FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

「流氷物語号」のもう1つの楽しみ方!車両送り込み列車をねらえ!!

今回は予約投稿記事です。

今シーズンの運行を終えた「流氷物語号」。営業運転は網走~知床斜里間の2往復ですが、実はもう1つの楽しみ方があるのです。





写真は北浜駅で撮影しました。オホーツクブルーが見れず、どんよりした天気で残念な感じに、、、。

写真の列車は網走15時10分発の釧路行きです。「流氷物語4号」が網走駅に14時46分頃到着すると、知床斜里方にキハ54形気動車を連結して釧路を目指します。

「流氷物語」は、毎朝車両を釧路から回送されていたようです。おそらく釧路6時03分発の列車に車両を連結して回送。網走~知床斜里間を2往復して、網走15時10分発の釧路行きに連結されて戻るという運用だと思います。

早朝の列車だと時期的に暗いので、やはり釧路に戻る列車を皆さんねらうようです。この日はルパン三世ラッピングトレインが連結された3両編成でした。道東方面に行っていた際は民衆駅の様子を毎日撮影していた関係で、同列車の様子も確認していますが、ルパン三世ラッピングトレインや地球探索鉄道花咲線ラッピングトレインといったカラフルな編成で運行されることが数回ありました。

ちなみに、車両の送り込みの関係で「流氷物語号」として使う2両には車内へは入れないようです。

実は、毎回釧路から車両が送り込まれていることは知らなかったのです。毎晩19時頃に釧路駅の様子を撮影して気づき、そして一旦網走に戻って(1泊)札幌に帰る計画をしていたので、ちょうどタイミングよく記録することができました。

道東方面ではそんな貴重な光景ではないと思いますが、札幌在住の管理者にとって、普段見られない列車だけあって、その列車もネタの1つになります。例年であればキハ54形による3両編成で運行されるはずです。来年はその様子も見てみたいです。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10291: by 氷海軌道 on 2021/03/15 at 17:52:32

 訂正するようで申し訳ないのですが、流氷物語号の網走送り込みは定期列車併結ではなく、独立した回送列車として送り込みされております。その列車のスジと列車番号は不明ですが、4724D(緑6:52発北見行)と4726D(釧路6:03発網走行)の間を走っている模様です。尚、釧路行き送り込みは4729D(網走15:10発釧路行)に併結されます。

 元々、釧路行き送り込みも独立した回送列車でした。しかし、4729Dが混雑する列車であること、流氷物語号の運行起点が知床斜里から網走に変更されたことから、回送列車を併結して増結車扱いになったのです。逆に朝の4724Dはさほど混雑しません。車内を汚されても困りますから、この便だけ回送列車のままで残ったのでしょう。だったら2両とも締め切り扱いにすれば済む話なのですが…

10295: by 管理人 on 2021/03/15 at 23:29:19

>>「氷海軌道」さん、コメントありがとうございます。

教えていただき、ありがとうございます。管理者もわからないことがたくさんあるので、閲覧する方々に助けてもらってブログが成り立っているようなものです。

間違いがあればどんどん指摘してください。

Facebookで情報をいただきましたが、帰りの1両は開放されるみたいですよね。管理者も別の日に網走駅で併結の様子を確認していたら、利用者と係員とのやりとりで、

「そちらは開かないので先頭から(知床斜里方)乗ってください」

という指示がありました。

途中までしかその様子を確認しなかったため、2両目も開放されていることまでは知りませんでした。


道東方面の記事は後日作成していく予定ですが、もしかしたら誤っている箇所も出てくるかもしれないので、その際はコメントにてよろしくお願いします。

▼このエントリーにコメントを残す