fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

新たに10両のキハ261系1000番台が釧路配置へ

8月2日にキハ261系1000番台の甲種輸送が札幌圏であったので、早起きして撮影してきました。





朝は恵庭市内で撮影しました。当日は6時過ぎに苗穂駅での人身事故の影響で朝から札幌圏のダイヤは乱れていましたが、後続の2733M(苫小牧7時00発)が千歳駅あたりまで通常どおり動いており、恵庭駅には729M?か何かが停まっていたので、運転再開はめどが立たないものの、付近で停車していると予想し、しばらく待つことにしました。

案の定、サッポロビール庭園駅で停車しているという情報をキャッチし、運がよかったです。通勤列車を優先することなく、すぐにやってきました。



一旦札幌貨物ターミナルへ輸送され、所定では10時過ぎに釧路へ向けて出発する予定ですが、人身事故の影響で15分程度遅れていたと思います。それでも何とか影響を最小限に抑えて再び釧路へ。上野幌駅で撮影しました。

今回はST-1120編成(キロ261-1120+キハ260-1120)、ST-1121編成(キロ261-1121+キハ260-1121)、ST-1220編成(キハ261-1220+キハ260-1220)、ST-1221編成(キハ261-1221+キハ260-1221)、「キハ260-1344」、「キハ260-1345」の計10両でした。予定では、増結用中間車の1300番台は今回の増備で終了します。

先頭車つきのユニットについては、グリーン車つきがST-1125編成(キロ261-1125+キハ260-1125)、グリーン車なしがST-1225編成(キハ261-1225+キハ260-1225)まで製造される計画です。今年の10月にもう2ユニットずつが、そして最後に来年の4月に最後の2ユニットずつが新製配置予定です。今のところ、どこに配置されるかは未定です。



釧路には先行してST-1119編成(キロ261‐1119+キハ260‐1119)とST-1219編成(キハ261‐1219+キハ260‐1219)の4両が配置されています。ダイヤ改正前に新製配置されましたが、ダイヤ改正以降、まだ営業列車として使用されていません。今回新たに釧路新製配置車が増えたことで来春ダイヤ改正あたりから営業列車として使用されることでしょう。

次回新製配置分がどこの所属になるのか不明ですが、釧路配置車については、特急「おおぞら」で使用されることは言うまでもありません。残りのキハ283系を置き換えるために配置されたものと思われます。

但し、基本5両編成を継承するにしても増結用中間車が足りません。今後は中間車のみの新製配置はないので、他の所属先から転属させる必要があります。そこで有力なのが札幌運転所(札サウ)所属車で、現在定期運用は特急「おおぞら」2運用のみです。増結用中間車は現在16両在籍しており、増結等がなければ、通常は2両しか使用しません。車両が余っているのです。

車齢や製造時期を考慮すると、そのうちの7次車8両については、今後釧路運輸車両所(釧クシ)に転属すると予想しています。過去に函館運輸所(函ハコ)にキハ261系1000番台が札幌運転所(札サウ)から一部が転出した際は増結用中間車が8両にまで減らされました。今後特急「オホーツク」・特急「大雪」での運用が増えるにしても、特急「とかち」とともに基本編成が短く、増結も多く実施する必要のない列車なので、必要最低限の中間車で十分なのです。万が一不足する状況であれば、函館運輸所(函ハコ)から引っ張ってくるなどの方法もありますからね。

同時に、先頭車を含むユニットについても、札幌配置の7次車は全て釧路に転出すると予想しています。長年釧路方面の特急については、札幌と釧路で車両や運用を相互で持っていましたが、車両統一を機に運用全てを釧路配置車に統一させることで、運用の効率化を図ることが可能になります。車両が統一されれば、現在のようにわざわざ札幌と釧路で相互で配置場所が異なる車両で運用を組む必要はありませんからね。

そして、管理者の予想としては、今後の増備車についても釧路か函館に配置されると予想しています。函館配置になれば、残る5次車の札幌転出を実施し、所属先である程度製造時期を合わせることができます。

そして、かつてのキハ183系の使用履歴をみても、特急「北斗」には高性能且つ比較的新しい車両が充当されていたのに対し、特急「とかち」(一部の特急「おおぞら」含む)や特急「オホーツク」には初期の車両が比較的充当されていました。現在の網走方面の特急列車においても、他線区から転用されてきた車両を使いまわしているので、キハ261系1000番台になっても、その流れは変わらず、車両が統一されたとしても、車齢が高い車両を中心に使用されていくとみています。



釧路運輸車両所(釧クシ)で待機しているキハ283系。今回の新製配置でいよいよカウントダウンが始まったとみていいでしょう。一部が残って活躍を続けていますが、残りも比較的早い段階で置き換えられることになりそうです。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10673: by 荷41レ苗穂行き on 2021/08/05 at 20:37:47

JR化前後に増備されたN183系は、北斗系統よりも先におおぞら系統で集中的に運用されてましたよ。北斗組だった私は、前面展望ができるおおぞらが当時は羨ましかったです。

10674:Twitterに依ると・・・ by s-kamui on 2021/08/07 at 17:40:19

来年の改正で北斗系統のオール261化で話題になるのはさることながら、現行の281系のスジ(札幌発2号から)の2往復運用が札サウ車でやるだろうとの噂も有りました。確かに札幌口の運用ならそれも理に叶うとは思っていましたが・・・。

個人的には、最終の1X25編成まで全部釧路の所属にするのも飛び番を避ける効率よい方法になると思われます。そして、1301~1308中間車両と1X01~1X05編成辺りを札ナホに持っていって、函ハコからも一部中間車と1X12??~1X15編成辺りを札サウに、そして1X06編成も函ハコに持っていけば製造時期統一に一役買い、これで261系1000番台も札ナホ(オホーツク・大雪専用や宗谷、富良野系統の代走)、札サウ(とかちと一部の北斗)、函ハコ(それ以外の北斗)、釧クシ(おおぞら)の4運転所所属で名実ともに北海道特急の顔になりそうです!

10676: by ナナッシー on 2021/08/07 at 22:18:58

こんばんは
10月以降に来るキハ261系のユニットは函館運輸所に配置される可能性が高いです。
ST1122とST1123、ST1222とST1223は函館に入れて、ST1107とST1108、ST1207とST1208は札幌運転所に戻すと思います。

現状特急とかちと特急オホーツク・大雪はそれぞれ3編成が必要ですので、必然的に6ユニットが使われます。
実際にハンドル訓練でキハ261系5000代が石北線に長期に渡って運用に入っていました。

予備車で2ユニットとキハ261系5000代があればオホーツク・大雪まで置き換えが可能です。
キハ281系は2022年度引退ですので、再来年3月までは活躍することでしょう。

来年のダイヤ改正はキハ183系とキハ283系が撤退すると思います。
785系はしぶとく残りそうです。

10679: by 管理人 on 2021/08/09 at 22:10:55

>>「荷41レ苗穂行き」さん、コメントありがとうございます。

最終的には「北斗」の高速化で函館方面へ投入しました。その前は「スーパーとかち」だったはずです。2階建車両を組み込むため、出力不足をカバーするための措置でした。その前が「おおぞら」主体だったと思います。

最終的には、0番台などの古い車両が釧路系統へ、比較的新しい車両が函館系統に集約されました。前者については強馬力化で何とかしのいでいましたね。その結果、晩年は編成の前後で車両が異なったり、塗装が編成内でぐちゃぐちゃだったりと、多種多様な編成が見られました。それはそれで嬉しかったです。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

10680: by 管理人 on 2021/08/09 at 22:16:14

>>「s-kamui」さん、コメントありがとうございます。

次回の増備次第で動向が見えてくると思いますが、過去のキハ183系の様子や、現在も石北特急で他線区から回されてきた車両を使っている様子から、車両は置き換えられるけれども、従前より使っていた車両を転用するという流れは変わらないと予想しています。

そうなると、「とかち」も現在と同様に初期車中心で引き続き使用していくと思います。

以前、函館に新製ユニットが配置された際、玉突きで5次車が札幌に戻されました。このような流れからも、残りは函館か釧路配置で、札幌は使い回した車両や初期車中心で運用されていくと予想します。

次回は10月に北海道にやってくるはずです。楽しみですね。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

10685: by 管理人 on 2021/08/14 at 00:01:33

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

次回が函館配置になれば、キハ281系の引退も来春で実施されそうな雰囲気になりそうですよね。予定ではもう1年残るはずですが、あくまで目安であり、これまでも老朽取替は事前の予定よりも前倒しして実施されてきました。

新製ユニット配置によって函館から5次車ユニットあたりは札幌に戻ってきそうですよね。あとは「オホーツク」・「大雪」のヘッドマークデータがどうなるか?ですよね。ステッカー対応のあたり、すぐに投入できるとは思いません。管理者はもう1年後かな~と思っています。


返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

▼このエントリーにコメントを残す