fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

日高本線の鵡川~様似間廃止に伴って廃止された日高本線・本桐駅

今回は予約投稿記事です。

日高本線の本桐駅について。「ほんきり」と読みます。







それにしても、日高本線はローカル駅にも関わらず、道北方面とは違って立派な駅舎を有する駅が多いです。道北方面は仮乗降場から昇格した駅が多いので、扱いも粗末なものが多いですが、やはり当初から一般駅として開業した駅は扱いが違いますね。





静内駅などとは違ったローカル駅ですが、1面2線で交換設備を有していました。静内以南では唯一交換可能な駅となっており、ここから様似までは、夕張支線の晩年のように1閉塞となり、1つの列車しか入線することができません。

晩年における日高本線の交換可能駅は、鵡川駅、日高門別駅、静内駅、本桐駅の4箇所だけのはずです。以前は交換設備を有する駅がたくさんあったそうですが、少なくとも1980年代~1990年代あたりまでには設備も既に撤去されていたようです。

先日調べたところ、日高本線の存続区間である苫小牧~鵡川間についても、鵡川駅が鵡川~様似間の廃止に伴って旧1番線を廃止したようで、日高本線から完全に交換設備がなくされたようです。


この本桐駅は、静内駅と様似駅のほぼ中間に位置し、晩年のダイヤを確認すると、ほぼ同駅で交換するダイヤが組まれていました。1990年代のダイヤを確認してもその体系は変わらず、交換設備が少ない分、同駅が特に重宝されていたようです。





駅前の様子です。6枚目の写真の奥が美河三石停車場線となっており、ここに出ればもっと集落や店があります。

本桐駅も日高本線らしくない内陸の駅で、周辺は集落となっており、牧草地でもありません。管理者としては不思議な光景でした。

続きます。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す