fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

8月5日の試運転列車3連発!!!

8月5日は、札幌圏で試運転を実施していた列車が3本もありました。



まずは早朝。前回の記事で掲載した写真ですが、「TRAIN SUITE 四季島」の試運転列車です。今年3月のダイヤ改正で快速「エアポート」が大増発しましたが、ほぼそのままのスジで通過していきました。



次に、15時前にはロイヤルエクスプレス。今回は日曜から水曜にかけて試運転が実施されたようです。



最後に、臨時「北斗91号」と思われるスジで、キハ261系5000番台はまなす編成が函館から札幌へ試運転を実施しました。数日前に函館に行っていたようです。しばらく函館運輸所(函ハコ)で過ごした後、札幌に戻ってきました。

試運転列車が1日に一気に3本も見られ、しかもそのうちの2本が本州で使用する列車という、珍しい1日でした。

今回は写真メインの投稿になりますが、当日はたまたま休みで、試運転列車というネタ列車ばかりを撮影していた1日でした。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9621: by 若潮 on 2020/08/08 at 04:28:36 (コメント編集)

四季島E001形について、今さらですが鉄道マニアのブログで意外に多く見る主張。
「合理的であり、なぜ今までこのような方式の車輌がなかったのか不思議。日本の鉄道業界の先見性のなさを感じる」

...E001形は早い話、キハ80/181/183系の「電源集中方式」を駆動関係にも広げたような感じですよね?これは長編成固定だからできたやり方。彼らは、短編成フリークェントサービスを止めて、一日一往復の長編成列車に置き換えろというのか、と思いました。
そもそも、長編成を常時走らせて割に合うならその路線はとっくに電化されてるはずですし。
電車編成を臨時で非電化区間を走らせるなら、ロイヤルエクスプレスのような方式が無断が少ないかと思います。

長文失礼しました。

9623: by 管理人 on 2020/08/10 at 07:49:31

>>「若潮」さん、コメントありがとうございます。

要はそうしたコメントというのは、電車でも使用でき、気動車としても使用できることで、車両数を抑制し、コスト低減を図っていく・・・という意味ですよね?

世界的にみてもそうした技術は進んでいないはずで、そもそも非電化区間を気動車として、電化区間を電車として走行できるようにするためには、鉄道車両においてその機器やシステムを搭載する容量に限界があると思います。

もっと車両を大きく製作してもいいのであれば、1両あたりの単行列車でもその構想が可能になると思いますよ。九州でそうした車両ありませんでしたっけ?

水素にしても電気で走るにしても、現在の技術では走行距離が短いのが難点です。これを克服すれば、いただいたコメントの冒頭のファンの主張は一蹴りですね。

これからの時代は電車・気動車問わず、1両から数両単位で増結・解結が可能な車両が望ましいです。N700Sなんかも管理者としてはなぜそのような車両が今まで出てこなかったんだろう?と疑問に思っているところですよ。

▼このエントリーにコメントを残す