FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

旭川地区に転属したキハ150形0番台もと苗穂車

苗穂運転所(札ナホ)に在籍していたキハ150形0番台が旭川地区で活躍するようになりました。





キハ54形500番台とともに旭川駅で。稀に旭川エリアに貸し出されることがありましたが、これが現在では日常の風景になっています。





確認している限りでは、メインは富良野線で使用しています。



6月上旬に代走の「ライラック」と撮影しました。数年前だと、非日常の光景ですよね。



美瑛駅と「キハ150-13」。同車は今年の3月20日に旭川運転所(旭アサ)に転属しているようです。少なくとも同車を含む5両が、今年の3月に旭川運転所(旭アサ)に転属しているようです。





全ての列車で実施しているわけではありませんが、富良野線で使用する際は2両編成の列車が多く、従来のパープル帯1両+転属してきた緑帯1両の2両編成で運行されることが多いです。

そのほか、永山駅や比布駅までのシャトル列車のほか、特別快速「きたみ」の運用に入ることもあるようです。確認してみたいところですが、今のところ高頻度で設定しているわけではなようです。

そのほか、留萌本線でも確認されているようで、従来から旭川運転所(旭アサ)に所属しているキハ150形気動車と共通で使用されている印象です。

ネタ列車というわけではありませんが、新たに見られるようになった日常の様子は十分ネタになります。こうした小さな変化でも、見られたときは嬉しいものです。旭川に行く楽しみがまた1つできました。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す