FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

ダイヤ改正前の苫小牧・室蘭界隈

ダイヤ改正前の苫小牧・室蘭界隈を紹介します。

苫小牧・室蘭界隈といえば、3月のダイヤ改正でH100形による運転が始まり、既存の気動車の多くを置き換えています。苫小牧~室蘭間については66本中43本、東室蘭~長万部間については20本全てがH100形による運転となりました。

これにより、苫小牧運転所(札トマ)所属のキハ40形気動車も道内各地へ転配されているようです。



ダイヤ改正直前の苫小牧運転所(札トマ)構内の様子。「キハ40-1771」と「キハ40-1778」とH100形が並んでいました。これら2両のキハ40形は既に転属となっており、苫小牧を離れているようです。もうこのシーンは見ることができないようです。



こちらには営業運転開始前でスタンバイ中のH100形と「キハ40-1767」と「キハ40-1762」の姿が。これらの車両も転属となったようで、もう苫小牧では見られないようです。





日中の東室蘭駅構内の様子。

午後以降の運用に向けて気動車が休憩していました。置き換えられた本数からも、日中の東室蘭駅構内で既存の気動車がこんなに待機している様子はもう見られないはず。しかも手前の「優駿浪漫カラ―」はダイヤ改正を前に営業運転を終了しているので、今となっては貴重な光景です。



崎守駅から。

崎守駅前後はトンネルがあり、写真のようなシーンを撮影することができます。東室蘭~長万部間は全てH100形による運転となったので、こうした崎守のトンネルを抜けていくヨンマルの姿はマヤ検や試運転列車でも来ない限り見られなくなりました。







北舟岡駅。太平洋に面しており、列車を撮影する場所としても人気の場所です。

同駅は東室蘭~長万部間にあるので、停車列車は全てH100形になりました。「優駿浪漫カラ―」のヨンマルは日高本線の鵡川~様似間不通後に見られるようになりました。ダイヤ改正を機に営業運転を終了してしまったので、もう同カラ―のヨンマルが北舟岡駅に発着することはありません。



東室蘭駅構内の夜間滞泊シーン。おそらく、気動車はキハ143形やH100形の滞泊で占められているのではないでしょうか?

ダイヤ改正以降、苫小牧配置のヨンマルは7両程度しか残っておらず、日高本線での使用が確認されているとなると、ほぼ同線専用に。キハ150形については、室蘭本線の苫小牧~岩見沢間や石勝線で多く確認されているようなので、こちらもほぼこれら区間専用に。

おそらくダイヤ改正を機に、室蘭界隈でもヨンマルの姿は定期的に確認することができなくなっているのかもしれません。管理者もダイヤ改正後の様子はまだ確認していませんが、H100形が大量配備され、多くの列車を置き換えたことから、その可能性が高いとみています。

既存の気動車を記録するには、そろそろ最期のチャンスかもしれませんね。
























↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10374: by ナナッシー on 2021/04/04 at 14:54:57

こんにちは
19年度は苗穂運転所、20年度は苫小牧運転所と旭川運転所、21年度は釧路運輸車両所に重点的に配置する予定です。
ワンマン電車の新造計画案が出ていましたが、仮に苫小牧運転所に配置したところで、運用が電化区間に限られてしまうため、H100の方が都合が良かったりします。

10379: by 管理人 on 2021/04/05 at 00:07:50

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

運用の効率化を図るのであれば、733系の2両編成みたいな列車を新造するのではなく、H100形のままで十分ですよね。

ネット上で確認しましたが、次回納入は釧路配置になりそうですね。帯広方面で試運転を実施しているようなので、根室本線で重点的に運用されそうです。

▼このエントリーにコメントを残す