FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

2020年も「TRAIN SUITE 四季島」の道内乗り入れが終了

春から秋にかけて週に1回冬期を除いて北海道に乗り入れるJR東日本の周遊型寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」(トランスイートしきしま)の2020年における北海道乗り入れが今週で終わりました。





本当はもっと撮影したかったですが、今年は2回だけ。今年はロイヤルエクスプレスの方が注目度が高かった影響からか、四季島はあまり注目されず、写真もあまり出回らなかったと思います。

最後の最後で撮影しようと思っていましたが、北海道では昨今新型コロナウィルスの感染者が増え続けており、本日は初の300人超え。外出自粛要請が出ていたので諦めました。

今年は新型コロナウィルスの影響で、7月まで北海道乗り入れが中止となり、8月からようやく運行を再開しました。今年は4カ月間しか乗り入れず、それも写真があまり出回らなかった理由の1つだと思います。

既に来年度の申し込み受付も開始しており、3泊4日コースについては、冬季を除いて再び北海道に乗り入れる予定です。まだまだチャンスはあるので、来年はたくさん撮影しようと思います。

「TRAIN SUITE 四季島」は、管理者にとっては珍しく、JR東日本の車両で好きな車両です。迫力満点のエクステリアに押し出し感の強いフロントデザイン。ロイヤルエクスプレスにはない魅力がたくさんあります。

ほかにも、現役車両であればE353系です。651系も好きです。これらの車両は迫力満点のエクステリアに押し出し感の強いフロントデザインを採用しており、管理者の好きな車両はどれも共通性があります。

そして、新たに登場したE257系2000番台。「踊り子」として運行を開始し、今後は新たに運行を開始する特急「湘南」にも投入されるようです。これまでの鉄道車両には採用例がほとんどなかったアイラインなど、自動車で採用されるような要素が取り入れられていて、管理者としてはかなり好きな車両になりました。

789系も前照灯をLEDにする際に、上部にアイラインをつけるとさらに厳ついフロントマスクになりそうで、採用されれば話題を呼びそうです。カッコよくなりそうですよね。

ということで、北海道の鉄道ブログですが、東日本の車両の話題になってしまいました。北海道ではH100形、キハ261系といった車両しか昨今製造されていません。昨今の東日本のような押し出し感のある挑戦的な顔つきの車両を管理者は心待ちにしています。


今のところ、来年は4月から四季島の北海道乗り入れが始まりますが、一方で夏季は再び「ロイヤルエクスプレス」の運転も控えています。注目度は後者と思われ、来年も出回る写真が少なくなりそうですね。

来年はぜひとも道南方面で撮影してみたいです。


乗るのは、高すぎて無理だとおもいます、、、。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓

にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9828:四季島は無理だけど。 by 天寧 on 2020/11/21 at 12:38:06 (コメント編集)

こんにちは。
来月10日の東京→伊豆急下田間〈サフィール踊り子〉プレミアムグリーン車先頭席GETしました。
四季島は無理だけど、少しリッチな時間を過ごしたいと思います。
帰りはE257系2000番台〈踊り子〉、乗り比べも楽しみです。
来年なくなる185系のお別れ乗車も・・。
これから忙しくなりそうです。
185系は窓が開くので乗り鉄と撮り鉄の間で早くもトラブルが・・。
私は乗るとしても来年の2月頃なので窓は開けません。
私も最近になって(E657系やE353系の頃から)JR東日本の車両が好きになってきました。

9829: by 氷海軌道 on 2020/11/21 at 20:03:53

 四季島北海道乗り入れも終わりましたか。今年はコロナで乗り入れが減ったり、ロイヤルエクスプレスに注目がいったりで、なんだか目立たない存在で終わってしましましたね…

 JR東日本所有なので色々と事情があるのでしょうが、今度は四季島を使って北海道周遊して欲しいですね。函館本線山線や根室本線(滝川〜釧路)、石勝線、石北本線も10両以上の交換設備を備えていますから、保安装置等さえクリア出来るなら不可能ではないと思います。有効長の足りない路線を周遊ルートに組む時はキハ261系5000番台やキハ40山紫水明号を用意することで、ロイヤルエクスプレスの時の様に北海道一周旅行プランも出来る筈です。

 H100型は写真等を見る限り、内装もJR東日本とほぼ同一仕様になっている様でして、東日本の悪い癖である激硬ヘッドレストも完全コピーされています。まぁ、メンテや導入費のことを考えると分からないでもないですが、責めてちゃんとしたモケット張りにして欲しかったです…

9831: by 管理人 on 2020/11/23 at 21:17:40

>>「天寧」さん、コメントありがとうございます。

サフィール踊り子は実物は見たことありません。251系よりも小柄な感じに見えます。サフィールという名前は気に入ってますよ。

窓の開く旅客列車はどうなるのでしょう?感染対策として、JR側から一定の間隔で窓を開けて換気するようなアナウンスも今後あり得るかもしれません。

好きで乗っているのに、写真が上手く決まらなかったからといってSNSで晒すのはどうかと思います。常日頃から撮っていなかった自分が悪いだけです。

サフィールも外装の配色は好きです。もしかしたら、今後好きになりそうな車両になってしまうかも、、、。しばらく東日本の車両には期待できそうですね。

9832: by 管理人 on 2020/11/23 at 21:27:22

>>「氷海軌道」さん、コメントありがとうございます。

運行開始も8月と遅かったので、それも目立たなかった理由の1つです。運行時期が重ならない春から運転を開始していれば、もっと目立ったかもしれません。

四季島での周遊は保安装置と軸重も関係してくるかもしれません。それで幹線だけ運行して、保安装置が対応していない路線については、山紫水明や北海道の恵みシリーズを何両もつなげて対応する。それで周遊型のプランはできるはずですよ。

四季島だけではなく、ななつ星や瑞風、ウェストエクスプレス銀河なんかも入線したら面白いことになりそうです。

▼このエントリーにコメントを残す