fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

日高本線の鵡川~様似間廃止に伴って廃止された日高本線・浦河駅

今回は予約投稿記事です。

日高本線の浦河駅についてです。









日高本線の中では静内駅に次ぐ規模の大きい駅で、静内駅管理の社員配置駅でした。静内駅と同様、たとえ列車が来なくても窓口に社員が勤務していました。

駅舎が国道から真逆側で少々不便な駅でした。自動車か国道側から跨線橋を使って駅へ行き来する形になりますが、写真の跨線橋は老朽化が著しいため、12月27日(日)から立入禁止になることが浦河町のホームページで紹介されています。

規模の大きい駅でありながら、晩年は1面1線の棒線駅でした。かつては2面3線を有する交換可能駅で、日高本線の優等列車、急行「えりも」も停車した駅でした。そのため、駅構内は1面1線の割には広く、当時の面影が少なからず残っています。



最後は写真展的なものが駅舎内で実施されており、このような写真も。

今となっては危険行為としてネット上で晒されるだけですが、当時は安全基準が緩く、列車が来なかったらこうしたことも許された時代。いつから線路に立ち入ったらダメという風潮というか、社会になったのでしょうか?流行語などと同じで、いつからその流れができたのかがわからないですよね。

現代ではできない、ある意味価値のある1枚だと思います。






国道側はこのような感じ。中心市街地から離れているので、周辺は消防署以外あまりないです。



中心市街地は、美瑛駅前のように電線がない美しい街並み。夜景の画像を探してみるとやはり美しいです。いずれは撮影してみたいです。

ほかにも浦河桜まつりなどの情報があって、春先がけっこう面白そうです。これは春先は日高方面へドライブですかね??

浦河まで来たら、様似まであともう少し!!東町、日高幌別、鵜苫、西様似、様似の5駅です。

紹介し終えるのに年末までに終わりそうです。続きます。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
10992:日高の中心なのに。 by 天寧 on 2021/12/21 at 18:45:14 (コメント編集)

こんばんは。
浦河町といえば日高振興局の置かれた日高地方の中心都市ですよね。なのに棒線駅とはスゴイと気付いたのは今から33年前の1988年9月。
1991年にソビエトの日本海側の都市、ワニノに行ったことがありまして、あそこも大都市の中心駅で駅舎も白亜の堂々としたものでしたが、棒線駅でビックリでした。それを思い出します。

線路内に入ることが社会的に許されなくなったのは2000年代に入ってからだと思います。2001年6月にデビューしたての「スーパー宗谷」に乗った際、終点の稚内駅のかつての2番線で、ファンも車掌も一緒になってホームから線路に飛び降り、線路上で記念写真を撮り合ったことがありました。昔はおおらかだったと言えば確かですが危険なことは確かなので本来避けるべき行為ですよね。

10995: by 管理人 on 2021/12/22 at 00:47:16

>>「天寧」さん、コメントありがとうございます。

主要駅で棒線駅というのは珍しいですよね。日高本線だと新ひだか町に含まれるはずだった新冠駅も棒線駅となっており、管理者としてもあまり見ない光景に驚きました。

拠点駅の棒線化は進んでおり、最北の稚内駅も1面1線になりましたし、留萌駅も2面2線構造のはずですが、現在は1番線のみ使用で、跨線橋は封鎖されているとのことです。観光需要が多く、早朝・深夜を除いて特急が停車する大沼公園駅も棒線駅です。

特急列車も主要駅で交換設備を有するものの、エスカレーターやエレベーター設備がない関係で棒線然として使用している駅もあります。石勝線・根室本線の追分駅、新得駅、芽室駅、池田駅なんかはこれに該当します。

こうして違った見方をすると、拠点駅でも使用する設備の縮小や設備上の理由で縮小利用せざるを得ないこともあります。

昔は写真のような行為が許された時代だと思いますが、それがいつしか禁止に。確かに安全上を考えると危険行為ということは言うまでもないので、本来はダメですよね。それを周囲が黙認している良き時代でもありました。

時代は変わるので仕方ありませんが、寂しさも感じる1枚だと思います。

▼このエントリーにコメントを残す