fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

札沼線・旧豊ケ岡駅

今回は札沼線の旧豊ヶ岡駅を紹介します。

石狩当別方には、以前紹介した石狩月形駅がありました。同駅は交換可能駅で札沼線の末端区間では主要な駅に位置づけられますが、一方で隣の豊ヶ岡駅は野山というか、林の中にポツリとある閑散とした駅です。通過列車こそありませんが、比較的本数が確保されている浦臼駅までの間で「秘境駅」さが漂っている駅です。





石狩月形駅と同様、撮影スポットとして人気があった旧豊ヶ岡駅。廃止前は多くの人間で賑わっていたようです。写真も何枚も出回っていますよね。



こうした明るい中での撮影のみならず、日が落ちると、駅周辺だけが明るくなり、その光景がまさに絶景のようです。そして季節によってそれも楽しむことができ、例えば、冬季になれば白い白銀の世界の中を、紅葉シーズンになれば、色づいた木々の中で列車を撮影することができたようです。

しかし、その年によっては周辺で度々ヒグマも確認されていた駅で、訪問時は注意すべき駅でした。





旧仮乗降場のような駅ですが、当初から旅客駅として設置されています。







林の中にある駅であり、並行する国道から離れているため、周囲は何もありませんでした。車が入れるような道はありましたよ。

札幌方面の方からすれば訪問は苦かもしれませんが、隣が石狩月形駅でほとんどの列車が交換するため、浦臼方からやってきて降りて、再び浦臼方へ引き返すというのが、効率よく訪問できた方法だと思います。浦臼駅へ行けば、駅前から町営バスで奈井江駅へ、北海道中央バスで滝川駅へそれぞれ移動することが可能なので、本数が少ない札沼線末端エリアから脱出することもある程度可能でした。

周辺で民家はほとんど確認されず、廃止直前も鉄道ファンなどの非日常の利用者を除けばほとんどゼロに近かったと思います。廃止にならなかったのがむしろ不思議なくらいです。

次回の札沼線末端区間の駅は旧札比内駅をお伝えします。再び国道が並走し、周辺には集落があるので、旧豊ヶ岡駅よりも周辺は明るいです。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9882: by ハナ on 2020/12/13 at 17:09:55 (コメント編集)

豊ヶ丘はキハ53の末期の頃は定期利用者も少ないながらも居ました。学生だけでなく通勤で札幌まで通っていた人も当時はいました。
確か去年の今頃に橋の下の線路敷地内で撮っていた輩が通報され警察騒動になり夕方の浦臼行きが遅延。ネット上でも騒がれました。

9886: by 管理人 on 2020/12/14 at 22:28:09

>>「ハナ」さん、コメントありがとうございます。

おそらく、定期利用者は末期はゼロに近かったと思いますが、名撮影スポットでもあるため、少なからず利用者はいたと思います。

管理者のときもトラブルありましたよ。駅をくまなく散策したい人間VS誰もいない風景を撮りたい人間で。

邪魔だとかオレが先にいたとか、レベルの低い争いになっていましたよ。

▼このエントリーにコメントを残す