FC2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

7月17日以降の特急「ライラック旭山動物園号」の運転を取り止めへ

新型コロナウィルス感染症により、一部サービスを見合わせている特急「ライラック旭山動物園号」ですが、利用が減少していることを踏まえ、7月17日以降の運転が取り止められることになりました。



JR北海道のニュースリリースより、6月11日付で発表されています。

当初は8月下旬までの週末を中心に設定予定でしたが、前倒しして終了することになります。今春から夏までの運転が今までで一番期間が長く、そして多く設定される予定でしたが、残念ながら途中で打ち切られることになりました。





管理者も春先に函館本線沿線で撮影しています。外観上の違いは専用のヘッドマークのみです。


同列車の運行時は、グリーン車で着ぐるみスタッフとの記念撮影が実施されますが、現在はそれらを含めたサービスが見合わせとなっています。グリーン席を使える状態にも関わらず、特急「ライラック旭山動物園号」として運行するため、グリーン席は発売されず、自由席も1両少なくなり、指定席が増やされている状況です。

なので、グリーン車サービスのないモノクラスの特急「ライラック」が毎週末設定されていただけで、利用が減少している昨今では、あまり設定する意味がない列車でした。また、札幌~旭川間は自由席主体のため、利用が減少している中で指定席が増やされたままの状態では利用が限られてしまうのに加え、感染リスクを減らすためには、一定の間隔を設ける必要があります。たとえ、自由席の利用が好調でなくても、感染リスクを減らすために、一定の間隔を空ける必要があるのです。

いずれにしても、サービスが実施されない特急「ライラック旭山動物園号」はただの無駄で、早期に通常の特急「ライラック」に戻すべきと考えていたところ、先日ニュースリリースで流されていたので、「そりゃあ、そうでしょ・・・」って感じです。

設定しても利用が少なくなると把握されてしまった以上、今後の設定にも影響が出てくる可能性が高く、コロナが終息するまで設定されることはないのかもしれません。道内の各臨時列車も当初の発表よりも運行開始が繰り下げられる予定で、今年の夏の北海道の臨時列車の運行期間は短く、昨年よりもさらに寂しくなってしまいそうです。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す