fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

春の苗穂工場!!定期運用を離脱した車両でいっぱい!!

昨日は苗穂工場敷地内にある鉄道技術館の一般開放の日。

多くの家族連れで賑わってました。昔はそうでもなかったんですが、コロナ禍になって遠出を控えている影響もあるのか、家族連れが多くなっている印象もあります。昨日は展示物も更新されたようで、その影響もあったでしょう。

この時期の苗穂工場はお役御免になった車両で溢れ、しかも車両の解体の開始時期でもあるため、そうした車両を間近で見られる最後のチャンスなのです。









家族連れで初めての方が増えた反面、立入禁止ラインというのが理解できていない方が多く、このあたりはスタッフを増やして注意喚起したり、簡易ロープや柵を設けて立ち入り制限するのがいいでしょう。特に1枚目の写真のキハ40形の車両全面の線路側で記念撮影したり、車両を見物するために、一周している方も見られました。

さて、昨今の苗穂工場では、キハ283系やキハ183系の中間車、増結用の789系0番台など、動向の気になる車両ばかりです。

特にキハ183系とキハ283系の動向は気になるところです。本当にどうなってしまうのでしょう??

「JR北海道グループの中期経営計画2023」の設備投資・修繕計画では、キハ183系もキハ283系も今年度までに老朽取替対象となっています。特に動向が気になるのが石北特急であり、来年以降の見通しが全く立ちません。現状では、このままキハ183系に頑張ってもらわないと石北特急自体が存続危機です。

キハ283系の転用説は、走らせることだけだったら可能ですが、既に車体の傷みが進行していると報道されてしまいました。そんな車両を転用させるんですか??っていう疑問があります。

フツーの利用者からすれば、この流れは不安でしかありません。加えて、過去に大規模な出火事故を起こしている車両でもありますからね。

キハ183系も機関換装車が苗穂工場に留置されており、おそらく廃車前提の車両だと思います。そうなれば、現役で稼働し続けている車両も近い将来、お役御免になる可能性が高いのです。加えて車齢を考えると、キハ183系はこの先何年も活躍はできませんよ。


ということで、来年以降の先が読めないにも関わらず、老朽化の激しい車両については、廃車・解体のような動きが見える車両たち。本当に来年はどのような体制で運行されるのでしょうか??











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11385: by ツナ缶 on 2022/04/11 at 00:32:01

はじめまして。
いつも楽しく拝見しております。

石北本線の特急に関して、今のところキハ261系5000番台の方向幕は石北本線系統の特急に対応していませんが、宗谷本線系統の特急には対応しているということで、個人的にはキハ261系1000番台を宗谷本線系統に投入し、現行の青いキハ261系を石北本線に玉突きで投入し、キハ183系を置き換えると予想し、キハ281系やキハ283系が来ることはないと考えてるのですが、どうでしょうか。仮にキハ281系やキハ283系が転属してきたとしても、振り子なのど性能を石北本線で発揮することができるのでしょうか。
長文失礼しました。

11387: by 管理人 on 2022/04/12 at 23:31:40

>>「ツナ缶」さん、コメントありがとうございます。

その方法も過去に考えてみました。キハ283系が使えず、キハ261系1000番台を投入しないという程で考えた場合、キハ261系0番台の石北特急転用が一番有力です。

ですが、車両を投入した際、士別市や名寄市などの沿線自治体から製造費用が捻出されているのです。万が一転用するのであれば、JR北海道が車両を買い取るなどの措置をとらなければ難しいです。2両はJR北海道車なので、それは好き勝手できますよ。

石北本線にキハ281系やキハ283系を投入したとしても、振り子までは作動させるとは思えません。作動させたからといって、対速達化は限りなく低く、反ってメンテナンスに悩まされるだけです。

▼このエントリーにコメントを残す