fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

明日から再び始まるはまなす編成による宗谷線特急!

明日からいよいよ、キハ261系5000番台はまなす編成による宗谷線特急充当が始まります。

詳細は以下のとおりです。




<運転日>

A運用:11月16日18日・20日・22日・24日・26日・28日・30日/12月2日・4日・6日・8日・10日・12日・14日・16日・18日・20日


B運用:11月17日・19日・21日・23日・25日・27日・29日/12月1日・3日・5日・7日・9日・11日・13日・15日・17日・19日・21日



上記のとおりとなります。

特急「サロベツ4号」と特急「サロベツ3号」は、閑散期における曜日運休対象列車です。そのため、11月16日と18日については運休となり、はまなす編成は充当されません。両日ともはまなす編成は下りの特急「宗谷」のみ充当となります。

それ以外の日程及び列車については、通常どおり充当されます。

12月21日までおよそ1カ月間、休むことなく連日宗谷線特急の運用に入ります。これまでの様子をみていると、当初の運行スケジュールを全てこなしたことはなく、途中で所定のキハ261系0番台が充当されたりしています。今回もその可能性がありそうですが、宗谷線特急としては魔の12月が控えており、はまなす編成が加勢して乗り切るようです。

なぜ魔の12月かというと、数年前まで12月といえば、宗谷線特急は代走のオンパレードでした。2運用ありますが、どちらも代走に入ることもあり、2016年度までは、「スーパー宗谷」は連日代走になるし、特急「サロベツ」も所定編成が組めなくなるしで悲惨な状況でした。昨年も12月ははまなす編成が加勢しており、やはり12月は所定編成に加えて、動員できる編成を増やした体制で挑むようです。

このほか、ノースレインボーエクスプレスや先日のようにキハ183系一般車もまだ代走で使用できる車両数が確保されているようで、キハ261系0番台は、稚内方ユニット1本、札幌方ユニット2本、ノースレインボーエクスプレス1本、キハ183系一般車(少なくとも1本)をほかに待機させて、万全の予備車両の体制を築くようです。

ラベンダー編成については、現在は一部が苗穂工場に入場中であり、12月上旬から函館方面の特急列車に充当予定なので、8月のようにはまなす編成の代走として使用されることはなさそうです。









これまでのはまなす編成の活躍ぶりをみると、宗谷線特急の充当が一番多いのではないかと思います。今冬こそは、4枚目の写真のように雪の中を走るはまなす編成をたくさん撮影したいと思います。

一度体験しましたが、はまなすラウンジも快適で最高でした。冬は旭川方面へ何度か行こうと思っているので、帰りの特急「宗谷」にて、再び堪能できたらと思っています。

ということで、明日から始まるはまなす編成による宗谷線特急。楽しみです!!












↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10905: by オオゼキ on 2021/11/17 at 00:47:17

いつも楽しく読ませていただいているオオゼキです。はまなす編成およびラベンダー編成はjr北海道の車両として大活躍していてとても嬉しいです。特に、安心安全のキハ261系5000番台が今年は2編成あり、冬の列車の安全安定をより実施しやすく、利用する方にとってはとても良いことだと思います。

話が変わりますが、1ヶ月ほど前親と将来の生活や人生設計について真剣に考えました。その結果、実家から遠く離れた北海道であまり良くない給料の会社で働くのは厳しいという結果になってしまいました。そのため本当はjr北海道で働きたいものの、第一希望の会社は他社にせざるえませんでした。しかしながら、自分の就活の軸は”人々の移動を支える”であり、jr北海道の使命とも重なると思います。そのため、第一志望はjr北海道以外の他社になってしまいますが、自分の就活の軸が実現できる、会社に頑張って入れるように頑張ります。最後に、就活が終わり次第またjr北海道の汽車に乗りに行きます。

10908: by 管理人 on 2021/11/17 at 22:40:36

>>「オオゼキ」さん、コメントありがとうございます。

JR北海道の就職状況をみると、数年で退職するケースが多く、新人が少なくて中堅クラスの人間が多く残っている感じだったと思います。

以前ニュースサイトで夕張市並みの水準と書かれたり、就活生に悪い印象を与えてしまったことは否めません。石勝線脱線火災事故を経験していない、要はそれ以降に入社した社員が全体の半数を超えているということで、この10年で人がガラリと変わって、世代交代が一気に進んでいると思います。

確かに入社後は厳しく、駅業務になれば朝は早いし、そのクセ給料は低いです。これで離職してしまう若手がほとんどです。どんな人間でもほぼ採用傾向にありますが、逆に変な人間を受け入れてしまうことにほかならず、数年前から鉄道ファンが入社して情報を漏らす行為も目立ちます。酷い輩については既に去った人間もいますよ。

人が足りないから雇う、かといって全てを受け入れてしまえば、変なのも入社してしまうので、そのあたりの基準が難しいですよね。

いずれにしても、”人々の移動を支える”という希望する就職先に向けて頑張ってくださいね。

▼このエントリーにコメントを残す