fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

生まれ変わる苗穂駅南口

今回は苗穂駅南口の話題。

駅舎移転直後は更地だったのに・・・。





今は苗穂駅の南口昇降棟に挟まれる形でタワーマンションが建設中です!!

それにしても高い!!

苗穂運転所(札ナホ)や苗穂工場を見下ろせますよ。羨ましい分譲マンションです。

駅とマンションが通路で繋がり、北口の通路にも繋がっています。入居してしまえば、外に出ずにアリオ札幌に行けるし、苗穂工場や苗穂運転所(札ナホ)の様子は見放題だし、下りの特急「宗谷」が代走になっても、すぐに撮影に出かけられるし、もう最高の物件です。

最上階もいいですが、鉄道の様子を見ながらだと、7階、8階あたりがベストだと思います。管理者はお金があったら間違いなく契約しています。JRもあって札幌中心部から距離もありません。すぐに完売するでしょうね。

もしかしたら既に完売しているのかもしれませんけど。

このように、北海道の鉄道の聖地苗穂が大きく生まれ変わろうとしています。


そして、2枚目の写真の左手には、すぐそこまで北海道新幹線の留置線が延びてきます。札幌駅まで延伸した際は札幌には車両基地は設けられず、留置線のみが設けられます。車両基地は函館新幹線総合車両所のみとなります。現段階で新函館北斗までしか開業していないことや、札幌にはスペースの関係上設けることが困難なためでしょう。

なので引き続き、苗穂駅の南口周辺は大きく生まれ変わります。現在は在来線の南側が高架に隣接して建物が設置されておらず、駐車場などの用途で使用されているケースがほとんどで、将来的にはその建物と在来線の高架の間に留置線が設けられるはずです。


鉄道の話題ばかりで、あまり取り上げられることがない苗穂駅周辺の様子。機会があれば一度周辺を散策してみてくださいね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10919: by おもてなし on 2021/11/23 at 20:38:35

在来線の南側、北5東3のJR経営の駐車場を借りていましたが来年3月で閉鎖になるため他に移りました。高架下の他駐車場も同じ状況です。留置線の工事準備が進みますね。

10921:新幹線札幌駅の東側 by 苗穂住民 on 2021/11/24 at 00:55:38

 こんばんは。苗穂駅南口周辺は日々変化していますね。

 北海道新幹線の札幌駅の東側は留置線のみではないようです。環境影響評価準備書(2000年に公開)には札幌車両基地と保守基地が記載されていました。また、RJ誌の4月号によると、車両基地は高架式、着発収容線(留置線)2線、通路線1線、仕業融雪線2線、車両基地の東側に保守基地の計画となっています。折り返し列車や滞泊列車の整備や留置の他、仕業検査も行うようですね。

 東8丁目アンダーパスと札幌厚生病院の間にあった2社の土地が既に更地になっており、車両基地に関連しているようです。線路沿いのJRの月極駐車場は新幹線工事支障で今年度迄の使用となっていて、来年度には工事が始まりそうです。東8・9丁目が車両基地、東10丁目が保守基地になるものと思われます。

10925: by 管理人 on 2021/11/24 at 23:22:41

>>「おもてなし」さん、コメントありがとうございます。

教えていただき、ありがとうございます。新幹線建設準備が駐車場利用者にも影響が出始めているんですね。

厚生病院と線路の間の駐車場も駐車台数がここ数年減っているのは確認していました。もしかしたら病院関係者の駐車スペースなのかもしれませんが、月極等であれば、新規利用を停止し、ほかの駐車場へ流れていることが伺えます。苗穂周辺の風景も一気に変わりそうですね。

10927: by 管理人 on 2021/11/24 at 23:32:36

>>「苗穂住民」さん、コメントありがとうございます。

詳しい情報をありがとうございます。てっきり夜間滞泊ぐらいの設備だけかと思っていましたが違うんですね。

ということは、屋根つきで整備される可能性もありますよね。冬季の夜間滞泊は雪の影響も受けますから、そうなると管理者の想像をはるかに超える施設が苗穂界隈にドドーンとできそうで楽しみです。

10933: by シニアパートナー on 2021/11/25 at 12:51:31 (コメント編集)

ご無沙汰しています。
苗穂周辺変わりましたね。コロナ禍で、もう2年以上帰省していないので、変化に驚くばかりです。
鉄道整備機構のHPでは、「札幌車両基地」との名称で関連入札予定が出ています。コメントされている通り、ある程度の規模になるようですよ。

10944: by 管理人 on 2021/11/29 at 23:34:57

>>「シニアパートナー」さん、コメントありがとうございます。

お久しぶりです。管理者も数週間に一度行くだけですが、それでも急ピッチで再開発が進んでおり、高層マンションの出来具合というか建設スピードには驚きますよ。

北側では既に病院も開業しています。通路をつなげなかったのは残念ですが、ホントにいわゆる「コンパクトシティ」の事例の1つになるぐらい機能が集約されています。

札幌車両基地について情報ありがとうございます。いつも助かります。新幹線の方は札幌駅の北側で工事が進ちょくしているだけで、あとは商業施設アピアも来年?で営業終了になったはずです。基地についての工事はまだ始まっていませんが、現在駐車場になっている場所では、撤退するよう知らせが入ったとのことで、こちらも近い将来工事が着手されると思います。

苗穂はまだまだ変わります。楽しみですね。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

10998:北海道新幹線・札幌車両基地 by 龍 on 2021/12/25 at 21:32:44 (コメント編集)

鉄道建設・運輸施設整備支援機構は2021年12月24日、プレスリリースで北海道新幹線の札幌駅以東についての工事概要を発表しました。工事名では「札幌車両基地」という表記が使用されています。別紙資料によると、高架橋は苗穂駅南口付近ギリギリまで届く長さで、留置線は3線分が敷設されるようです。

工事場所…北海道札幌市中央区北5条東地内〜北3条東地内

(1)工事(業務)名…北海道新幹線、札幌車両基地高架橋工事に係る技術協力業務
・工期…令和4年5月頃から12か月間を予定
・内容…技術協力業務:一式(現地踏査・技術提案・設計の確認・施工計画の作成・技術情報等の整理・全体工事費の算出など)

(2)工事(業務)名…北海道新幹線、札幌車両基地高架橋
・工期…令和5年6月頃から令和10年3月までを予定
・内容…高架橋・橋りょう:延長1,340m。建築上屋・防雪上屋:24,500平方メートル。上記に伴う仮設工事等。

また、アリオ札幌の直近にある「東9丁目踏切」は国土交通省による「改良すべき踏切道」に指定されています。函館本線と千歳線の複々線区間のため列車の本数が多いことに加えて、苗穂駅の留置線や苗穂運転所・苗穂工場に回送されてくる列車もあるので長時間遮断器が下りており、歩行者や自動車が渡り切らないうちに遮断器が下りて閉じ込められてしまい、列車が緊急停止してダイヤが乱れる原因にもなっています。札幌市ではこの踏切から北ガスアリーナへ抜ける約600mの迂回路を整備し、それが完成次第、この踏切を2023年3月までに閉鎖するとしています。

11002: by 管理人 on 2021/12/29 at 22:53:54

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

ちょうど1ヶ月前に鉄道整備機構のHPに「札幌車両基地」で入札が出ていると教えていただき、それで留置線のみならず、車両基地が設けられると知った次第です。

以前までは札幌は留置線のみ設けられる計画だったはずですが、変更したようですね。車両基地となればある程度の規模になるはずで、そもそもが苗穂界隈まで伸びるはずでしたから、苗穂周辺も大きく変わりそうです。

東9丁目踏切は、時間帯によっては遮断機が上がらないですよね。本州から比べたら大したことなさそうですが、苗穂駅があるのでその影響が非常に大きいです。付近はこの時期になるとアリオ札幌への車で渋滞するので、それを緩和するためにも迂回路を設けて踏切は撤去した方がよさそうですよね。

ついでに白石駅前の踏切も遮断機が下りている時間が長いです。過去に苗穂寄りの踏切は同様の理由で撤去されていたはずですよね。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

▼このエントリーにコメントを残す