fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

過去2番目の積雪量の岩見沢

今回は予約投稿記事です。

大雪で大変な岩見沢方面。昨日は岩見沢~滝川間が終日運休となり、室蘭本線も追分~岩見沢間で終日運休。札幌~旭川間の特急列車は全て運休となり、網走方面など、旭川以遠も直通する特急列車については、札幌~旭川間を部分運休して対応しました。





それにしても、JR北海道から発表されたこれら資料を確認するとゾッとしますよね。対応に細心の注意を払っているJR北海道ですら、予測不能なレベルの事態だったのです。

一昨日の深夜、札幌方面から滝川へ向かう最終の普通列車が岩見沢~峰延間で吹き溜まりによって自然停止し、その後運転の継続が困難になりました。岩見沢駅まで退行を試みるも、吹き溜まりや積雪のため退行することもできず、乗客は列車の中で一夜を明かしました。その間に排雪モーターカーで除雪作業を実施しました。

後続に特急「カムイ47号」が控えていますが、岩見沢駅で抑止となりました。しかし、代行バスの手配ができなかったため、札幌駅まで引き返すことになり、翌日午前6時過ぎに札幌駅に到着し、乗客19名に対し、タクシー代行を実施しました。

今シーズンの岩見沢方面は異常で、一時積雪ペースが収まっていたものの、この数日で一気に増えました。岩見沢市では積雪が2メートルを超え、観測史上2番目の多さを記録しています。

定期的なペースで積雪が増えるならまだしも、1日や2日で一気にドカッと降るから、大きな影響が出てしまうのです。近年北海道ではそのような傾向があり、積雪量で上位を記録する割には、12月に入っても積雪がゼロの日が続くなど、極端な差が生じています。

過去に岩見沢市では、雪害の影響を受けています。それは今から9年前の冬。当時観測史上194センチの積雪を記録し、災害派遣要請のため、陸上自衛隊が出動する事態となりました。ちょうどその頃、JRも岩見沢方面の輸送について大きく影響を受け、「スーパーカムイ」などが途中で立ち往生するなど、大きな影響が出ました。

その前年に石勝線脱線火災事故が発生していたため、JRへの対応不足で非難が相次いでいましたね。

それもそのはず、2012年の大雪の際にJRも運行体系を大きく見直すことになりました。

従来、遅延が発生しようと、途中で運転を打ち切ろうと、とにかく利用客の利便を欠かすことがないよう、どんな悪天候であろうと運行するスタイルでした。現在のように前日から運休情報が発信されることはほとんどありませんでした。台風などの場合は当日の直前や朝になって運休を決めていましたね。

その体系が仇となり、短時間で大雪に見舞われた9年前。「スーパーカムイ」が途中の区間で動けなくなり、乗客は数時間にわたって車内に閉じ込められました。この反省をもとに、それ以降はJRは運行に関する体系を見直し、事前に悪天候が予想される場合は、早い段階で列車の運休を決める体系に改め、その体系が昨今も続いています。

現在では早い段階で列車や路線の運休を決めており、今回の場合を除いて、そうしたアクシデントはなくなりました。利便性を欠かさないように実施していた運行体系が、実は急な悪天候によって乗客が危険にさらされることに気づいたのです。

こうした冬の突発的な事態ともJR北海道は常に隣り合わせです。乗客の身に危険があったはならないのです。本当に難しい判断の中で毎日列車を運行しています。


本日の午前から順次札幌~旭川間の特急やその他の路線もようやく運転再開となります。公共交通の良いところは、利用者は事故が発生した際の加害者側にはならないことです。

冬季における自動車の運転は常に危険と隣り合わせ。そうした点については、引き続き「冬こそJR」ですね。

2月もまもなく終わり、3月に突入します。3月になれば年度末ということもあり一気に時間が経過し、北海道もあっという間に春が近くなります。雪に苦しめられる期間もあと少しなので、今シーズンも乗り越えてほしいと思います。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10231: by ハナ on 2021/02/26 at 21:33:34 (コメント編集)

滝川行き最終の立ち往生近辺に住んでますが前日20時過ぎは穏やかだったので私も甘く見てました。
当日は高速も止まっていて一気に積もったので除雪が間に合わなく渋滞も重なり12号も275号も酷かったです。
ここまで降ると誰が悪いという事にはならないと思います。江別からは動いてましたがダイヤが乱れ肝心の運転士がいなく岩見沢から運転士をタクシーで移動させた情報も上がってます(真偽は不明ですが)

10232: by 90年代を知りすぎた男 on 2021/02/26 at 22:43:29

岩見沢の雪は1月上旬に乗り鉄しましたがオホーツクが旭川出発になるくらい酷かったです。

Facebookに785系についてミニ記事がありましたが強制的に平成初期に管理人さんを連れ戻します。やはり80〜90年代の車両は質が高いです。
785系も全然元気ですね。
日本の鉄道は1990〜1995年位が色々な物が存在していて面白かったと思います。
まだ元気だった日本のバブルの余韻も残っていたし。

因みに私はFacebookは少し不安があるので、あまり使わないのでこのブログから情報を得たり書き込むことが多いです。


ピカピカの785系と国鉄色の781系
https://m.youtube.com/watch?v=fldtoK1yRbQ&t=90s

スーパーホワイトアローとスラント北斗
https://m.youtube.com/watch?v=B8gSf1Mb320

300系と400系新幹線は両方90年に試作編成が落成しているのでバブルの遺産ですね。
1992年には、あの東北新幹線の名物チャイムが使われていたようです(笑)。
https://youtu.be/1FfOy_M1RJs

赤い電気機関車とスーパー北斗が共演してるすごい動画 
最後の方です。
https://youtu.be/SQAiqdEKo7U


本当にこの頃は現実が鉄道模型の世界ですね。
歴史ある国鉄型から近未来のJRの新車まで。
この頃はJRも民営化の意気込みが感じられました。

10233: by 90年代を知りすぎた男 on 2021/02/26 at 23:12:53

80年代のマンガは世界への日本のアニメ宣伝の火付け役になったんですかね❓
北海道の鉄道情報局の「MUSIC♪」が全然更新されていません。
発車メロディーからJR北海道社歌、管理人さんが生まれた?90年代のアニソン特集とかも興味あります。
でも90年代は変に残酷なアニメが多いですよね。
だから95年以降はサカキバラみたいな精神異常者が影響を受けたのかなとも思います。

私は80年代後半のアニメと90年代の一部のアニメが好きですね。
とにかく北海道の鉄道情報局のミュージック記事も待っています。

また昔に連れ戻します。
80年代??(笑)
https://youtu.be/jna5B_YYcSw

キテレツ
https://youtu.be/7C_CWSajXi8

ぬーべー
https://youtu.be/tmjJGLqr8aA

クレヨンしんちゃん
https://youtu.be/4rQQtwFA7hA

地味だけど何故か残るやつです。しかも平成の作品です。
https://m.youtube.com/watch?v=FMHdMJ3XVo0

10239:除雪機関車の再導入 by mitaka on 2021/02/27 at 10:06:34 (コメント編集)

お久しぶりです。今年の降雪状況には驚きます。国鉄時代の札沼線 (学園都市線)は除雪のため、昼夜問わずDD14ロータリー機関車やDD15ラッセル車による排雪列車を運行していました。国鉄時代は「線路封鎖」の必要のない排雪列車を営業時間中に運転することが出来ました。しかし、JR北海道になった今、除雪は排雪モーターカーだけになってしまい、線路封鎖をするため除雪のためには長時間の運休が必要になっています。

ここ数年、石狩湾少低気圧の発生が目立ち、学園都市線のあいの里公園から石狩当別、函館本線岩見沢周辺に短時間に集中した降雪が起きています。2月26日の降雪をあいの里公園駅で体験しましたが、雪の降り方が密で数時間でかなりの降雪量でした。あいの里公園駅そばの「道道112号線・伏古拓北通り」を横断する時、歩行者用信号が激しい降雪で見えなくなる程でした。このような降雪状況に対応するためには、排雪モーターカーでは力不足で、国鉄時代の除雪機関車DE15を岩見沢周辺や学園都市線に配転させ、除雪作業を強化すべきです。札幌都市圏では線路封鎖をすると長時間の運休になるので、DE15除雪機関車を道北から引き抜いて札幌周辺部に回すのも妥当な措置と考えられます。

10242: by 管理人 on 2021/02/28 at 00:32:06

>>「ハナ」さん、コメントありがとうございます。

短時間であれほど降るとは思わなかったですよね。事前に運休を告知するJRでさえ、運行を継続できると思っていたほどですから、いかに予想外だったことがよくわかります。

JRからは一応判断ミスということで謝罪的なものがありましたが、今回の件に関しては仕方がないというのが正直なところです。対応を批判する人も全然いませんでしたよね。

あの雪で岩見沢と江別を車で移動するにしても命がけですよ。1時間はかかったと思います。フツーなら30分程度で着きますけど、、、。

10243: by 管理人 on 2021/02/28 at 00:45:20

>>「90年代を知りすぎた男」さん、コメントありがとうございます。

80年~90年代は昨今のような合理化がまだ進んでいなかった時代ですから、基本的にはそれ以前の車両を踏襲するような車両もありませんでしたよね。西日本が従来の車両から基本設計を踏襲する例が多いですが、その土台が主に223系からなので、まだその時期ではないですよね。

この時代の車両はまだ現役の車両が多く、一部を廃車発生品にして対応しても、それでも末永く活躍を続けています。国鉄が傾いていた頃であり、三島会社に対して民営化後を見越して車両も製作されたほど。ステンレス車体ということもあり、今も現役で活躍を続けています。

国鉄形はやはり丈夫です。いまだに現役の車両もいるのですから。JR化後に登場した車両は短命ですよね。転用されることなくそのまま廃車になってしまうケースが多いです。

しかもその時期が国鉄形とJR形が上手く混在して、不便な箇所もありましたが、運用がさまざまで見ていて楽しかったですよね。今なら合理化で変な運用もなくなり、ある意味で面白味もなくなりました。

コメント返信後、動画確認してみますね。

10244: by 管理人 on 2021/02/28 at 00:57:13

>>「90年代を知りすぎた男」さん、コメントありがとうございます。

最終更新からおそらく5年ぐらい経過していると思いますが、管理者が列車に乗りながら聴くオススメの曲を閲覧する皆さんにも、、、みたいな形で始めたのがキッカケでした。

ですが、鉄道みたく音楽の領域に関してはそこまで知識もあるわけでもないので、いかんせん事前の調べに時間を要してしまうのです。紹介したいながらも、そうした都合で手間がかかり、いわゆる「合理的ではない」という判断で一時中断状態なんですよね。

もう少し時間があれば、、、再開させたいところです。

名曲は昔の方がありますよね。今なんてアニソンを中心に多くのアーティストが勢いで排出される時代。また、yamaのようにYouTubeで顔を非公開でヒットを出すシンガーソングライターまで登場しています。時代の変化は凄いですね。その中からいいと思う曲を皆さんにお伝えしていく、、、。

なかなか難しいです。

いずれは再開させたいと思っていますので、時間をください。

10246: by 管理人 on 2021/02/28 at 01:33:49

>>「mitaka」さん、コメントありがとうございます。

あと、交換設備が極端に少なくなったのも理由の1つだと思います。留萌本線も札沼線と同じ傾向にありますよね。両者は交換設備が極端に少ないという点で一致しています。

石狩と空知で気候変動が大きくなるのは石狩川です。江別・岩見沢方面も石狩川を境に積雪量が全然違います。仰るとおり、短時間でドカッと降るのです。

学園都市線なんかは、日中の時間帯にラッセル車は稼働していないので、苗穂からラッセル車を出してそのまま小樽方面に折り返す等、対応はいくらでもできるはずです。

函館本線の岩見沢~旭川間はラッセル車を走らせてもいいと思います。おそらく今は走っていないはずで、設定されていないのが不思議なくらいです。

気候変動?が原因で短時間でドカッと降る傾向になっている昨今、対応も適宜変える必要があると思います。

新型のラッセルが増えるのを待つしかなさそうですよね。

▼このエントリーにコメントを残す