FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

道北の夜行特急の名残り

全国的にも夜行列車が次々と消えており、現在は新幹線や航空機、夜行バスの台頭が増え、目的地まで高速で結ぶ時代です。

ですが、夜行列車廃止に伴う代替として設定された列車は、全国的にもまだまだ残っていると思います。北海道でも14年前に廃止された道北の夜行特急の名残りとも呼べる特急列車がまだまだ残っています。









網走・稚内方面の夜行特急は、2006年3月のダイヤ改正を機に臨時列車化され、繁忙シーズンのみの運転となりました。これを機に、早朝の旭川方面からの特急列車として、新たにL特急「ライラック2号」を設定し、深夜の旭川方面に向かう特急列車として、L特急「スーパーホワイトアロー31号」、L特急「スーパーホワイトアロー33号」が設定されました。旭川方面の電車特急は札幌発21時が最終でしたが、2時間程度繰り下げられた形となります。

代替特急が設定された理由としては、札幌~旭川間などの区間利用も多かったことです。これは鉄道ジャーナル紙か何かで過去に取り上げられていましたね。自由席も設定され、その利用者の大半が旭川までの利用だったようです。

さすがに旭川から先の区間については代替対応できませんが、札幌~旭川間については、既存の電車特急を活用したうえで、深夜の時間帯まで運行されるようになりました。この関係で旭川からの最終の特急列車も「ライラック」から「スーパーホワイトアロー」に振り替えられていましたね。

しかし、この運行体系は1年半で終了し、2007年10月ダイヤ改正から全て「スーパーカムイ」となって引き継がれました。そして、2017年3月ダイヤ改正で「カムイ」・「ライラック」の2本体系になり、早朝の旭川方面からの特急列車は「ライラック」、深夜に旭川方面へ向かう列車は「カムイ」として運行され、昨今まで一部を除いて大幅な時刻変更は実施されずに運行しています。

決して利用が多い列車というわけではありませんが、JR北海道お得意の各停車駅における滞在時間確保も兼ねて昨今まで設定されています。話題は逸れてしまいますが、この運行時刻の繰り下げ及び、滞在時間を確保するダイヤを優先すると、石勝線特急のように、逆に日中の時間帯にポッカリ運行時間帯が空いてしまう等の欠点を生む場合もありますが、札幌~旭川間については、本数が確保されているうえに、早朝から深夜まで静かな電車特急で運行されるようになりました。且つ速達性も向上したことから、代替措置は良い点ばかりでした。

大抵の場合、代替措置となると、サービスの質が落ちたりするものですが、反って向上したと判断できるのではないでしょうか?

これらの列車で利用が多いのは平日で、週末は閑散としています。場合によっては、始発駅を10人前後で発車することもあります。このように、利用が少ないときもありますが、ビジネスマンを中心に重宝する列車として今後も引き続き設定され、道北の夜行特急が担ってきた役割を引き継いでいくことになるでしょう。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9695:夜行特急 by ほのほの on 2020/09/13 at 14:19:05

「まりも」「利尻」「オホーツク9・10号(旧大雪)」10年位前は夜行特急走ってましたねえ。最後に急行はまなすに乗ったことがあります。終着の青森まで眠れませんでしたが・・・。最近西日本では銀河を名乗った夜行列車がデビューしたとのこと。北海道でも復活してほしいけど、無理でしょうね。道北の急行って普通電車の気動車に寝台車を付けるというなかなか面白い編成をしていましたね。新しい銀河の元の車両は大阪や京都、和歌山で使っている新快速の電車だというのだから、北海道版夜行列車、工夫すればできる気もします。銀河復活のニュースを見てコメントさせてもらいました。

9701: by 管理人 on 2020/09/15 at 22:26:27

>>「ほのほの」さん、コメントありがとうございます。

道北の夜行特急はグリーン車や寝台車を連結したりと、今考えると凄い編成だったと思います。

特に宗谷本線の急行時代の「利尻」は、晩年はお座敷車に一部車両が改造された関係で、キハ182形を組み込んでいました。さらに寝台車連結や、場合によってはキハ56形気動車連結など、編成美を一切考慮しない凄い編成で運行されていたと思います。それはそれで今となってはネタ列車として毎日見物する価値はありそうですけどね。

夜行列車を造ろうと思えばできないこともないです。しかし、北海道の場合はお金がありません。銀河の場合は改造費用にいくらかけているのでしょう?電化区間が多いからできることですが、北海道は非電化区間が大半なので、設けるにしても気動車での登場は必須ですよね。

ロイヤルエクスプレスのように、北海道を1周できるルートはあるので、クルーズトレインという形で夜行列車でも昼行列車でも良いので、面白い列車があると面白いと思いますよ。いずれ登場してくれることを願いましょう。

▼このエントリーにコメントを残す