FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

【2021年3月13日(土)ダイヤ改正レポートその12】H100形の大量投入!道内の地方の普通列車・快速列車

明日はダイヤ改正です。ダイヤ改正レポートもこれで最後です。

最後は道内の地方の普通列車・快速列車についてです。

やはり最大の目玉は・・・



H100形の大量投入です。

昨年のダイヤ改正で函館本線山線(小樽~長万部間)と運用の関係で朝の札幌発然別行きに充当されていますが、新たに旭川運転所(旭アサ)と苫小牧運転所(札トマ)に配置され、キハ40形気動車などを置き換える計画です。

室蘭本線では、苫小牧~室蘭間では66本中43本が置き換えられ、最大11分(平均4分)速達化されます。東室蘭~長万部間では、全ての列車がH100形に置き換えられ、最大11分(平均8分)速達化します。

ほかにも、宗谷本線の旭川~名寄間では37本中34本がH100形に置き換わり、ダイヤ調整と合わせて最大31分(平均13分)速達化します。これは、車両変更及び、旅客駅の廃止に伴い、大幅な速達化が実現するものです。3本が既存の気動車による運転となりますが、おそらく宗谷本線の名寄以北への車両の送り込みを兼ねている運用が該当すると思われ、3本については引き続きキハ54形などが使用されるでしょう。

石北本線においても旭川~上川間で2本がH100形で運行されるようになり、旅客駅の廃止と合わせて最大7分(平均5分)速達化します。

H100形の投入効果が最も大きいのが宗谷本線で、ほかにも、札幌~名寄間で現行ダイヤと比較した場合、旭川駅においての乗り換え時間改善も合わせて最大30分程度所要時間を短縮する列車の組み合わせもあるようです。札幌~名寄間は高速バス「なよろ号」が運行されていることもあり、その存在は無視することができません。新車投入によって速達性という点では圧倒的に優位な立場になります。



また、H100形を投入するエリアの各駅では、こうした掲示物を多く確認します。

函館本線山線と同じ対応になるようで、H100形充当列車については、利用客自身でボタンを押して乗ったり、降りたりする仕組みになります。


このほか、利用の少ない列車の運転を取り止めるほか、編成両数の減車を実施し、動力費などの削減を行います。

運転を取り止める列車、あるいは部分的に運転を取り止める列車は以下のとおりです。





道北方面と道東方面に分けてみました。

まずは道北方面から。

目立った列車としては、旭川から滝川方面への最終の普通列車が廃止されます。これにより、最終列車が約1時間繰り上げとなり、20時56分の岩見沢行きとなります。滝川から岩見沢へ向かう最終の普通列車は変わりません。また、旭川駅19時30分発の列車は、現行ダイヤでは深川行きでしたが、滝川行きとして延長となり、同駅から岩見沢行き及び富良野行きの列車に接続するようになります。

存廃に揺れる留萌本線では、上下合わせて3本の列車が廃止されます。峠下駅での交換も日中はなくなり、朝と夕方以降に限定されそうです。


次に道東方面。

黄色枠で囲った列車は、部分的に運転を取り止める列車です。

滝川9時42分発の列車は、途中の富良野までの運転となります。この時間帯の列車は、かつて根室本線が寸断されるまで釧路まで直通運転を実施していました。釧路到着が17時台ということで鉄道ファンからも人気があった列車です。気合いを入れて1日挑まないと大変だった列車です。

帯広17時52分発の列車は、新得行きから芽室行きに運行区間が縮小されます。また、厚内6時14分発の列車は、1つ釧路寄りの音別駅発に変わります。釧路市内の輸送は引き続き確保するようです。

また、記載していませんが、帯広18時19分発の列車は、現行ダイヤでは快速列車ですが、普通列車として運行時刻はほぼ据え置かれる形で変更されます。

今回のダイヤ改正では、かつての快速「狩勝」のスジも運転取り止めとなったり、各駅停車化が実施されます。これにより、帯広駅から新得方面へ向かう快速列車が消滅し、残るは新得駅から池田へ向かう深夜の快速「狩勝」のみとなります。無名の快速列車とはならず、引き続き列車名は存続するようです。


そのほか、根室本線の代行輸送区間についても、富良野11時02分発の新得行き快速便と東鹿越12時05分発の新得行き、新得10時49分発の東鹿越行きの3本の運転が取り止めとなります。快速便以外の1往復は東鹿越駅発着となる普通列車が廃止されることに伴い、接続列車がなくなる関係で代行バスも運転取り止めになるようです。

おそらく、徐々に本数を減らしていき、留萌本線の存廃について決着が着き次第、こちらも存廃問題に着手するという流れだと思います。


今回のダイヤ改正は、旅客駅の大幅見直しや普通列車の輸送改善がメインです。長年北海道では、高速化や特急列車の輸送改善がメインでしたが、久しぶりにローカル輸送にも明るい話題が多く取り入れられそうです。

函館本線山線では、H100形投入に伴い、従来気動車と所要時間はほぼ据え置かれていますが、大幅な短縮を実現するのは今回のダイヤ改正から。確かに、乗車した感じはスペック以上の走りをしますよ。ただディーゼルエンジンがうるさいかな・・・ぐらいです。


コメントをたくさんいただいております。記事更新後に返信していきたいと思いますので、よろしくお願いします。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム

関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10281:H100の送り込みか by 苗穂住民 on 2021/03/13 at 00:19:27

 こんばんは。

 3/12の16:10頃にH100の4両編成が苗穂運転所西側から出区して行きました。出区時の車番は確認していませんが、午前中に留置されていた編成は白石方から37,36,34,35でした。長万部から始まる運用には4両必要なので、山線経由で長万部迄送り込んだ可能性があります。苫小牧の収容力が足りないので、一部を苗穂に置いて、苗穂から送り込んだということになるでしょうか。

10286:室蘭線は実質上は711系の運行筋に近い形で運用が出来たことかな by ダッフィー on 2021/03/13 at 17:30:29

内地では窓の開く特急が引退しましたが、北海道では日高線廃線に伴ってキハ40系350番台が本日函館のほうに廃車回送されたようです。
ちなみに、特急から逃げることが出来る十分な速度が得られているキハ143形は続投こそしたものの、
一方同じく3桁の営業最高速度を出せるキハ150形は運用から完全に外れてどうも滝川〜岩見沢の送り込み運用、岩見沢〜追分〜苫小牧の内陸線運用に就いてるという話を聞きました。
21年度からどんどん増備されるのでキハ143形もそう長くないので記録はお早めに。
だけど、5ヵ年計画は2回発表されたもののキハ54形500番台についての記述は無かったな。。。2024年策定の3回目の5ヵ年計画で分かるか?!

10287: by 管理人 on 2021/03/14 at 21:54:51

>>「苗穂住民」さん、コメントありがとうございます。

先日室蘭方面に行く際に苫小牧に乗り換えのために寄りましたが、運転所内はかつてないほど気動車で溢れておりました。苗穂から動きがなかったH100形も一時的な収容関係の疎開留置だったと思います。日高色のヨンマルも早々と函館に回送されましたが、その収容の関係で早々と送り込む必要があったと思います。

ただ、H100形の大量配備に対して、ほぼ日高色の淘汰だけなので、まだまだ動きがあるはずです。近日中にさらなる廃車や転属となる既存の気動車もあるのではないでしょうか?

10288: by 管理人 on 2021/03/14 at 22:04:05

>>「ダッフィー」さん、コメントありがとうございます。

おそらく、キハ143形以外の列車について、苫小牧~室蘭間、東室蘭~長万部間はH100形に統一されてしまったのではないでしょうか?

同車も元々客車からの改造で、自重や運転席の構造を考慮すると、踏切事故などを起こした際は非常に危険なはずです。おそらくこちらも活躍はそう長くはないと思います。

キハ150形は石勝線や室蘭本線の苫小牧~岩見沢間でメインに使用されていくと思います。あとは日高本線での運用がどうなるか?ですね。こちらも運用に入ってもおかしくないと思います。

キハ54形は車体がステンレス製ですし、推進軸交換、台車交換、変速機を過去に交換しているので、まだまだ現役続投になると思います。

10290: by GT-Hiro on 2021/03/15 at 11:13:46

先ず、キハ143形は客車ベースゆえに(沿線の潮風や凍結による)車体の劣化が早く、ヨンマル共々退役候補になる可能性が高いです。
あと、キハ150の冷房非搭載車(室蘭本線で使用)は、釧路支社管内に玉突きで転属し、同支社在籍のヨンマルを置き換えるのではないかと思います。

10294: by 管理人 on 2021/03/15 at 23:22:04

>>「GT-Hiro」さん、コメントありがとうございます。

元々が客車で先頭車化したものなので、安全基準という面からも低いと思います。運転台も低く、車体もそれなりに軽いです。大型トラックと踏切で衝突した場合、運転士も軽傷では済まないはずです。

運行区間は見通しのよい直線で速度もそれなりに出します。なので管理者としては危ない車両と認識しています。

車体も鋼板も薄いだろうし、それだと車体の劣化を早めますよね。

キハ150はむしろ元々使用してきたエリアを考えると、道南に行った方がいいと思います。釧路に行くのであれば、旭川車(旧苗穂車)を転用した方が旅客列車で回送することが可能なので、手間もあまりかからないんですよね。

コメントで教えてもらったところ、苫小牧~岩見沢間や石勝線メインで使用していくみたいですよ。逆に苫小牧のヨンマルがどうなるか?ですね。

10372: by 龍 on 2021/04/03 at 13:10:30 (コメント編集)

2021年3月〜4月にかけて、苫小牧運転所のH100形が試運転で広範囲に渡って試運転を行う姿が確認されています。

室蘭本線の長万部〜岩見沢間だけでなく、苫小牧から室蘭本線・石勝線・根室本線経由で帯広まで行きました。特に石勝線は新夕張〜新得間に普通列車が設定されていないため、同区間を普通列車用の気動車が走る珍しいシーンになりました。試運転を終えて苫小牧に帰る際には、滝ノ沢信号場でノロッコ号塗装のDE10-1661とすれ違うシーンも見られました。

10377: by 管理人 on 2021/04/04 at 23:43:00

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

次回納入分は釧路配置のようですね。そのための道東方面入線だったのかもしれません。

帯広方面で試運転を実施していたということは、釧路配置車はとりあえず釧路~新得間あたりで営業運転開始という流れでしょうか?

釧路には1700番台のヨンマルが多く在籍しています。H100形が配置になれば、置き換えられる可能性は高そうですね。

▼このエントリーにコメントを残す