fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

迅速な除雪作業に感謝!!

連日ドカ雪に見舞われている北海道。特に今回は道央圏がドカ雪の影響で交通がマヒしており、JRの運行状況は全国ニュースで取り上げられるほど大きな打撃を受けています。

12日は除雪作業を実施してもしても追いつかず、結果的に千歳線の札幌~新千歳空港・苫小牧間が終日運転見合わせになるという異常事態に。北陸・信越方面なら慣れているのだと思いますが、北海道の場合は雪質がパウダー状で除雪をするにしても、雪に重みがないので、スコップで軽くすくい上げることができます。しかし今回は、気温が上昇したため、湿性の雪が降り積もり、量と重さから除雪作業が難航しました。

おそらくこの2日間は、夜通しで除雪作業を実施されているはずです。それでも容赦なく雪が降り積もり、本日21時以降、札幌駅から出発する列車の運転を取り止め、除雪作業を実施するようです。昨日もそうでしたが、ポイント不転換となり、ポイント部分に雪が溜まってもうどうしようもないのでしょうね。

ポイント部分の対策はJR北海道も毎年実施していますが、さすがに限度があります。今回のような規格外の雪が降るとさすがに対応しきれません。全国あるあるですが、昔のセンター試験時代(現在は大学入学共通テスト)から、当日は悪天候によって交通機関がマヒします。残念ながら、今年もそのようになってしまい、受験生への影響は避けられないでしょう。

明日もJR北海道では、一部列車の運休や遅れが発生するということで、大学入学共通テスト受験生の方は、こまめに運行情報の確認が必要です。


そして今回は、JR北海道のホームページでも取り上げられていた上野幌駅について。除雪作業の様子が写真でアップされていましたが、夜通し除雪作業が実施されてどうなっていたかというと・・・。









写真は昨日撮影分です。昨日は間引き運転ながらも、終日運転見合わせとなった千歳線も一転して、列車の運行が実施されていました。





ほぼ連続で普通列車が到着し、運用変更なのか、間引き運転の影響かわかりませんが、日中の一部の普通列車は6両編成で運行されていました。千歳線の普通列車は早朝・午後、深夜で6両編成が見られますが、午前中から午後にかけては見られなかったはずです。

こういう写真を見ていると、鉄道という公共交通の大切さがわかります。ただ、それが残すべきという理由ではなく、不採算路線については将来的にどうするべきか考えなければなりません。札幌圏のように、将来的に安定した利用が見込める場合にだけ言えるのです。



間引き運転ながら、快速エアポートも運行再開していました。札幌圏では一番大事な列車ですよ。快速エアポートが動かなかったら、ほかの列車も基本的に動かないと判断してもいいと思います。それぐらい大事な列車です。


それにしても、JR北海道の除雪等の迅速な対応には凄いです。札幌市内であれば地下鉄という代替手段がありますが、それを越えてしまうと、やはりJRになってしまいます。新千歳空港なんかはバスもありますが、それでも輸送力・所要時間が圧倒的に違います。やはり、札幌圏はJRがなくては困ります。

こんなドカ雪で大変な状況の中、列車の運行ができるのは列車の運行を支える方々のおかげです。特に除雪作業に携わる方々には感謝しかありません。本当にありがとうございます。


最後になりますが、管理者もこれから再び除雪作業に行ってきます。コメントをたくさんいただいていますが、早ければ本日深夜、遅ければ明日中までに返事をしたいと思いますので、よろしくお願いします。









↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11024: by ナナッシー on 2022/01/15 at 21:48:19

こんばんは
そんな中北海道新聞社はJRの運休に対して代行輸送が無いことについて問題視しています。
道路事情も悪く大渋滞によりバスに遅れ・運休が発生しているの知らないでしょうかね。

状況が状況ですので、運休・遅れでも運行していることに感謝しなければなりません。
不要不急の外出は控えれば済むでしょうし、テレワークができるのであれば是非実施して貰いたいです。
乗車できないことに対して逆ギレはホンマにアホです。

11029: by 管理人 on 2022/01/17 at 00:10:17

>>「ナナッシー」さん、コメントありがとうございます。

北海道新聞は何かとケチをつけてJR北海道を批判したいだけですから、それは無視してもかまいませんよ。

復旧できたことだけでも大変有難いことです。

交通機関がマヒすることは、雪国では想定しなければなりません。それを事前に予想して我々は行動しなければなりません。それができなければ、北海道には住めませんよ。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

11031:6両編成の電車 by 苗穂住民 on 2022/01/17 at 13:43:05

 こんにちは。

 14日の12時台に札幌駅に立ち寄りましたが、改札口の電光掲示板に表示されていたのは新千歳空港行きのエアポート1本だけでした。札幌駅構内のポイントを固定して運行していたかもしれません。

 13日の運行情報では、1734Mの札幌~千歳間が運休(以降も2783Mまで運休)だったので、札幌駅で分割しないで6両のまま銭函迄回送(所定では後ろ3両が回送)してほしみから2742Mとして2799Mまで運用したと思われます。札幌で分割する列車は他に2123M、1730M、1740M、155Mがあり、運行情報で分割後の一方が運休になっていて、他方が運行であれは6両編成で運行の可能性があります。16日の1757Mは6両でした。149Mが運休になっていたので1740Mが分割されなかったようです。運行本数の削減や分割作業の省略になるので、ダイヤ乱れ時や間引き運転時に有効だと思います。

11033: by 管理人 on 2022/01/20 at 23:41:59

>>「苗穂住民」さん、コメントありがとうございます。

当日は普通列車や特急、快速エアポートも1本ずつの表示で、とにかく現場でもいつどの列車が入線してくるのかわからなかったと思います。札幌駅構内でポイント不転換も相次いでいたみたいで、ここまでドカッと降られると対応できませんよね。

詳しい情報ありがとうございます。運休が多数発生していたので、札幌駅で分割を実施しない列車や運用変更が生じた列車があったと思います。当日は天候が天候で交通もマヒしていたので、列車に乗っている人は普通列車は少なめでしたが、間引き運転時は反ってそれが乗客増に対応できるので有効ですよね。おそらく間引き運転時のマニュアルなどもあらかじめ用意されているのだと思います。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

11035: by 龍 on 2022/01/21 at 00:26:26 (コメント編集)

札幌市内では路線バスも大変でした。道路脇の雪山と凍結してデコボコ状態の道路のせいでバス同士がすれ違うことも交差点を右左折することもできず大渋滞となり、仕方なく付近にある車線の多い道路を迂回して走っているところもありました。運転手が道を間違えたわけではないのに、路線バスが所定のルートから外れて走るなんて聞いたことがありません。

11036: by 管理人 on 2022/01/22 at 01:03:09

>>「龍」さん、コメントありがとうございます。

札幌は大きい道路も凸凹で日々大変ですよね。排雪が間に合わず、幹線道路は渋滞が発生して路線バスは軒並み遅れが生じています。

今晩から明け方にかけて雪が降りますが、アイスバーンの上に雪が積もるので、スリップ事故が増えそうです。コロナも急増しているので、この週末はいいことがなさそうです。

▼このエントリーにコメントを残す