FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

キハ261系0番台SE-104編成が重要機器取替工事を終えて営業運転に復帰

キハ261系0番台SE-104編成(キハ261-104+キハ260-104)が重要機器取替工事を終えて営業運転に復帰しています。







7月14日に札幌駅で上りの特急「宗谷」を撮影しました。重要機器取替工事を終えたばかりのSE-104編成は、屋根上も下回りも綺麗な状態でした。前照灯もLEDに交換されています。

特急「オホーツク4号」を追いかけ、同列車到着の4分後に札幌駅に到着します。加えて、札幌駅でも隣同士で停車します。もはや名物シーンですよね。これがキハ183系引退となれば、撮影者は必然的に増えそうです。

今だからこそゆっくり撮影できますよね。

今回紹介しているSE-104編成は、7月11日の下りの特急「宗谷」から営業運転に入りました。一旦14日の上りの特急「宗谷」で営業運転を終えたものの、ここ最近になって運用に復帰しているようです。組み替えがなければ、本日の下りの特急「宗谷」から運用に入るのではないでしょうか?

SE-104編成は、0番台の最終増備車です。0番台14両のうち、ほかの12両が(株)北海道高速鉄道開発保有なのに対し、同編成だけJR北海道の保有車です。ほかの12両については、いわゆるリース契約によって列車を運行し、運行や車両の保守については、JR北海道によって管理されています。

当初は北海道高速鉄道開発保有車とJR北海道保有車で座席形状が異なるなどの変更点がありましたが、現在は同タイプのものに統一されており、違いという違いはおそらくないと思います。

そんな最終増備車も今年で19年。まだまだ新しく思えてしまいますが、先に引退している車両や先輩にあたるキハ183系をみていると、耐用年数は30年が節目であり、人生の折り返し地点は過ぎています。キハ281系やキハ283系が引退していく中で、同車については今のところ引退の予定はないので、引き続き札幌~稚内間の「宗谷」・「サロベツ」で使用されることになります。

長距離で使用される割には、14両という小規模帯であり、車両の検査時や何らかのアクシデント(前日に鹿との接触等)が発生した場合など、所定の編成が用意できないほど予備車両がありません。北海道の特急列車でも一年を通じて特に代走が多い列車です。

しかし、重要機器取替工事施行を境に、代走は減ってきています。そして、先日北海道入りした多目的車両キハ261系5000番台が「宗谷」などで使用されることで、代走時でもようやく性能面では統一されることになり、さらなるサービス向上が図られます。

今回のSE-104編成施行により、未更新の車両はあと2両1ユニットのみだったはずで、オリジナルの0番台もまもなく見納めとなりそうです。稚内方のユニットが最後に残っていたはずで、記録するなら今しかなさそうです。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9576: by ナナッシー on 2020/07/24 at 08:42:58

おはようございます
キハ261系0代はちょうど北海道新幹線が開業するときに30年ちょっとになりますので、後継は現在北斗号で使っているキハ261系1000代が担当することになるでしょうか。

今週からキハ261系5000代の試運転が始まりましたので、近いうち宗谷本線にも入線するでしょうね。

9579: by 管理人 on 2020/07/24 at 22:35:54

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

北海道では、車両の耐用年数の節目が30年です。旭川方面だと、789系も0番台の初期車は同世代にあたります。

新幹線が札幌まで延伸すると、「北斗」で使用しているキハ261系で余剰車が生まれると思われ、その車両を使用して「宗谷」や「サロベツ」に充当するのではないでしょうか?

今後、宗谷本線での試運転も始まると予想し、一時的に旭川運転所に滞泊する可能性もありそうですね。

▼このエントリーにコメントを残す