fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

コロナにも負けず、特急「ニセコ号」まもなく始動!!

いよいよ9月5日(土)から、札幌~函館間を函館本線山線経由(小樽・倶知安・ニセコ経由)で結ぶ特急「ニセコ号」の運転が始まります。

新型コロナウィルスの影響で、一時は運転を見合わせていましたが、今年も無事に運行されるようです。

詳細は以下のとおりです。



【運転日】

2020年9月5日(土)~7日(月)・10日(木)~14日(月) 計8日間

【車両】


<函館⇔札幌:キハ183系>

3号車:自由席2号車:指定席1号車:指定席


【運行時刻】


上り下り
札幌7:57函館13:58
手稲8:10五稜郭14:03
小樽築港新函館北斗14:22
小樽8:44大沼公園
余市9:15鹿部ll
倶知安10:0414:57
ニセコ10:18八雲
昆布10:29長万部15:58
黒松内11:07黒松内16:18
長万部11:37昆布16:55
八雲ニセコ17:13
12:21倶知安17:33
鹿部ll余市18:20
大沼公園小樽18:48
新函館北斗13:24小樽築港
五稜郭13:36手稲19:15
函館(着)13:40札幌(着)19:27





上記のとおりとなります。

昨年は運転日が12日間でしたが、今年は8日間に減っています。新型コロナウィルスの影響もあるかもしれませんが、年々運転日が減っている印象です。昨年は8月下旬から既に運行しており、それを考えると、今年は運転開始日が1週間繰り下げられています。運転されるだけ良しとしましょうか。

運転に合わせて、余市駅においてアップルパイの購入、車内販売で飲むヨーグルトやかぼちゃクッキー、函館行き限定で長万部駅停車中にホームで「かなやのかにめし」を購入することができるようです。

販売方法は、事前に利用者自身で電話で予約をし、その際に特急「ニセコ号」に乗車する旨を伝えてください。代金及び受け渡しは、長万部駅停車中の10分間で行います。注文者とかなやの販売員でのやりとりとなります。停車時間及び、混雑を考慮し、お釣りが発生しないように事前にお金を用意しましょう。

注文者は長万部駅到着前に1号車(函館行きの場合は最後尾の車両)の出入り口に移動してください。



今年も作成してみました。

公式ページでは、キハ183系しか載せられていませんでしたが、今年はH100形が道内で初めて函館本線山線に投入されました。特急「ニセコ号」も貴重ですが、もっとH100形の普通列車も注目されるべきだと思います。

その思いを込めてH100形も載せてみました。管理者自身は、見るたびにどんどんカッコよく感じ、いつの間にか好きな車両になりましたよ。

また、今年はキハ261系5000番台が落成し、秋頃から営業列車に順次投入します。来春にはもう1編成が営業運転を開始する予定であり、道内のあらゆる臨時の特急列車もキハ261系5000番台で運行されるようになります。それを考慮すると、今年はキハ183系で運行される最後の特急「ニセコ号」になる可能性も否定できません。

いずれにしても、置き換えられる事態を想定した場合、今年は山線や道南方面に足を運ぶ価値がありそうですね。

ロイヤルエクスプレスと時期が重なりますが、同列車は来年も運行されます。さぁ、どちらをとりますか??悩みますね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9683:30年前とあまり変わらないダイヤ by 苗穂住民 on 2020/09/05 at 20:14:14

 こんばんは、臨時特急「ニセコ」は今朝、かつての特急「サロベツ」を彷彿とさせる編成(向きは逆ですが)で苗穂運転所を出区していきました。

 1988年3月改正時の臨時急行「ニセコ」(キハ56・キハ27、3両)と比べてみました。

 札幌7:50→11:29(3:39)長万部11:30→13:14(1:44)函館 臨時急行「ニセコ」(砂原経由)
 札幌7:57→11:27(3:30)長万部11:37→13:40(2:03)函館 臨時特急「ニセコ」

 函館15:08→16:51(1:43)長万部16:59→20:32(3:33)札幌 臨時急行「ニセコ」(藤代線経由)
 函館13:58→15:47(1:49)長万部15:58→19:27(3:29)札幌 臨時特急「ニセコ」

 どちらも臨時列車なので、速くは走れないダイヤになっていると思いますが、現行のダイヤは急行時代のダイヤとあまり変わっていません。臨時特急「ニセコ」は観光列車の性格が強いので速く走る必要は無いと思いますが、30年前と同じ走りだとちょっと残念な気もします。

9687: by 管理人 on 2020/09/08 at 07:21:05

>>「苗穂住民」さん、コメントありがとうございます。

途中の停車駅で停車時間を多くとる場合がありますが、それでも所要時間が30年前とほとんど変わらないというのは、山線においての高速化が難しいことを示していると思います。

それでも、今年は席が全て埋まるような人気の列車になっているようです。函館から札幌へ帰ってくる際はわかりませんが、以前と比べて利用は高くなり、臨時列車として設定する価値がある列車に成長しています。来年度以降はキハ261系になるのかもしれませんが、それはそれで楽しみですね。

▼このエントリーにコメントを残す