fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

今年度の「流氷物語号」は、「道北 流氷の恵み号」+「道東 森の恵み号」の異色コンビで運転!!

来年の1月下旬から2月下旬にかけて、例年どおり運行される「流氷物語号」。

今年度運行分は少し変化があるようです。





題名のとおりですが、キハ54形による専用車両を有するにも関わらず、今年度は「道北 流氷の恵み号」+「道東 森の恵み号」の2両編成で運行されるようです。これは初の試みですね。

この2両がコンビを組んで運行した例は、、、どうなんでしょう??過去にあるのでしょうか??



2両でコンビを組んだ例は知りませんが、昨年2月に運行された「元気です 夕張号」に「道央 花の恵み号」を連結した3両編成で運行されました。

北海道の恵みシリーズは、1両ずつ所属先が異なるので、原則として定期営業列車でコンビを組むことがありません。なので、今年度の「流氷物語号」はある意味で貴重な光景になるかもしれません。

そして、なぜ車両変更するのか?





こちらが通常使用される2両編成です。メインは「流氷物語号」で使用される車両ですが、シーズン外は釧網本線や花咲線の普通列車でも使用します。

10月19日に網走から釧路へ向かっていた釧網本線の快速「しれとこ摩周号」が踏切でタンクローリーと衝突。青い方の車両「キハ54-508」の右前面が大破しました。今のところ、事故廃車となったような様子はないものの、修繕するにしても、長期運用離脱は避けられません。

ということで、相棒を失った白い方「キハ54-507」も今年度は営業運転から離れ、代替として北海道の恵みシリーズの2両を使用するようです。

期間中は、車両の検査等で一般のキハ54形500番台を使用するケースもありましたが、今回はその代走措置も実施されず、「流氷物語号」として期間中は専属で運用に入ると予想しています。

原則として「道東 森の恵み号」は釧網本線で使用する車両ではないので、同線への入線は貴重なものになるでしょう。

実は来年は、「流氷物語号」を見て、釧路入りする計画を立てています。あとは天気次第です。冬の道東は荒れると酷いですが、転機に恵まれれば、極寒地ならではの絶景が広がります。管理者も楽しみです。





使用する2両。前者は旭川駅、後者は帯広駅で撮影しています。このように使用するエリアが全く違います。にも関わらず、「流氷物語号」で一緒に使用する。面白いですね。

そして、グリーンの車体が白銀の世界を、そして流氷のオホーツク海をサイドに釧網本線を駆ける。見たことのない景色です。楽しみですね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9922: by 氷海軌道 on 2020/12/21 at 09:35:23

 今年はキハ54-508が踏切事故で離脱中ですから、もしかしてキハ40流氷の恵み+キハ54-507で代走か?と思っていたら、森の恵みが出動ですか。それは少し意外でしたね。

 ただ、少し不安なのが全車自由席ということと、向かい合わせのボックスシートだということですね。今年度はコロナ対策が必要でしょうから、本当は指定席にして間隔を開けるのが望ましいところです。そして向かい合わせとなると、感染リスクが高くなります。3両で運転して混雑緩和を図るのもありですが、それもしないようです。この辺りの対策はどうなるのでしょうか?「流氷物語号でクラスター発生」なんてなったら洒落になりません。

 流氷物語号の撮影は意外と難しいです。流氷が接岸し過ぎていると、ただの雪原にしか見えません。かといって離れ過ぎていると普通の海です。「これぞ流氷物語!」というタイミングで撮るとなると、完全に天気次第です。海上保安庁の「海氷情報センター」では、接岸情報や密度などの流氷情報を閲覧できます。そちらを利用して計画・行動されれば、いい感じに撮影出来るかもしれません。

9923: by 管理人 on 2020/12/22 at 00:44:59

>>「氷海軌道」さん、コメントありがとうございます。

一応感染対策は実施しますが、あくまで自由席。普通列車と同じ扱いですから、乗車に際しては、十分注意する必要がありそうです。

「流氷物語号」は、今年度初めて行ってみようと思います。おそらく現地でも色々とアドバイスをもらいそうです。SL冬の湿原号のときもベテランの方には色々と教えていただきました。

まずは、氷海軌道様のアドバイスを元にチャレンジしてみます。いかんせん初めてなので、少し数をこなさないといけません。ありがとうございます。

9962: by りんどう on 2020/12/30 at 06:55:30

テーブルが設置できる恵みシリーズを使用すると言うことはSL冬の湿原号で案内があるようにアクリル板シールドによる感染予防が施すための統一編成に変更と言う事熱心な鉄道ファンなら推測できるのではないでしょうか?

9971: by 管理人 on 2020/12/31 at 17:57:24

>>「りんどう」さん、コメントありがとうございます。

鉄道ファンだからといって全てが全て把握しているわけではありません。コメントをいただいてわかることもあるのです。その点はご容赦ください。

▼このエントリーにコメントを残す