fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

ドカ雪と戦うJR北海道~2月8日(火)の流れ

ドカ雪と戦うJR北海道。

2月8日(火)は、札幌~小樽間で19時~20時頃にかけて運転を再開したようです。しかし、大幅に本数を減らして運行しており、これが明日以降も続きます。



この発表された資料が凄いのですが、JR北海道もたくさんの問い合わせに対し、中にはくだらない内容もあるようで、半ばキレ気味で出されたことが伝わってきます。書き出してみましょうか。


【人力除雪は一部なのでしょう?除雪用機械をどんどん走らせれば済むんじゃないの?なにのんびりやってるの?】

しょっぱなから凄い問い合わせですが、確かに除雪用機械はありますが、全ての箇所を機械で除雪できるわけではないのです。報道でもあったとおり、一番の原因は線路の切替部分に雪が溜まってしまったことです。これが運行不能の原因をつくり、その間に札幌圏の駅で開通待ちをしていた列車たちが、その間にドカ雪の餌食になって埋もれてしまいました。

この線路の切替部分というのは、細かい部分の雪を除去することになるので、人力でなければ対応できません。我々で言えば、庭先や車が駐車してある周辺でも大型の機械を使って除雪するものでしょうか?やはり我々の生活圏でも人力で除雪しなければならない箇所はたくさんあります。それと同じです。


【手稲~札幌~新千歳空港間を優先して作業を進めているとのこと。なぜその区間か?不公平ではないか?】

まず、手稲~札幌間については、手稲駅のすぐ先に札幌運転所(札サウ)があり、除雪作業が終了次第、各駅で立ち往生した車両を一旦収容しなければなりません。札幌~苗穂間についても同じです。

札幌~新千歳空港間については、航空機を利用する方が大勢おり、6日や7日は空港行きのバスでは輸送に対応できずに混乱しました。そのため、ほぼ所定のダイヤで動いている航空機への利用客の輸送を優先とする必要があります。


また、快速エアポートの運行頻度をみてもわかるとおり、札幌~新千歳空港間は利用の多い区間であり、優先的に復旧しなければならないことは一目瞭然です。


【こんなに度々運休されたのではたまらない。JR北海道は除雪対策を全く講じていないのか?】

何ごとにも限度がありますから、雪対策を日頃から実施しているとはいえ、規格外の積雪が確認されると、さすがのJR北海道でも対応することができません。これは道民だったらまずあり得ない問い合わせですよね。


こういうくだらない内容の問い合わせにも1つ1つ対応しなければなりませんから、JR北海道は大変です。

また、報道機関もJR北海道を批判するコメント寄せ集めの記事を流したり、これは仕方のないことなのに、どうして批判・悪者にされなくてはならないのかホントに疑問です。

いつかは潰れるでしょう。


明日以降の運転について。

22時過ぎに最新の発表がありました。以下のとおりです。


【千歳線】
・札幌から新千歳空港方面
→6時30分頃より運転  

・新千歳空港から札幌方面
→8時頃より運転             

・札幌から苫小牧方面
→8時30分頃より運転  

・苫小牧から札幌方面
→10時30分頃より運転


【函館本線】
・札幌から小樽方面
→8時頃より運転

・小樽から札幌方面
→9時頃より運転

・札幌~岩見沢間 
→上下線で始発から夜まで運転を見合わせ



【学園都市線】
・札幌~北海道医療大学間
→上下線で始発から終日運転を見合わせ



【石勝線】
・南千歳~新夕張間
→終日運転見合わせ



【札幌駅を発着する特急列車】
→全ての列車で終日運休


一部の区間から運転を再開しますが、区間によって大幅に運転本数を減らします。利用する際は出発前に運行情報をご確認ください。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11092: by ハナ on 2022/02/09 at 23:22:10 (コメント編集)

昨今の苦情やクレームは業種問わずありますね。内情を知らないから言えるのかも。
現場では一生懸命に作業しているのに水を差す言葉です。
「乗客だから神様」意識があるのでしょうか。
そもそも「神様」と言うのは企業からお客に言うのであってお客から「我々は神様だ」と名乗るのは滑稽です。
そして神様なのに数千円程度でマウント取った言動だったり。。。
話が脱線しましたが今回の資料は一般の人が見ても理解しやすい内容でした。
早い段階から運休や間引きすれば、、、の意見もありますが首都圏みたいに代替え手段が多数ある訳では無く限られた条件で運転なので仕方ないのかな、、、と思います。

11096: by 管理人 on 2022/02/12 at 00:35:15

>>「ハナ」さん、コメントありがとうございます。

「お客様」意識なんでしょうね。そうでなければ、あのようなクレームは出てきません。

あの資料は、半ばキレ気味で出された資料だったと思います。おそらくそうした問い合わせがほとんどだったのでしょう。今回の資料で多くをまた知ることができました。

除雪対応についても教育や訓練を受けた人間でなければ作業員として即戦力になるのは難しいようです。なので、今回のようなドカ雪による輸送障害を防ぐには、やはり事前の予測が全てということになります。難しい判断だと思いますよ。

11123: by 南の虎 on 2022/02/19 at 19:50:26

こんなバカげた質問に対してJR北海道はよく回答したと思います。手稲ー新千歳空港間から先にやるのはどうしてか、って・・・

ただ、除雪の仕方が、列車が在線してると機械では出来ない、というのは、周知されてよかったなと思います。

あと、高架線には、雪落とし穴が設置されています。これは非常に危険です(転落したら死傷する危険がある)。
除雪作業は、機械を使っても、雪でエンジン音が聞こえなかったり、危険の多い作業です。安全第一でやる必要があるのです。そのことを周知したのは良いことだと思いました。

11131: by 管理人 on 2022/02/21 at 00:02:21

>>「南の虎」さん、コメントありがとうございます。

今回は特殊で、予想外の大雪で各駅で列車が立ち往生しました。この影響で作業も難航しました。

やはり細かい部分は人力で実施せざるを得ず、除雪車が条件を問わず使用できるのはやはり駅間だけになりそうです。

今回も報道でさまざまなことがわかりました。その点については管理者も勉強になり、今後の記事作成に役立ちそうなポイントもあったのでぜひとも参考にしようと思います。

▼このエントリーにコメントを残す