FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

3月ダイヤ改正前に廃止された宗谷本線・東六線駅(W39)

今回は予約投稿記事です。3月ダイヤ改正を前に廃止となった宗谷本線の駅を紹介していきましょう。

まずは東六線駅です。







1面1線の棒線駅でした。

元々旅客駅として開業したわけではなく、仮乗降場として設置されました。1959年に旅客駅に昇格し、東六線駅として3月ダイヤ改正まで機能しました。

そのため、普通列車でも通過列車が多く、名寄方面、旭川方面ともに4本ずつしか停車しませんでした。但し、これまで紹介してきた廃止された駅のように、停車する列車の時間帯が極端に絞られているわけではなく、本数が少ないながらも朝から夜まで停車する列車が確保されていた駅です。



駅前は農家が数軒ある程度で、それ以外は何もありません。基本的に自家用車を保有しており、その影響で鉄道の利用が少なければ本数が減る、鉄道の利用に制約が生まれれば、自家用車での移動が増える、そしてさらに利用が少なくなって停車する列車を減らす、、、。

この繰り返しなんです。なので、こうした仮乗降場から昇格した駅が今の今まで残っていることが不思議なくらいなんです。

高速化に集約させてローカル輸送を軽視してきたツケが回ってきたからなのです。

でも、東六線駅は旧仮乗降場から昇格した駅の中でも人気があった駅です。





理由の1つが待合室にしても、国道40号線にある看板にしても、「乗降場」という古い表記が残されていたことです。旧仮乗降場とはいえ、旅客駅に昇格されて30年以上が経過します。同じ運命を辿った駅については看板も「○○駅」と表記されているのに対し、いまだに「乗降場」の表記が残っているのは大変珍しいことだったと思います。

国道沿いにある看板なんて、旧仮乗降場の存在を知らなければ「???」と思う方もいるはずです。それだけ希少な駅だったと思います。

宗谷本線では、こうした仮乗降場から駅へ昇格した例がたくさんあります。特に北海道の道北エリアで多く設置された経緯があるので、その整理で今大変なんです。こんな小規模な駅でも、同じような釧網本線の旧南斜里駅は年間の維持費が200万円かかりました。東六線駅となると、降雪量が多い分、200万円では済まないはずです。

今後はこうした駅が次々とダイヤ改正を機に役目を終えていきそうです。












↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10370:嗚呼、東六線駅。 by 天寧 on 2021/04/02 at 20:16:34 (コメント編集)

こんばんは。
この駅は私が中学生だった時、青葉中学校の生徒手帳の北海道鉄道路線図に載っていて興味を惹かれた覚えがあります。
民営化時に駅になったのではなく、1956年に仮乗降場としてデビューしたのは確かですが3~4年後には正式な駅になっていたはずです。だから生徒手帳に載っていたのでしょう。
宗谷本線は急行か特急ばかり乗っていたのでこの駅の記憶はないのですが、なぜか印象深い駅名でした。池北線の西一線駅と並ぶ北海道特有のネーミングですね。

10375: by on 2021/04/04 at 23:27:21

>>「天寧」さん、コメントありがとうございます。

こちらの誤りでした。1959年に既に旅客駅に昇格しているようです。教えていただき、ありがとうございます。

周囲が農道しかない場所の住所って、そんな感じですよね。北海道でもまだまだそうした住所はあったはず。踏切の名称もそういうのが多いはずですよ。

▼このエントリーにコメントを残す