fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

新塗装色に復刻した「キロ182‐504」が営業運転開始

4月8日に新塗装色となって苗穂工場を出場した「キロ182‐504」。



参考記事:ようやく来た!!キハ183系復刻塗装!!


4月13日の特急「オホーツク3号」から営業運転を開始しています。





4月16日は特急「オホーツク2号」と特急「オホーツク3号」の運用に入っていたので、近場で撮影してきました。まだ編成の中間にだけ連結されているだけなので、撮影方法が難しいです・・・。

4月17日は特急「大雪2号」から営業運転に入り、最終的に特急「オホーツク4号」として札幌に戻ってきているはずです。車両の組み換えがなければ、4月18日の特急「オホーツク1号」から再び営業運転に入るでしょう。

新塗装色への復刻は、ハイデッカーグリーン車のほかに、先頭車からも1両が登場します。残念ながら、編成全体が新塗装の復刻塗装車で統一されることはありません。

先頭車がどちらの方向を向いている車両かもわかりませんが、札幌・網走方の先頭車の場合、ハイデッカーグリーン車も復刻塗装車とすると、従来のHET色車と交互に連結されることになります。遠軽方先頭車の場合は2両揃って連続して連結される姿を確認することができるでしょう。

前回の記事で、こうして新塗装への復刻塗装が実施される車両もあれば、廃車・解体される車両も出てきています。おそらくキハ183系一般車の定期営業運転は今年度までと予想し、こうした復刻塗装車も特急「やくも」の381系のように、引退前の催し的な意味合いも少なからず含まれていると思われ、おそらく見られる期間は僅かなものとなるでしょう。

先頭車がいつ登場するのか知りませんが、ゴールデンウィークには間に合ってほしいところです。ゴールデンウィークになれば、毎年道央圏でもサクラが満開となり、管理者は列車との撮影を楽しみにしている時期でもあります。サクラとのコラボも来年見られるかわからない状況でもあり、それまでには先頭車の復刻塗装車も出てきてほしいです。

秋になれば、紅葉と新塗装車とのコラボは最強でしょう。秋も楽しみです。今年もひとめぐり号が運行されるようなことを事業計画に記載されていたので、その時期に設定されれば、石北本線で撮影できる機会が増えそうです。

数を減らしつつも、石北特急として最後の活躍を続けるキハ183系。先頭車の復刻塗装車の登場も楽しみです。











↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11404:懐かしい塗装です by 千葉日台 on 2022/04/19 at 19:16:41

30年ぐらいタイムスリップした気になりました。

2両限定の復活という事で塗装費すら捻出できない厳しさを感じました。それは認めるとしても2両一度に出てほしかったと思いました。

グリーン車も1か月しないうちに車体全体が汚れてそのタイミングで先頭車が出てきたとしてもなんだかなあ・・・と思うかも知れません。

183系気動車も早ければ後1年、波動用で残るにしてもそれから1年が良い所でしょうか。キハ281と283が千歳線・室蘭本線系の波動、キハ183が函館本線系の波動と予想していますが、それでも意外と早い時期にキハ261オンリーの北海道になりそうな気がします。



11413: by 管理人 on 2022/04/21 at 22:28:14

>>千葉日台さん、コメントありがとうございます。

編成全体を復刻塗装で再現できないのは残念ですが、出るだけまだ良しとしましょう。

本来であれば、同時に出る計画をしていたのかもしれません。しかし、ドカ雪の影響からか、登場時期そのものが遅れてしまいました。

早い段階で、キハ261系オンリーになるでしょう。復刻塗装は引退への予兆みたいなものと予想しており、来年3月までがいいとこではないでしょうか?

乗る&撮るなら早めの方がいいですね!

▼このエントリーにコメントを残す