fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

またキハ281系の3両編成が苗穂にやってきた!

10月2日に再び函館から苗穂に向けてキハ281系の3両編成が送り込まれたようです。





先日確認すると、今回も苗穂運転所(札ナホ)構内の旧扇形庫付近に留置されていました。構内でこれといった動きは確認されず、数日後には函館に戻るスケジュールです。

一昨年から昨年にかけて苗穂にやってきた際は、昨年のダイヤ改正への準備のためでした。2運用中1運用で従来は札幌運転所(札サウ)滞泊でしたが、昨年のダイヤ改正を機に苗穂運転所(札ナホ)へ滞泊先が変更となりました。

理由はおそらく、快速「エアポート」等増発に伴い、乗務員及び出発前作業が札幌運転所(札サウ)ではできなくなったため、キハ281系を苗穂滞泊に変更したものと思われます。そのため、キハ281系入出区に伴う車両整備や清掃などの研修を実施する必要があり、昨年のダイヤ改正まで2度にわたって苗穂に送り込まれたものと推測します。

前回の3両編成と異なるのが中間がグリーン車から普通車に変更されていることです。それ以外は大きな変更点はなく、前回苗穂入りした際は、警笛を何回か鳴らす様子は確認したものの、依然として苗穂に輸送されてもほとんど動きが見られないというのが現状です。

中間がグリーン車から普通車に変更されているということは、来春のダイヤ改正で編成変更等が実施されるかもしれません。例えば、グリーン車なしのモノクラス4両編成にさらに減車される可能性です。

キハ281系の運用について、特急「北斗2号」と特急「北斗21号」の1往復は早朝と深夜に設定され、特急「北斗5号」と特急「北斗14号」は日中の運転ですが、シーズンによって閑散期における曜日運休対象列車です。なので、時間帯によって利用が限られず、閑散期における曜日運休の対象とはならない列車は、特急「北斗7号」と特急「北斗16号」の1往復しかないのです。

コロナ禍という昨今の状況を考えれば、むしろ4両編成でも十分です。方面は違いますが、来春のダイヤ見直し以降は、閑散期において特急「おおぞら」も4両編成になることが決まりました。

グリーン車の有無で異なってくるのは、乗降扉の扱いだったり、自動放送も取り扱えなくなります。これは、キハ283系が「スーパーとかち」で使用されていた末期、脱線火災事故で6両が焼失して予備車両が確保されなかったことから、繁忙期等を除いてモノクラス編成に変更されましたが、その際は自動放送は使用されず、乗降扉を扱う際も最後尾の車両で、最後尾の運転席が乗務員室とされ、車掌はそこで勤務する体制となりました。

2022年度末までに札幌~函館間の特急列車はキハ261系に統一されることが既に発表されており、さらにキハ261系1000番台の増備も来年度で終了することから、いずれにしてもキハ281系は来年度末までの活躍が有力で、仮に編成変更があるとしても、それはかなり貴重な末期の姿になることでしょう。

キハ281系によるモノクラス4両編成が実現すれば、管理者は有珠山噴火の際、札幌~東室蘭間の「臨時特急」以来となります。後にそれは函館本線山線を使って迂回する臨時の「北斗」に車両を回したため、まもなくして781系に置き換えられたと聞いています。


ただ、これを実現するには難しい点もあり、キハ283系の場合、運転席下に乗降扉とは別に小窓が用意されており、上記の「スーパーとかち」モノクラス時代はそこで車掌が停車駅の前後を含めて確認作業を実施していました。キハ281系にはそれがついていません。

但し、キハ281系の場合は先頭車で片側2ヶ所に乗降扉がありますが、運転席側の構造やデザインが編成側と異なっており、もしかすると、客扱いをやめて乗務員の確認作業で使用できるような仕組みになっているのかもしれません。このあたりは過去の資料を含めて多くを語られていない部分です。

対してキハ283系では、前後で乗降扉の構造やデザインに大きな変更点はないので、このあたりが気になるところです。


いずれにしても、来年度末までに営業運転から撤退するであろうキハ281系。今回の動向が気になりますね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10850: by ナナッシー on 2021/10/11 at 20:22:08

こんばんは
避難訓練で苗穂に来たと思います。キハ261系の場合ユニットで持って来ないとダメですので、1両単位で組成できるキハ281系が都合が良いのではないのでしょうか。

特急気動車はキハ261系に統一、785系置き換えはしばらく延期?みたいですし、721系置き換えは2024年度前後より実施する予定です。
安全報告書2021には優先的にキハ183系・キハ283系の置き換えと記載されていますので、キハ281系の引退は一番最後になると予想します。

キハ281系のモノクラス編成は車掌業務する上では小窓が無くやりにくいため従来通りグリーン車は連結されると思います。
キハ261系同様故障が少ないため素晴らしいクルマです。

10853: by 管理人 on 2021/10/13 at 19:03:20

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

避難訓練はここ数年は毎年8月下旬あたりに実施されていたはずです。前回苗穂にやってきた際に実施されたというのであればわかりますが、複数回車両をわざわざ函館から輸送して実施するものなのでしょうか?

ちなみに先日、キハ261系0番台は4両編成を組んで旧扇形庫付近に留置されていました。これも普段ない動きなので、もしかしたらこちらの方が避難訓練として使用された可能性が高いのではないかと思います。

来年度をもってキハ261系の増備が終わります。なので、来年度までに既存の特急気動車は全てキハ261系に置き換えられるはずです。

キハ281系はこれまでに目立った故障はありませんが、デビュー直後は推進軸脱落などのトラブルがあったはずです。道南方面で使用されており、比較的気候が温暖で雪も少ないことから、それが昨今になって故障が少なかったり、キハ283系よりも長生きできている理由なのかもしれませんね。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

10862:苗穂への転属があるのかも by 苗穂住民 on 2021/10/21 at 00:22:10

 こんばんは。キハ281系3両は10月17日に北斗88号のダイヤで苗穂運転所を出区、札幌経由で苗穂駅3番線を通過していきました。

 キハ281系は北斗から退いた後、苗穂へ転属するのではないでしょうか。(一部車両は部品取り用として保留。)所属車両となれば検査など車両関連業務も増えるでしょう。機器類は普通車・グリーン車共通でしょうから中間車は車両に余裕があるキハ280-100が研修用に使われていると考えられます。

 キハ281系の用途ですが、キハ183系が老朽化して数を減らした後、キハ261系導入までのつなぎとして石北線特急に使われるのではないでしょうか。残ったキハ183系を長持ちさせるために、春~秋限定でキハ281系を計画代走させると予想してみました。(秋は車輪の空転対策にもなると思われます。)代走に使わない時は臨時列車として使用できます。

 黄線区へのキハ261系の投入は今のところ計画には挙がっていません。いずれはキハ261系化だと思いますが、黄線区であるため簡単には置き換わらないとすれば、つなぎとして何年間かのキハ281系の使用もあるのではないでしょうか。

10867: by 管理人 on 2021/10/21 at 22:47:16

>>「苗穂住民」さん、コメントありがとうございます。

転属して石北特急に転用されたら面白いですよね。

ただ、道南方面で活躍していたことから、耐寒・耐雪構造の強化は必須です。もしくはその強化ができるのかも不明です。

強化しなければならない理由は、キハ283系が釧路方面投入に際し、キハ281系をベースに強化しているからです。豪雪地帯で使われるのですから、強化は必須項目です。

789系0番台を特急「ライラック」に転用しましたが、冬季に雪や寒さに伴う故障が多いです。二の舞にならないことを願います。

また、全国でも振り子式車両の転用例は西日本の381系ぐらいです。しかも制御つき自然振り子式車両の転用例はありません。381系のように自然振り子式で車両側の設備で完結するような車両のみ一例としてあります。

仮に転用するとなったら振り子式は取り止めになると思いますが、果たしてそれが可能なのか、そして振り子をやめたとしても部品数の多い台車を履いた車両を生かす必要があるのか、プラグドア採用が仇にならないか(ノースレインボーエクスプレスの二の舞)等の心配はあります。

事前のダイヤ見直しには記載されていない項目なので、石北特急の動向は気になりますね。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

10890:コメントを失礼します。 by トランデュノール on 2021/11/07 at 02:35:14 (コメント編集)

いつも楽しみに拝読しております。
キハ281系は、運転席に近い乗降扉の窓が開く構造になっています。先頭車でドア扱いする際には、その窓から車掌さんは顔を出して、安全確認しています。

10896: by 管理人 on 2021/11/08 at 21:45:04

>>「トランデュノール」さん、コメントありがとうございます。

キハ283系とはドアの窓の構造が異なり、気になっていた点でした。

教えていただき、ありがとうございます。

11139:キハ281系デビューまでの紆余曲折 by 龍 on 2022/02/24 at 01:38:14 (コメント編集)

キハ281系気動車はJR四国で導入された2000系気動車(1989年)の設計をベースにした振り子装置が搭載されていますが、耐寒・耐雪の観点から四国と全く同じものを北海道に導入することは困難でした。

当初は2000系気動車と同じコロ式が検討され、1991年2月にまず台車を完成させてキハ183系(当時は白地に橙と赤の帯が入った塗装)に搭載し、試運転を実施しました(この時の台車を搭載したキハ183系の姿は写真にも残っています)。氷点下20℃以下の極寒と猛吹雪の中で臨んだ最初の試験走行は、開始からまもなく振り子装置のコロ部分が動作不能になり失敗。雪対策として温水パイプや電熱ヒーターで振り子装置を温めたことが完全に逆効果となり、融かした雪が冷気に晒されたことで再凍結し、台車のより広範囲が大量の雪と氷に覆われてしまいました。

1992年1月15日、キハ281系の試作車(キハ283-901・902の先頭車2両)が日本車輌製造で落成。前回の試験の結果を踏まえて、温めて雪を融かすのではなく、雪が入り込まないように振り子装置を徹底的に覆うことにしました。従来の雪除けカバーに加え、両端や底部にも金属製の覆いを付け、隙間はゴムで密閉しました。同年3月から札幌〜網走・士別間(函館本線・石北本線・宗谷本線)で走行試験を開始しましたが、旭川から札幌に戻る途中でまたしても振り子装置が動作不能になります。台車を覆った大量の細かい雪が奥深くまで入り込み、振り子装置のカバーに凍り付いて動きを妨げていました。

振り子装置に付いた雪を削る細かい作業は手袋をしていてはできないため、雪を素手で削っては装置の動きを随時確かめていく、という途方もない作業の末にどこから雪が付き始めて装置全体を覆っていくのかを突き止めました。雪が吹き付けても、表面が滑らかであればそのまま飛ばされていくので問題はありませんが、カバーなどを固定していたのが六角ボルトだったため、角ばった頭の部分(六角形)を足掛かりにして小さな雪の吹き溜まりができ、それが大きな雪の塊に成長して振り子装置の動きを妨げていたのです。この反省から、以降は頭の形が丸いボルトが採用されています。

それでも耐寒・耐雪能力に不安があったため、同年10月8日に富士重工業で落成した試作車(中間車のキハ280-901)からはJR四国8000系電車の試作車で採用が検討されていた曲線ベアリングガイド式に変更。既存の試作車2両もこの方式の台車に交換されました。この際、振り子装置を製造するメーカーの1社が「試験のデータが足りず、このままでは安定した性能を保証できない」としてコロ式からの転換に難色を示しましたが、当時開発チームのリーダーだった柿沼博彦さんは「データは我々がやる走行試験の中で集めてください」と無理を承知で押し切ったといいます。

なお、JR四国8000系電車では最終的に曲線ベアリングガイド式は採用されず、量産車ではコロ式に戻されました。曲線ベアリングガイド式は、他にJR東海383系電車(1994年製造・1995年運転開始)、JR北海道キハ283系気動車(1995年製造・1997年運転開始)、JR西日本283系電車(1996年)、JR西日本キハ187系気動車(2000年製造・2001年運転開始)で採用されていますが、JR四国での採用は2700系気動車(2019年)が最初です。

さて、曲線ベアリングガイド式の台車を搭載した試作車3両による走行試験では、柿沼さん達の狙い通り長時間走行しても車体を順調に傾斜させることに成功しました。量産車も出揃い、乗務員訓練も始まり、走行試験も順調に最終段階に入ったと思われた1994年1月、またしても問題が発生します。走行中に車体が傾いたまま元の姿勢に戻らなくなったのです。

振り子装置に雪は詰まっていませんでしたが、念の為にヒーターで熱風を当ててみると、つっかえ棒が外れたように動き出しました。このことから、問題は振り子装置の内部にあると考え分解したところ、密閉されていたはずのベアリングの周りからシャーベット状の氷が出てきました。雪が装置の内側に入り込んだのではなく、冷たい外気に晒されている外側との温度差によって、装置の内側に元々あった空気中の水分(気体)が結露(液体)となり、これが凍り付いた(固体)ことでベアリングが動かなくなってしまったのです。

同年3月1日のデビューまであと2ヶ月しかなく、量産車24両も出揃っている状況では、根本的な設計変更をしている時間はありません。メーカーも加わって緊急の検討会が行われ、様々な意見が飛び交った末に「振り子装置の内側を潤滑油(グリース)で充填し、結露の原因である空気そのものを追い出す」という案が採用されました。通常は「摩擦熱を逃がすため、潤滑油は最小限にして空気が入る隙間を作る」という方法が取られていましたが、「振り子装置程度の動きならば摩擦熱の心配はいらない」という発想からこの案が生まれました。この改良の結果、同様のトラブルは二度と発生せず、無事にデビュー当日を迎えることができたのです。

11147: by 管理人 on 2022/02/27 at 00:48:49

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

詳しい情報ありがとうございます。大変勉強になります。実はキハ283系の特急「おおぞら」の引退が近いので、車体傾斜について雑誌を漁っていた最中だったのです。

日本の振り子式車両では、ベアリングガイド式の方が多いです。北海道の場合は説明にあったとおり、耐寒・耐雪能力のため、コロ式は採用されませんでした。四国の8000系で試験が実施されたことも雑誌で調べて書いてありました。

あと管理者の方で調べているのが振り子エラーです。「走行中に車体が傾いたまま元の姿勢に戻らなくなる」という記載の後、振り子装置の内側にあった空気中の水分の結露が、トラブルがなくなったとしても、昨今でもそれが起こっているのかどうか気になります。また、夏季にもこの問題が発生する場合があるので、その際は制御の不具合なのか、結露が原因なのか、振り子式は調べても調べても奥が深い装置だということを改めて感じます。

▼このエントリーにコメントを残す