fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

RSS

キハ183系による特急「オホーツク」のヘッドマークが1980年代物へ復刻へ

昨今は流氷観光シーズンで、キハ261系5000番台ラベンダー編成もこれに合わせて特急「オホーツク」・特急「大雪」に投入されており、2月は特に話題が豊富な石北特急。

明後日1月29日から、特急「オホーツク」で1980年代に使用されていたヘッドマークが見られるようになります。



既に資料も発表されています。数日前に誤ってか、偶然か知りませんが、先行して特急「オホーツク2号」で掲出した事例があったようです。

ヘッドマークだけ変更されて、それ以外は変更はありません。2月になれば、新塗色への復刻車両も登場し、さらに楽しくなりそうです。同じ運用の特急「大雪」については、現在と同じヘッドマークを継続使用し、キハ261系5000番台ラベンダー編成については、復刻版のヘッドマークにはなりません。

あと情報が不足しているのが、復刻ヘッドマークは一部の先頭車だけに用意されているのか、全ての先頭車に用意されているのか。それによって見られる日や見られない日も発生してきます。また、通常のヘッドマークも引き続き見られるのか、そして当分の間使用する予定としていますが、いつまでなのか?もしかしたら通常のヘッドマークは今後もう見られなくなるのかなど、気になる点はたくさんあります。

ただ、資料冒頭のとおり、「オホーツクに消ゆ」とのコラボ的な役割が強く、「オホーツクに消ゆ」は流氷物語号と今年もコラボするので、流氷観光終了あたりまでが使用予定時期なのかなと思ったりしています。



今後の予定では、キハ183系は2022年度末中に置き換えられる計画としていますが、こんな末期になってヘッドマークを追加したり、2月からは新塗装への復刻塗装車も登場します。先が短い車両でも、ここまである意味で投資をするものでしょうか?

管理者も気になる点があり、現在は重要機器取替工事施工車が多数を占めていますが、5年以上10年未満の活躍で引退させるものなのでしょうか?施工目的が延命というよりもメンテナンスに苦慮していたことを優先としていますが、キハ261系と同型のエンジンを採用しているだけに、勿体ない点もあります。

先行きのことはよくわかりませんが、とりあえずヘッドマークが復刻されるということで管理者も楽しみです、2月になれば復刻塗装車も登場します。今冬は久々に石北特急の話題がで盛り上がりそうです。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11046:マーク by ハマヒデ on 2022/01/28 at 10:29:52

イラストマークが断然いいですね。どのような経緯でOKマークなったのか分かりませんが、「スーパーとかち(現とかち)」に合わせたのでしょうか?
261-1000への置き換えですが、①石勝系3月②函館系③石北系の順で間違いないでしょうか?

11053:あまり費用は掛からないのでは by 苗穂住民 on 2022/01/29 at 19:19:06

 こんばんは。

 ヘッドマークは幕式なのであまり費用は掛からないのではないでしょうか。過去の幕回しの動画を見ましたが、とかちやスーパーとかちにはもう使わないでしょうから、そこをオホーツクのイラストマークに変更したものを発注して交換すればよさそうです。塗装変更も検査入場車に対して行われるはずですので、普段使わない色の分だけ多少費用が掛かる程度だと思います。キハ183-8563とキロ182-504が該当しそうです。

 使わなくなった幕は、すぐには無理かもしれませんが、北海道KIOSKのサイトで販売するとかも出来ると思います。今日見たところでは廃線区間のサボが販売されていました。

11054: by 管理人 on 2022/01/29 at 22:37:04

>>「ハマヒデ」さん、コメントありがとうございます。

イラストの方が網走方面の列車と感じられて、よりオホーツク感が出ていると思います。ただ小さいのが残念です。スラント車が生き残っていたら、ヘッドマークを大きく表示できるので、そちらは見応えがあったと思います。

石北本線が単独で維持不可路線なので、投入するとしたらやはり一番最後の気がします。

11060: by 管理人 on 2022/01/30 at 23:38:17

>>「苗穂住民」さん、コメントありがとうございます。

幕が復刻版が追加されたと同時に綺麗になっていたということですから、新しいものを発注した場合を除いて洗浄は同時にすると思います。交換や追加、洗浄でどの程度費用がかかるものか不明ですが、莫大な出費ではないはず。それでも先頭車全車に対して施工するはずですから、それなりの費用はかかるはずです。

幕の販売は人気が出そうです。何年か前に盗難被害もありましたから、正式に販売されるとなれば、高値がつきそうです。

▼このエントリーにコメントを残す