FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログを記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

明日から通常運転に戻る道内の特急列車

道内の特急列車は新型コロナウィルスによる利用減少を理由に、減便や減車を実施してきましたが、明日7月1日からいよいよ通常運転に戻ります。

・「北斗」





基本編成が7両編成から5両編成に減車され、3往復が減便となっていた札幌~函館間の「北斗」は、7月1日から通常運転に戻ります。函館方面に向かう列車については、特急「北斗22号」が最終列車となっていましたが、特急「北斗24号」が復活となり、札幌駅基準で最終列車が1時間50分繰り下げられます。

編成も7両編成に戻り、本日から所属先と滞泊先が異なる運用については、一足先に7両編成が確認されています。





・「すずらん」





2往復が運休していた札幌~東室蘭・室蘭間の「すずらん」は、7月1日から通常運転に戻ります。





・「おおぞら」





札幌~釧路間の「おおぞら」は、全ての列車で6両編成から5両編成に減車していましたが、7月1日から通常の6両編成に戻ります。本日から所属先と滞泊先が異なる運用については、一足先に6両編成が確認されています。





・「とかち」



札幌~帯広間の「とかち」は3往復が運休となっていましたが、7月1日から5往復の運転に戻ります。編成は4両編成のまま変更ありません。





・「カムイ」・「ライラック」



5往復の列車で運休が発生していましたが、7月1日より、通常運転に戻ります。運休列車は、札幌駅または旭川駅を30分に発車する列車が多く該当しました。本数が戻されることで一部時間帯で30分間隔の運転が復活します。

また、車両繰りの関係で特急「カムイ19号」が789系0番台で運行されていましたが、7月1日から通常の789系1000番台に戻ります。





・「大雪」



全ての列車が運休となっている旭川~網走間の「大雪」は、7月1日から営業運転を再開します。同列車の運休により、特急「オホーツク1号」が丸瀬布駅(10:12発)に、特急「オホーツク4号」が白滝駅(19:56発)にそれぞれ臨時停車していましたが、運行再開により、臨時停車を終了します。





・「サロベツ」



旭川~稚内間を結ぶ「サロベツ」は、1往復の列車で運休が発生していましたが、7月1日から運転を再開し、札幌~稚内間は3往復の運転に戻ります。6月30日まで、稚内方面の特急列車は特急「サロベツ1号」が最終列車でしたが、7月1日からは通常どおり特急「サロベツ3号」となり、6時間30分ほど最終特急列車の時刻が繰り下げられます。





ということで、明日から道内の特急列車は通常運転に戻ります。

人の往来が増えたとはいえ、再び新型コロナウィルスの感染者が道内で増えつつあります。経済状況を踏まえ、今後感染者が増えても緊急事態宣言は出さないと思いますが、引き続き各々で感染対策を実施する必要がありそうです。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9538:承認待ちコメント by on 2020/07/02 at 14:29:05

このコメントは管理者の承認待ちです

▼このエントリーにコメントを残す