FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

青函圏から電車特急が消えて5年

北海道新幹線が開業してまもなく5年が経過します。

新幹線開業準備に先立ち、函館~新青森間の「白鳥」と「スーパー白鳥」は、3月21日をもって営業運転を終えました。そして、3月26日から北海道新幹線が開業し、道内と本州は在来線から新幹線輸送手段は大きく変わりました。







道内と本州を結んだ在来線の晩年は「白鳥」と「スーパー白鳥」がメインで、夜行列車として急行「はまなす」も設定されていました。

車両は、「白鳥」が485系3000番台、「スーパー白鳥」が789系0番台です。485系も5年前まで北海道に乗り入れていたのです。

485系は元々「白鳥」が登場する前まで運行されていた「はつかり」で使用されていたもので、青函トンネルを通過するためにATC-Lを装備した編成が乗り入れていました。未装備の車両もあり、こちらは本州側で「つがる」で限定運用を組まれていたようです。




2010年12月から785系も「スーパー白鳥」で営業運転を開始しました。但し増結用2両編成×1本のみで、2002年に「スーパーホワイトアロー」が新千歳空港へ乗り入れるようになった際、組み替えで余剰となった旧NE-105編成を再活用したものです。8年ぶりに本線に帰ってきました。

しかし、活躍はそう長くは続かず、北海道新幹線開業までの短命に終わりました。



検査で札幌の苗穂工場に来ることもありました。札幌圏ではなかなか見られない車両だけに、見つけたら必然的にカメラを向けたものです。



写真を探していると、今はなき「SL函館大沼号」と並んでいる写真も出てきました。今となっては函館駅で絶対に見ることができない両者。大事な写真にしますよ。










485系は本州へ帰り(後に廃車)、785系の増結用編成は廃車になりましたが、789系0番台の基本6両編成については、1年のお休み(転用改造)が与えられ、2017年3月ダイヤ改正から再度使用されています。

札幌圏の785系を置き換える目的と、キハ183系の車体の老朽化が酷く、運用数削減に伴う、札幌~旭川間の代替目的で道央圏に転用されました。愛称も「スーパー白鳥」から「ライラック」に変わり、ヘッドマークのLED化など、細部の仕様変更や耐寒・耐雪構造の強化を実施して第二の人生を歩んでいます。

その789系0番台も初期車は来年で登場から20年です。北海道の特急電車が現役の785系を除いて30年未満で退役しているので、同車についてもあと10年活躍するかどうかというところです。

登場から20年を経過しても、まだまだ交流特急用車両として在来線トップの性能を誇る789系。引き続き今後の活躍に期待です。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10324:次は・・・! by ピカチュウ親方 on 2021/03/25 at 01:43:10

789系0番台、新しく見えてもう20年かぁ。
そろそろ後継と思ったが・・・、取り巻く状況はパッとしないが果たしてどうなる事やら。
個人的には、G席付きであって欲しいが。
(特別席病患者なので)
そう言えば、今季はトラブルが少なかった様に思えますが、如何でしたでしょうか?。

10325:懐かしいです。 by 天寧 on 2021/03/25 at 19:01:18 (コメント編集)

こんばんは。
函館市に16年住んでいた私は青函特急を死ぬほど利用していたので懐かしい限りです。
789系については、デビューの一週間前にJR北海道函館支所直々に試乗会に招待され、貴重な経験をしました。
また東京に引っ越してからですが785-300に乗る機会もありました。
函館地区は2000年前後、マウントレイク大沼号、SL函館大沼号、バーベキューノロッコ号、流山温泉号等様々な列車が走っていて格安で乗れる企画乗車券も多く非常に楽しかったのですが、今は見る影もありません。
函館駅や青森駅のホームで食べた駅そばも懐かしい思い出です。
新幹線開通も結構なことだったかもしれませんが、私としては在来線時代の方が楽しかったです。

10327: by 90年代を知りすぎた男 on 2021/03/25 at 20:42:39

連続投稿失礼します。

私の485系白鳥の思い出といえば、青函トンネル区間の爆走運転と函館山と津軽海峡の海の車窓です。特に青函トンネル区間の走行音はスーパー白鳥より明らかにうるさいので鉄道マニアにとってはたまらなかったです。モーターの唸り具合がすごいよかったです。

木古内〜函館は貨物や対向列車との行き違いのための無人駅での運転停車は旅情味があって今でも覚えています。特に夕方から夜の時間帯はとても幻想的でした。

私は海峡が走っていた頃を知りませんが特急天国、貨物王国みたいなイメージが津軽海峡線でした。

車販のお姉さんも綺麗で売り方がうまい人を白鳥号で見たことがあります。

函館に着く前の485チャイムが一つの旅のクライマックスを迎えた気がして当時はしみじみしました。

https://m.youtube.com/watch?v=rTM1bdTI4rY

管理人さんは2010年からの記録が豊富ですね。
Facebookも使った発信だとJR広報部より営業活動してる感があります。

「よっ、令和の鉄道情報局!!!」

10333: by 管理人 on 2021/03/26 at 00:40:16

>>「ピカチュウ親方」さん、コメントありがとうございます。

20年経過しますが、外装も内装も古臭さを感じないというのが凄いですよね。デンマークの要素が取り入れられているので凄いと思います。ヨーロッパはまちの景観もそうですが、歴史ある建造物が立ち並ぶのに、決して古さを感じさせず、常に美しさを感じます。それと同じだと思います。

後継車両は1000番台と統合されて「スーパーカムイ」時代のようにまた統一されると思います。その方が運用の幅も広がるので良い点ばかりですよね。引き続き「大雪」や「サロベツ」との接続は意識されるはずなので、グリーン席は用意されると思いますよ。

10334: by 管理人 on 2021/03/26 at 00:48:08

>>「天寧」さん、コメントありがとうございます。

試乗会は感動ものだったのではないでしょうか?静かで785系をも上回る力強い加速。それまでの在来線交流特急ではないですよね。

785系の方は客室とデッキの仕切など、札幌圏の785系とは異なる点もあり、300番台はデビュー時の構造が残っている印象でした。

1990年代から2000年代にかけて、函館地区では大沼観光を主体にさまざまな臨時列車を運行しましたが、次々と消えていきましたよね。おそらく利用がどれも振るわなかったのではないでしょうか?残念ですよね。

在来線時代の方が賑やかだった印象があります。特に「スーパー白鳥」がデビューするまでは、函館駅は1日中いても飽きませんでしたよね。年々合理化で車両のバリエーションが減っていく昨今は残念でなりません。度々昔の時刻表を眺めてはそう思いますよ。

10338: by 龍 on 2021/03/27 at 00:46:03 (コメント編集)

在来線のままが良かったと思うか、新幹線ができて良かったと思うかは人それぞれでしょう。実際にスーパー白鳥と新幹線の両方に乗った人の中には、「スーパー白鳥で木古内から函館までの間、函館山は車窓から見えているのにいつまで経っても函館に着かなくてイライラしたのに、新幹線だと20分もかからず新函館北斗に着いてしまったのが衝撃的だった。乗り心地もガタガタ揺れるわやかましいわのスーパー白鳥より、新幹線の方がはるかに静かで快適だった。あの感覚を一度知ってしまったら、もう『在来線特急の方が良かった』なんて言えない」という声もあるようです。

10342: by 管理人 on 2021/03/28 at 23:03:21

>>「90年代を知りすぎた男」さん、コメントありがとうございます。

江差線や津軽海峡線は圧倒的に貨物列車の本数が多い雰囲気がありましたよね。矢不来信号場は常に何かとすれ違っていたと思います。貨物列車の方がすれ違う回数は多かったです。

ローカル駅が多くても、貨物列車や特急列車、普通列車が多くて単線でも賑やかだった、それが江差線であったり、津軽海峡線でした。

走行音が楽しむのであれば、485系が一番だったと思います。789系は静かで快適でしたが、鉄道ファンからすると静かすぎて少々残念に思うこともあったりします。

ブログは2011年から始めました。なので2010年あたりからぼちぼち記録していると思います。今年で10年目。時間の流れは早かったです。

10347: by 管理人 on 2021/03/29 at 00:08:15

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

それぞれ良い点・悪い点出てきますよね。高いけど時間を買うか、安くて景色を堪能するかの2択です。

江差線の区間は三セクになって普通列車だけになってしまいましたが、在来線も堪能できるよう新幹線との接続はある程度考慮されています。揺れてイライラするのであれば、新幹線をそのまま利用すればよいだけです。

10348: by 90年代を知りすぎた男 on 2021/03/29 at 20:52:45

スーパー白鳥が揺れる列車?

2ちゃんねるによくある頭のおかしな人間による書き込みですね。789系は函館〜木古内も青函トンネル内も全然揺れてなかったですが。

ニコニコ動画のスーパー北斗開発秘話でのコメントでインタビューを受けているJR北海道社員を誹謗中傷したり潰れろだとかネットで書き込んでいる人間は前の駅ノート記事で管理人さんが書かれていた通り日常生活に支障がある人間です。

しかも現実としてスーパー白鳥に乗っていた時、私の近くに居た家族連れは函館山の景色と海の車窓を楽しんでいましたよ(笑)。

当時のスーパー白鳥が乗り心地がひどい列車ならスーパーあずさやE6系こまち、300系新幹線は欠陥車両になるんじゃないでしょうか。でもスーパーあずさはちょっと尋常じゃなかった記憶があります。
変な書き込みをまともに相手にするのもバカバカしいですが。

龍さんも変な書き込みは無視するのが一番です。

10355: by 管理人 on 2021/03/31 at 01:01:36

>>「90年代を知りすぎた男」さん、再度コメントありがとうございます。

ポイント部分通過で多少揺れるのは仕方ないにしても、何度か乗車した際はそんな揺れの激しい列車ではなかったですよ。

基本2chとかの書き込みは無視するのが一番です。それよりも酷い列車なんてたくさんありますからね。北海道だとキハ283系は凄い揺れますよね。

管理者も今年特にそうですが、目標にしている人間がいれば、それしか見えなくなります。多分色々と書き込まれていると思いますが、今年は特に気にしなくなりましたよ。無視するのが一番です。

ロンブーの田村淳さんは、誹謗中傷相手に電話番号教えて話をしたこともあります。8割型良い人という結果が出ていたと思います。

所詮はネット上だけ。そんなもんです。

▼このエントリーにコメントを残す