fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

12月21日でキハ261系5000番台はまなす編成の宗谷線特急充当が終わる

11月16日から実施されていたキハ261系5000番台はまなす編成による宗谷線特急の充当が、12月21日をもって終了しました。

期間中、鹿との接触で車輪に規定値以上の傷をつくってしまい、キハ261系0番台での代走もありましたが、昨シーズンのように鹿が大量発生して窮地に陥るまでには至りませんでした。12月17日は宗谷本線の雄信内~南幌延間の踏切で設備の点検を実施したことにより、はまなす編成充当の上りの特急「宗谷」が1時間45分遅れで札幌駅に到着。その日は深夜から早朝にかけてドカ雪にも関わらず、翌日は15分遅れで稚内を目指したようです。

残念ながら、一昨日も車輪に規定値以上の傷が見つかり、特急「サロベツ1号」と上りの特急「宗谷」が運休となり、営業列車として札幌に戻ってくることはできませんでした。

その後情報はありませんが、本日中までには札幌に戻ってくるはずです。そこから、車輪の整備を行い、3日後の特急「とかち9号」から再び使用されます。

今回は特急「サロベツ」を中心に撮影してきました。







旭川駅現駅舎10周年記念の展示会の際は網走方面からやってきたキハ261系5000番台ラベンダー編成との並びが見れたり・・・



特急「宗谷」のヘッドマークを掲出しているシーンは士別駅発車後の1回だけ・・・



旭川駅での並びも撮影してきました。車体形状は塗装を除いてほぼ同じに見えますが、「電車」と「気動車」という大きな違いがあります。いずれは明るい時間帯でリベンジです。



今回の運行期間中に一番撮影したかったのがコレ。夏季でもなかなか撮影できないんですよ。

深夜の札幌駅で特急「オホーツク4号」と上りの特急「宗谷」が並ぶシーン。前者が2番線、後者が3番線に到着します。時刻表上で4分差で到着するので、3~4分程度並びます。

特急「オホーツク4号」が数分遅れた場合ぐらいしか見られず、同列車の遅延が10分以上になれば、ほかの番線に変更され、2番線は室蘭からの普通列車(キハ143形)の発着に使われます。旭川駅の時点で特急「宗谷」の後続になった場合だともうほぼ不可能です。

長距離を走行するため、夏季でも遅れが発生しやすい両者。365日中、まともにこの並びが見られるのは何日ぐらいでしょうか?管理者も何回かチャレンジしますが、失敗することが多いです。

なので、2日に1回見られる光景ですが、実はなかなか撮影することが難しいシーンでもあるんですよ。今回は一発で決まったのでラッキーでした。秋頃のラベンダー編成充当の際は、特急「宗谷」で遅延が発生したため、特急「オホーツク4号」の回送列車が先に苗穂へ帰ってしまったため、見ることができませんでした。

残念ながら、最後の最後で車両不具合が発生してしまいました。後日別記事でお伝えしますが、12月26日(日)から、札幌~帯広間で再び使用されます。同日の特急「とかち9号」から使用されることになりますが、車輪に傷をつくり、整備し直すまでに数日時間を要することから、もしかしたら当初の予定の26日からは運用に入れないかもしれませんね。

今回のような事態に備えて、定期特急列車に再び充当させる際は、もう少し期間を空けた方が良いと思います。はまなす編成は次回からしばらくの間、帯広方面や函館方面へ。1日片道1本の運転になるので、久々に余力ある運用に就けそうです。









↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村


人気ブログランキング

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す