FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

6月17日の甲種輸送!!H100形12両が釧路へ向けて輸送される

6月17日にH100形12両が釧路へ向けて甲種輸送されました。







最終的に釧路に行きますが、一旦札幌貨物ターミナルへ輸送されるため、早朝の同ターミナルへの輸送シーンを恵庭市内から撮影してきました。

それにしても本当に長い!!

管理者が前回撮影したのは旭川運転所(旭アサ)配置分でした。およそ1年ぶりの撮影でした。

午前中のうちに再び動き出し、釧路へと向かいました。記事掲載後もまだ釧路へ向けて走り続けているはずですよ。

実は、釧路へ向かう際の様子も撮影しようと思いましたが、突如頭が真っ白になってしまったのです。今日はキヤ検と甲種輸送を一網打尽にしようと思ったところ、その場所が封鎖されており、その横をキヤ検と甲種輸送列車が横切っていったという悔しい思いをしました。

久々のネタ列車だったので残念です。

しかし、どの時間帯に走るかまでは管理者のヨミは的中したので、今後は今回の失敗のリベンジをしたいと思います。次回は7月上旬にキハ261系1000番台の甲種輸送があるみたいですね。

今回輸送されたのは「H100-46」から「H100-57」の12両。全て釧路運輸車両所(釧クシ)配置になるようです。同所配置になるのは今回輸送された分が初めてです。

気になる投入先ですが、これまでに多く根室本線で試運転を実施していることから、来春のダイヤ改正から新得~釧路間で使用されると予想され、今後は根室本線で試運転が順次開始されることでしょう。もし、根室本線が寸断されていなかったら、富良野方面にもH100形が乗り入れていたかもしれません。非常に残念ですね。

教えてもらったところ、今年度は30両が新たに増備されるようです。全て釧路配置になるか不明ですが、ますますH100形の勢力が拡大するようです。

一方、花咲線や釧網本線で試運転を実施しているような話は聞かないので、おそらくH100形は投入されないでしょう。それでも、雄大な自然の中を走る最新の気動車も見てみたいものです。それはそれで面白い光景になると思います。

どうやら、単独で維持することが困難な路線・線区以外の場所から順次投入されているようで、それを考えると、花咲線や釧網本線での使用は例外を除いてないようですね。

函館本線山線投入時は既存の気動車のダイヤを概ね維持したものの、宗谷本線や石北本線投入時は旅客駅の廃止も相まって大幅なスピードアップを実現しました。果たして、根室本線に投入された際も同様にスピードアップを実現するのでしょうか?そのあたりは非常に楽しみです。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10595: by ナナッシー on 2021/06/20 at 09:29:06

こんにちは
H100の速度種別はC4です。キハ40がF8ですので加減速の違いから数分の時間短縮が見込まれます。
駅や信号場での待ち時間を見直しすれば大幅な短縮になると思われます。

苫小牧のH100は現状運用にかなり余裕がありますので、来年のダイヤ改正では室蘭本線苫小牧以北にも進出しそうです。根室本線の試運転用で余裕を持たせていると思われます。

10598: by 管理人 on 2021/06/21 at 23:17:13

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

詳しい情報をありがとうございます。管理者としては、帯広駅での長時間停車をもうちょっと何とかしてほしい気がします。この体制が残るのであれば、帯広駅以遠に行く列車については、あまり所要時間短縮が見込めないと思います。

帯広行きの列車であれば、それは関係ないので所要時間短縮に貢献しそうですよね。

苫小牧以北のH100形の投入になれば、もちろん石勝線の普通列車もH100形になるはずです。もし実現すればスピードアップも図られるはずなので、管理者としては嬉しいですね。

10608: by 根室本線沿線住民 on 2021/06/28 at 10:23:18

 知人からこの甲種輸送の話を聞き、最寄駅で待ち構えていました。
 12両もの列車を目にすることは滅多にないので、写真を上手に撮る自信がなく、スマホで動画を撮りました。

 管理者様は、コメント内で帯広駅での長時間停車について、言及されておられますが、帯広駅以外でも長時間停車をする普通列車が多く見られます(稀に特急列車でもあります)。
 旅行で途中下車する分には、楽しいですが、日常使いで乗っていると、うんざりするというのが正直なところです。

10613: by 管理人 on 2021/06/28 at 23:19:12

>>「根室本線沿線住民」さん、コメントありがとうございます。

12両は長かったですよね。札幌圏では撮影者がいっぱいいましたよ。記事掲載写真の場所は金網越しになるので、ここは大抵管理者だけです。

根室本線の長時間停車はもうちょっとどうにかしてほしい気がします。池田駅も列車によって長時間停車がありますよね。特に帯広駅で長時間停車するということは、通しで利用する人は少ないんでしょうね。実際に帯広に行った際は大抵乗客が入れ替わっていましたよ。

旅行するには買い物やトイレ休憩ができて便利ですが、日常利用では不便ですよね。

10627:H100形の今後の導入計画 by 龍 on 2021/07/03 at 14:46:26 (コメント編集)

2021年6月29日にJR北海道が発表した『移動等円滑化取組計画書』には、以下のように記載されています。

Ⅰ現状の課題及び中期的な対応方針
→(1)旅客施設及び車両等の整備に関する事項
→2. 車両の整備に関する事項
老朽化した車両をバリアフリー化された車両に順次更新します。
・H100形一般気動車を54両導入(令和6年度まで)
・261系1000代特急気動車を26両導入(令和4年度まで)

Ⅱ移動等円滑化に関する措置
→ 1. 旅客施設及び車両等を公共交通移動等円滑化基準に適合させるために必要な措置
・H100形一般気動車を30両導入します。(令和3年度)
・261系1000代特急気動車を18両導入します。(令和3年度)

Ⅳ前年度計画書からの変更内容
・対象となる旅客施設及び車両等又は対策:H100形一般気動車
・変更内容:令和4年度から令和6年度までに24両導入します。
・理由:前年度計画に新規に追加したためです。

10637: by 管理人 on 2021/07/06 at 06:57:54

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

詳しい情報をありがとうございます。絶賛増備中のH100形とキハ261系1000番台の勢力がますます拡大するそうですね。

しかし、電車では快速エアポート用の721系の置き換え計画もあったはずです。そちらが明記されていないんですね。記憶にある限りでは、令和4年度(2022年度)から着手する計画だったはずです。当初は3両編成の初期車の置き換え計画もありましたが、いずれも白紙になっており、今回も予定が先延ばしされたということでしょうか。

苫小牧・室蘭地区や釧路地区では、新車効果が大いに期待できそうです。

10638: by ナナッシー on 2021/07/06 at 07:29:47

おはようございます
H100系は127両増備することになっていましたが、実際は129両増備することになりましたね。
留萌本線の全線廃止や根室本線富良野〜上落合信号場の部分廃止により車両の運用数が減ることから、キハ54も全廃する可能性がありますね。
キハ40は最終的には観光用に車内改造された編成と道南いさりび鉄道に配置されている編成しか道内には残らないです。

721系の置き換えはしばらく延期でしょうか。今年の6月に苗穂工場に長らく留置されていたF-12編成が復帰してますからね。

10647: by 管理人 on 2021/07/12 at 21:38:29

>>「ナナッシー」さん、再度コメントありがとうございます。

不採算路線の存廃問題が将来的にわからない状況の中でH100形を増備するのはリスクもありますよね。多く製造し過ぎたら、既存車の廃車を進めればいいだけの話なので、あまり気にするようなことでもなさそうです。

129両となれば、次に古いキハ54あたりも置き換え対象になってきそうです。ステンレスで2エンジン搭載で豪雪地帯でも単行で走れるので、まだまだ重宝されそうですが、さすがに厳しい条件下で使用されていれば、今後長期的な活躍は厳しそうですよね。

721系の置き換えも然り、それに伴って733系のエアポート編成が製造されるはずです。今後の予定も発表されていないので、しばらく活躍が続くのかもしれませんね。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

▼このエントリーにコメントを残す