fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

キハ261系5000番台ラベンダー編成が網走方面の定期列車で使用開始

キハ261系5000番台ラベンダー編成が網走方面の定期特急列車で使用中です。



先日森林公園駅で撮影してきました。気になるヘッドマークは昨年5月に運行された際と同じくステッカータイプでした。各方面の定期特急列車としても使用するラベンダー編成ですらLEDタイプのヘッドマークが用意されていないとすると、石北本線へのキハ261系投入は視野に入れていないのかもしれません。

ステッカーは、シャッタースピードを気にしなくて良いので、それはそれで有難いです。



通常はキハ183系が使用される石北特急。一部車両を除いて、充当車両は重要機器取替工事を終え、変速機やエンジンが換装されています。エンジンはキハ261系1000番台と同タイプのものが1機搭載されています。一応2022年度末でキハ183系も置き換え計画となっていますが、機関換装などを実施しているので残るのでしょうか?

しかも、後日記事で掲載したいと思いますが、ここにきてヘッドマークや塗装の復刻まで実施します。あと1年程度しか活躍しないキハ183系が、果たしてここまで大がかりなことをするのでしょうか?この先残るのでしょうか?

気になる点がたくさんあります。


キハ261系5000番台の石北特急充当は過去に何回かありましたが、通常のキハ183系と同様に運用を組むのは初めてです。以前は特急「オホーツク1号」と特急「大雪4号」に充当し、回送区間を含めて札幌~網走間1往復の運転でした。今回から日によって石北本線の旭川~網走間を1.5往復し、さらに札幌~旭川間を片道運行するハードなもの。それでも、キハ183系同様に途中で給油することなく走れるというのが、今回初めてわかったことです。

もう何回か特急「オホーツク2号」を撮影していますが、超定時刻で運行しています。通常のキハ183系のダイヤをキハ261系で走らせているのですから、余裕といえば余裕ですよね。


今回のラベンダー編成の石北特急充当は、流氷観光に合わせて投入されています。昨日24日に網走市で流氷初日を迎えており、29日から網走と知床斜里を結ぶ「流氷物語号」の運転も始まります。

以前は札幌~網走間に「流氷特急オホーツクの風」が定期列車のほかに1往復設定されていましたが、ここ数年は運行されておらず、定期列車の増結で対応していました。その増結も一部列車のみ実施され、特急「オホーツク1号」から始まり、翌日特急「オホーツク2号」までであり、そこから所定の編成に戻されて特急「オホーツク3号」から再度運用に入るという流れでした。

今回から定期列車のダイヤを使って、観光用の車両を定期列車として走らせ、定期列車+観光列車としての要素も加え、さらに偏りがないよう、日に寄って充当列車は変わるものの、数日おきに全ての列車に充当させる方針となりました。利用減少や輸送コスト低減を考慮すると、理にかなった運行方法です。

ラベンダー編成充当は2月26日まで連日続きます。その間に車両トラブルだったり、悪天候によって運休を余儀なくされた場合、運用変更によって、充当予定の列車が変更されたりします。冬の北海道は何があるかわからないので、天候が良い日をめがけて乗車する日を決めるのが無難かと思います。

北海道も明後日からまん延防止等重点措置対象地域となります。乗車する際は感染症対策を十分実施したうえで乗車してくださいね。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11043:初めてコメントします。 by オヤジ on 2022/01/26 at 05:24:32 (コメント編集)

いつも楽しく見させて頂いております。
今回もステッカー幕になっていて残念でした。
自分の憶測ですが、将来的に大雪の廃止があるんじゃないかと思いました。石北特急を全廃するのは
さすがに難しいと思います。地元自治体の猛反発がありますし、札幌-網走間だけ残せば石北線が赤字でも
札幌-旭川間の利用も兼ねるのでまだ走らせても意味があるんじゃないかと思いました。そうなると大雪のLEDマークの設定を今用意しても無駄な出費になるので
今時点ではオホーツク大雪分は用意していないのではないかと思いました。幕がオホーツクだけあって大雪が無いとやはり大雪は無くなるんじゃないかと誰もが予想して混乱を招くのを防ぐためじゃないかと勝手な憶測ですが、思いました。減便すると地元はすぐにまた反発します。LED幕の設定だって外部に施工してもらうと思うので、今あるキハ261全車施工するとしたらやはり以外な費用(100万単位)は出費として出ると思います。経営難だと少しでも切り詰めないとどんな会社でも後に問題になるし特にJR北海道は国や道の支援を受けている以上税金を使っているので無駄な出費は御法度だと思います。今はネット社会なのでこう言うのをよく見ていて指摘する方もいらっしゃると思います。なので今回もステッカー幕での対応だったのかなと思いました。長文失礼しました。

11050: by 管理人 on 2022/01/28 at 23:55:15

>>「オヤジ」さん、コメントありがとうございます。

あとは、石北特急はキハ261系1000番台やキハ261系5000番台投入路線の中で、ほぼ唯一単独で維持困難な路線です。宗谷本線も名寄以北がこれに該当しますが、1000番台製造当初から「スーパー宗谷」のヘッドマークが入れられていたことや、5000番台の投入背景に0番台の代走用途という特殊な条件もあり、こちらはヘッドマークが用意されています。

石北特急が数年で廃止することはないにしても、将来的にやはり路線そのものの存廃問題が関わってきます。なので、今のところは様子見といったところでしょうか?

JR北海道のデータでいわゆる黄色線区となっており、黄色線区にはそうした新車は投入しないという見方もありますが、逆にH100形は旭川~上川間で3月からほぼ全ての列車に投入されます。

要はあくまでも目安で、運用の都合などによってはそういうこともあり得るので、現段階で判断は難しいです。

ただステッカーのままだとステッカーを大量に用意しなければならず、運用変更が発生する都度、貼ったり剥がしたりしないといけません。いずれにしても、現段階でステッカー対応というのは、石北特急の将来が気になる点であります。

返信が遅くなり、申し訳ありませんでした。

11052:お久しぶりです✨😸 by s-kamui on 2022/01/29 at 19:08:48

マークに関しては1000番台、そして5000番台にせよ、まだ261系が石北線系統特急に正式に営業運転に入っていないことも理由に有るでしょう。5000番台運用時も自動放送やインフォメーションボードを作動させていないわけで・・・。

行く行く1000番台も試運転の後に正式に営業運転に入るのも時間の問題に相成るでしょうから、その頃になればマーク、自動放送、インフォメーションボードも活用され、見たかった「オホーツク「大雪」のマークも見られる様になるのでは無いでしょうか❔❔

11059: by 管理人 on 2022/01/30 at 23:34:23

>>「s-kamui」さん、コメントありがとうございます。

お久しぶりです。

今後の動向についてさっぱりわかりませんが、キハ261系が投入されている路線や特急との違いは、不採算路線であるか否かです。

宗谷本線も一部該当していますが、既に使用されていたことや、5000番台が代走でも使用する前提で製造されていましたから、これを除けば、違いはそこだけです。

元々投入予定になかった「スーパー宗谷」や「スーパーおおぞら」などのヘッドマークがキハ261系1000番台初期車製造時から入っていたことを考慮すると、そろそろ入れておいても・用意しておいてもおかしくはないはずです。

キハ183系はいずれ置き換えられるはずなので、おそらく変化はあるはずです。そのときを待ちたいと思います。

11081:キハ183系の置き換え by 苗穂住民 on 2022/02/04 at 00:29:26

 こんばんは。

 キハ261系7次車67両はキハ281系・キハ283系の置き換え用ということになりそうですね。キハ183系は年々数を減らしているとはいえ、置き換えられている訳ではないようです。今後もキハ261系の増備があればキハ183系も置き換えになりそうです。H100形が3月改正で旭川~上川間に本格的に投入されますので、石北線特急もいずれ更新になるとは思いますが、発表はされていませんので先延ばしということも考えられます。先例からキハ183系を経年36年で廃車とするなら2022年度には34両中10両が該当することになるので、何らかの動きがあると思います。残り24両(グリーン車無し)で更に2年程度走らせるか、余剰になるキハ281系・キハ283系を活用する(キハ183系は玉突き式に置き換え)ことになりそうですが…。

 昨年12月にキハ283-19とキハ282-2008が苗穂運転所に来ました。これらが転用準備なのか、転用を検討しているのか、あるいは別の理由によるものなのか、気になる所です。

11084: by 管理人 on 2022/02/05 at 00:37:25

>>「苗穂住民」さん、コメントありがとうございます。

石北特急にキハ261系を投入する場合、次回の増備車を含めても足りないと思うのです。老朽取替計画ではキハ183系は来年度になっていますが、詳細が気になります。

キハ283系が苗穂運転所に来たというのは非常に気になりますよね。転用されれば、制御つき自然振り子式車両で初の転用例になります。ただ故障が比較的多いと聞くので、仮に石北特急で転用されるにしても、そうした心配はあります。

▼このエントリーにコメントを残す