fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

日高本線の鵡川~様似間廃止に伴って廃止された日高本線・富川駅

期間が空いてしまいましたが、日高本線の廃止された区間の駅を順に紹介していきましょう。

前回は汐見駅を紹介したので、今回はその隣の富川駅です。





晩年は無人駅でしたが、日高町富川地区の拠点駅で、かつては急行「えりも」も停車していました。

この急行「えりも」は、晩年は静内~様似間が普通列車として運行されていたようです。その後、急行「ちとせ」に統合される形で廃止されてしまいました。その急行「ちとせ」も現在はなくなりL特急「ライラック」に。そのL特急「ライラック」も新千歳空港駅開業を機に、室蘭方面乗り入れをやめ、新たにL特急「すずらん」として分離しました。

その特急「すずらん」が現在も活躍していますね。





2面2線だった駅構造も晩年は1面1線となっていました。



駅周辺の様子。住宅街の中にポツリとあるような駅です。

日高本線の特徴としては、大狩部駅などの海に面している駅もありますが、富川駅などのように、住宅街の中にポツリとある駅の方が多いです。

住宅街の中にあるため、人が多く利用しているような錯覚を覚えますが、実際は並行して国道が整備されており、移動のメインは自家用車がほとんどです。

国鉄分割民営化まもない頃は、1日の乗降人員が300人弱程度あったそうですが、晩年は代行バスになり、平均乗車人員は77人にまで落ち込んでいました。日高町内の拠点の1つの富川地区では、おそらく通学などで需要は少なからずあったと思います。

次回は日高門別駅です。一時期、日高本線を存続するにあたり、当駅まで存続が検討された時期がありました。結局それは実現しませんでしたが、日高町の役場がある拠点のエリアです。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す