峠があります。

富良野線は、函館本線山線と同様、夏季の観光シーズンとなればインバウンド需要の高い路線となります。また、美馬牛~美瑛間にある28.6‰の急こう配「すり鉢」があります。12両程度だと富良野線用のキハ150形気動車を全て置き換えることができるので、山線に投入された経緯から判断すると、富良野線が現時点で最有力とみています。

しかし、試運転などの情報が入っておらず、現時点ではまだわからない状況です。

ですが、H100形を投入した函館本線の山線では、列車に乗車する際のルールが変更されています。



これも投入先を判断する十分な資料になり得ると思います。

車内温度を保持するために乗降扉の開閉は利用客自身で行う方式に切り替わっています。H100形のほか、同じ設備を有するキハ201系についても、小樽~蘭越間で同様の方式に変更されています。

なので、前回の記事に記載したとおり、まだ運行し始めの影響からか、列車を乗る際に利用客は少々困惑している様子が見受けられました。

ですが、これがH100形を投入する利点でもあり、ワンマン運転を行う際は乗務員への負担も減らすことができるでしょう。但し、サービスを統一する必要があります。キハ201系もおそらくこれが理由で開閉ボタンの更新が実施されたと思われ、半自動ドア機能を有するキハ150形気動車とともに使用していくのであれば、同車の半自動ドアボタンの更新は今後必須になります。

もしボタンを更新しないというのであれば、H100形はキハ150形気動車などの既存の気動車との共演はない可能性もあります。そのために一気に10両以上を投入し、一つの路線や区間で使用されている車両を丸ごと置き換える必要があるのかもしれません。

いずれにしても、営業運転開始が来年3月のダイヤ改正になると思われ、今後の試運転の状況次第で、投入する線区が見えてくるでしょう。道北方面は利用者が限りなくゼロに近いローカル駅の大量整理も待ち受けているので、来年は道北方面は大きく変わりそうですね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9531: by シニアパートナー on 2020/06/29 at 16:03:28 (コメント編集)

今回の配置も勾配対策を主眼に置いている気がします。過去に登坂トラブルを抱えている路線に配置される可能性は高いと思います。

例えば石北本線は25‰の急勾配が長く続く区間がいくつかあり、youtubeでキハ40が空転を起こし青息吐息の動画あり。中には勾配途中で前駅まで後退を余儀なくされるものもあり、こういう事態を避けるためにもこの路線への投入は優先度が高いように感じます。あくまで小生の予想です。

9533: by 管理人 on 2020/06/29 at 23:55:54

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

実は、当記事を投稿した日に宗谷本線で試運転を実施していたようです。車番は忘れましたが、苗穂車による試運転列車でした。

宗谷本線も塩狩峠を有し、冬季は豪雪地帯で雪を押しながら列車を運行する必要もあります。勾配が比較的ないとはいえ、そうした際においても、出力が確保されている車両が必要になります。現在も宗谷本線の南側は2両のヨンマルで運行されている列車もありますから、それを考えると、宗谷本線への投入も納得のいくものです。

▼このエントリーにコメントを残す