fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

まだ残っている札沼線末端区間用のヨンマル

札沼線の末端区間の専用の車両として活躍していたキハ40形400番台。



日高色の350番台が順次解体されていった一方で、実はまだ所属先の苗穂運転所(札ナホ)に留置され続けています。こちらも札沼線の末端区間の廃線跡と同様、月日が経過しても残っています。





旧扇形庫付近に2両とも留置されていました。実は予備車がなく、検査などの際は同所所属の700番台や1700番台が代走で入っていました。

キハ40形400番台は1700番台のように延命化を実施していないものの、豪雪地帯で使用するため、その際に1両運行実現と降雪時の排雪抵抗増に対応できる車両です。札沼線においては、特に石狩川より北側において降雪量が増えるため、末端区間への直通列車については、排雪抵抗増に対応できるディーゼル車両が必要でした。

札沼線の末端区間においては、国鉄分割民営化前後でキハ54形500番台が使用されていたことや、2000年代に入る前には、キハ53形500番台が使用されているなど、これまで使用されてきた車両をみても、出力が大きい車両が充当されてきた経緯があります。

キハ40形400番台の搭載機関はN-DMF13HZD (450 PS / 2,000 rpm) で、変速機も交換、台車は未交換ながら、出力増大に伴い2軸駆動に改造されています。700番台と比べて2倍以上の出力が得られ、徹底した排雪対策が実施されています。外観は客用扉を萌黄色として区別しています。

最新のデータでも除籍になっていません。しかし、札沼線廃止後は全く活用されておらず、1700番台のように延命化も実施されていないため、このまま活用されずに廃車される可能性が高いでしょう。

今後の動向が気になります。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10666: by 90年代を知りすぎた男 on 2021/07/29 at 17:16:15

前回のコメントでデータ保存の件をいろいろと教えていただきありがとうございます。

この留置されている40で思い出したのが、5年前くらいの内部情報?では道東・道北などの札幌圏以外の路線の整理をすすめたあと車両の整備拠点を苗穂に集約する噂が流れました。

札幌以外の車両の整備拠点と言えば函館と釧路なわけですが、いくら函館本線の長万部‐森、釧網線の川湯温泉‐知床斜里、根室線の釧路‐根室を廃止にしたところで、SLを当分存続すると決めた釧路、新函館‐函館、道南いさりび鉄道がある函館を片づければ逆に車両の維持コストが高くつき、車両の急な故障や災害の時に本当に困ると思います。

まあ5年も前の話で、路線存廃の整理整頓をはじめている今でもこの話は出てきていないこと、高層マンション、ショッピングモール、住宅が密集する今の苗穂付近で整備工場の拡大など不可能(笑)ですから、5年前にJR北海道は非現実的なコスト削減を考えていたことを伺いしれます。

今のJR北海道はコロナで路線の整理もしやすくなったり、観光需要は意外と脆いことを知るきっかけにはなったかもしれません。

例え宗谷線の名寄‐稚内、石北線上川‐網走‐川湯温泉まで廃止できたとしても仕事を分散するとういう点では733系電車の全検ができる新しい苫小牧工場、旭川工場はあってもいい気がします。

まだJR北海道のお得意先の中国人観光客は戻ってきませんね。今回のパンデミックがどれだけ大きな事件だったかを思い知らされます。

10668: by 管理人 on 2021/08/02 at 23:10:33

>>「90年代を知りすぎた男」さん、コメントありがとうございます。

結局路線廃止が進まず、その計画もあったとしたらいつになるかわからないままですよね。

ただ整備拠点の集約化は緊急事態の際に対応に困る場合が出てくると思います。現在ですら、キハ261系0番台やキハ183系は宗谷本線や石北本線メインで活躍し、不具合時はわざわざ札幌(苗穂)に戻す手間が生じます。

5年もの間に北海道胆振東部地震などの経験もあり、2016年なんかは自然災害によって多くの不採算路線で大打撃を受けました。逆に、旭川を道北方面の拠点として規模を拡大すべきと考えています。あとはキハ261系1000番台や789系1000番台のように故障に強い車両を製作し、対応していくほかないと思います。

今後の懸念事項は社員不足で、即戦力となる人材を育てる反面、その所属先の車両しか整備できない人間等が出てくるかもしれません。やはり、緊急時に備えて運転所などの拠点ごとに自社で保有する車両の全てを整備できる力は維持していくべきだと思います。

コロナの影響でしばらくはインバウンドも期待できないでしょう。その間にコロナを理由に不採算部分を徹底的に改善していくべきだと思います。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

11544:承認待ちコメント by on 2022/06/14 at 07:12:04

このコメントは管理者の承認待ちです

▼このエントリーにコメントを残す