FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

東風連駅から名寄高校駅へ!!ローカル駅移設で利便性向上へ!!

今回は予約投稿記事です。

宗谷本線の東風連駅。

名寄駅の1つ旭川方の駅です。1面1線のローカル駅ですが、2022年春に移設される予定です。



昨日JR北海道のニュースリリースで発表され、来年の2022年春に利便性向上のため、現在の東風連駅を名寄高校付近へ移設し、その際に駅名を「名寄高校」駅へと変更する予定です。

詳細についてまだ不明なこともあるものの、移設に際し、実施設計予算として1369万7000円を見積もっています。

移設先は名寄高校付近で、現在の東風連駅から名寄方へ1.6kmの地点になります。1面1線の地上駅でホームの長さは50m、幅約2m、ホームは稚内方面に向かって左側、雨や雪を防ぐために庇(ひさし)の設置が予定されています。

移転に伴い、「名寄高校」駅は名寄市の駅となる見込みで、いわゆる今年3月ダイヤ改正で一部の旅客駅が対象になった自治体管理に移行する駅になるようです。

現在は通学時間帯を中心に名寄方面4本、旭川方面3本しか停車しません。駅移設に伴って停車本数が増えるのかにも注目です。





こちらは現在の東風連駅。1面1線の駅で、予定では1年後あたりには移設され、東風連という名称ではなくなります。

データでは、平日の乗車人員平均は23人程度とされています。現在の東風連駅だと距離があり、しかも周辺は建造物が少なく、冬季で吹雪や風の強い日などは大変です。

駅の維持管理についてJRの手から離れますが、利用の少ないローカル駅を学生利用主体で蘇らせる数少ない試みです。利用増加につながるといいですね。















↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10399: by ハナ on 2021/04/09 at 15:07:27 (コメント編集)

地方の高校は少子化で再編が進み統廃合が毎年行われ自治体が高校存続で様々な補助をしてます。通学定期や制服、指定ジャージなど様々な施策を行ってます。
通学定期補助は自治体が一括購入する事で駅の存続や有人化存続にも繋がるケースもあります。
しかしながら個人的に思うのは需要の先食い感や近隣の高校も同じ事を行うので少ないパイを奪い合う形になってます。
大事なのは卒業後もその自治体に残って流出しない対策だと思います。若い人が魅力的に思える街づくりや就職先です。大都市じゃなくても夢を叶えられ将来の生活基盤を整えれる。そんな地域社会が必要だと最近は思います。

10401: by 氷海軌道 on 2021/04/09 at 20:09:54

 名寄高校は名寄産業高校と合併されるということが決定されています。ただ、新校舎がどこになるかはまだ決定されていないらしく、少し心配なところです。名寄高校の方が校舎が新しいそうなので、恐らくはそちらになるのだろうとは思いますが、道教の判断次第では別の場所に新設される可能性もあるのです。

 この他、北見の留辺蘂高校も令和5年度で募集停止となる予定です。付近の西留辺蘂駅はこの高校へ通う生徒の為に2000年に新設された駅で、利用客の殆どが留辺蘂高校の生徒です。高校の閉校によってどうなってしまうのかは分かりません。一応周囲は住宅地なのですが、それでも利用客の激減は避けられないでしょう。

 今後、少子化が進めば更に統廃合が進むでしょう。教育機関の付近に駅を移設するのは合理的だと思いますが、だからといって地元利用の見込めない駅の付近に建設すると伊納駅のようになってしまうんですよね。閉校時のリスクを考えると、高校駅の新設・移設は100%正解という訳でもないような気がします。町の中心駅からシャトルバスを運行するという手段もある訳ですから。

10408: by 管理人 on 2021/04/10 at 01:18:10

>>「ハナ」さん、コメントありがとうございます。

札幌でもそういう学校の統廃合が出てきましたよ。札幌でも小学校や中学校で出てくるということは、地方はもっと大変だと思います。

高校となると、単純に普通科だけで統廃合するにも難しい時代になってきました。今は専門性を重視して学業のみならず、学生たちに興味を持たせたり、学びの場を楽しく思わせる工夫も必要な時代です。将来的に輝く人たちって、やはり高校あたりから着々と準備していますよね。

あとはそれに合わせて、地元自治体が就労できる環境を高校や大学と一体となってつくることが必要だと思います。それだけでは人口減少に歯止めがかからないので、ある程度外部からも受け入れる体制は必要です。

現在は地方に移住するケースは、第一線を退いたシニアの方が大半だと思います。景観や環境、美しさや食を求めて移住するケースが多いです。お金に余裕があるからできることですよね。

この動きを若い世代にも波及できれば地方の活気も維持されていくと思います。なかなか難しい問題ですよね。

10410: by 管理人 on 2021/04/10 at 01:58:01

>>「氷海軌道」さん、コメントありがとうございます。

駅の移転がほぼ決まった以上、現在の名寄高校の校舎を使うことはほぼ決定とみていいのではないでしょうか?決まっていなかったらそもそも駅移転の話もまだ出てきませんよ。

留辺蘂高校も閉校ですか。知り合いが何人か卒業しているので驚きです。ほとんどが本州に住んでいますが、その知らせを聞いたらどうなるか。寂しいと思うのが一般的ですよね。

大都市札幌でも中学校や小学校の統廃合が進む時代です。ということは、地方ではそれ以上に統廃合が進んでいるはずです。名寄高校はあのエリアでは規模が大きい高校なので当面は存続していくはずですが、少子化という大きな問題を抱えている昨今、その影響を大きく受けるときが数年後に迫っている可能性もあるのです。

名寄高校へのアクセスも完全にバスで置き換えることも可能でした。今回の場合は駅そのものが名寄市のものになるということでJRの手からは離れます。なので閉校時におけるリスクはある程度抑えられるはずですよ。

なかなか難しい問題ですよね。

10423: by DT情報局 on 2021/04/12 at 00:42:23

名寄市の高校再編についてはまだ検討中
駅の位置が近いかどうかは新設高校の決定に影響することはないのですが
決めつけるような書きぶりは違和感大有りです

10429: by 管理人 on 2021/04/12 at 22:38:00

>>「DT情報局」さん、コメントありがとうございます。

鉄道ファンや各種報道されている内容と記載内容はほとんど変わりませんから確認してみてくださいね。

それより、留萌本線のときのコメントの内容についてまだですか?ずっと待っているんですよ。

変なコメント投稿する割には大したことないんですね。早く教えてください。

10440: by 南の虎 on 2021/04/15 at 17:13:53

そもそも、学校の位置は、JRの都合で決められないわけで、学校設置者である自治体・国などが責任を持って学生の足を確保するべきなのに、なぜかその責任がJRに押し付けられているのが不思議です。

10444: by 管理人 on 2021/04/15 at 23:31:28

>>「南の虎」さん、コメントありがとうございます。

見方を変えれば、学生の足を確保することで利用がある程度確保されていると思わせることができるわけですよ。利用が少ないといえど、学生の足を断絶することは、路線も駅も廃止に持っていきづらいですからね。

宗谷本線の場合、名寄以北が単独で維持困難な線区です。その区間から名寄高校へ通学する生徒がいるというだけで残す理由になるんですよ北海道って。そういった鉄道存続を図る意味もあるのかもしれません。

現在は冬になればバスがメインになるはずです。そのままバスをメインにすればいいのに、引き続き駅も多額の費用をかけて移設するという不思議な展開です。

▼このエントリーにコメントを残す