fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

今年度の事業計画にある「ワンマン電車の新製」

JR北海道の今年度の事業計画に「ワンマン電車の新製」というのがあります。



この資料は、JR北海道グループ中期経営計画2023の中に記載されていたもの。実は以前からワンマン電車の新製の検討がなされ、それが今年度になってようやく実現する流れになります。

あくまでイラストですが、733系ベースであろうことは予想でき、機器の共通化によるメンテナンス効率の向上、VVVF化によるCO2の排出量削減などを目指すのでしょう。



鉄道関連記事でも既に紹介されていますが、おそらく置き換えられるのが主に室蘭本線で活躍するキハ143形です。2012年にそれまで学園都市線で使用されていましたが、711系が室蘭本線から撤退とともに、ワンマン化改造を実施して、室蘭本線へ転用しました。主に従来の711系の列車を置き換え、引き続き現在も早朝と深夜に札幌まで乗り入れています。



車両は元々は50系客車だったものを気動車化。中身は写真のキハ150形気動車と同等です。

実はこれまであまり取り上げられることがない車両でした。しかし実際は老朽化が進行しており、いつ消えてもおかしくはない部類に入っています。そのような状況の中で、2両のワンマン電車の新製ということで、置き換えられる時期が迫っているようです。

投入数は現時点では不明ながら、いただいたコメントの中には、2両編成×7本という情報も。キハ143形は2両編成×5本ですから、投入数が上回ります。予備車両確保なのか不明ですが、増やす分の用途がきになりますよね。

さらに事業計画の中には、地方電化区間での列車運行の省力化・省人化を進めるための目的もあると記載されており、ワンマン運転を実施する列車が現在よりも増えることが予想される記載内容です。

室蘭本線の電化区間では、特急「すずらん」の運用関連する785形と789系1000番台による普通列車を除いて、ワンマン運転を実施しており、これ以上の省人化はほぼ不可能です。

となれば、旭川方面ということでしょうか?

旭川方面の列車は、滝川〜旭川間において、気動車で運行される普通列車については、ワンマン運転を実施しています。しかし、721系を使用する列車については、ワンマン運転を実施していません。

さらに、意外なのが岩見沢〜滝川間です。同区間の普通列車については、気動車・電車を問わず、全ての普通列車で車掌が乗務します。道内でも数少ないキハ40形気動車がワンマン運転を実施しない区間なのです。

岩見沢〜旭川間の実態は、特急列車が停車する主要駅以外は無人駅となっており、今年の4月1日から奈井江駅も無人化されたようです。この状況をみると、室蘭本線同様、ワンマン運転を実施してもよいレベルであり、省人化を進めるとはここを意味しているとも読み取れます。

また、将来的には721系の置き換えが控えており、おそらくこれは731系などを旭川方面の定期的な入線よりも、ワンマン電車で置き換えた方が輸送適正化という意味でも妥当な判断だと思います。


管理者としては、省人化を進めるのは人員コスト削減で良いことですが、室蘭本線にキハ143形が転用された際に、通勤時間帯におけるワンマン化は乗降に時間を要するだけでなく、特に降りる際は先頭車に移動するという手間が新たに生じるようになりました。結果、遅延が発生しやすく、後続に特急が迫っていた場合は、その特急まで遅れが発生する事態になりました。

ワンマン対応車両で、車掌が乗務してダメということはないので、省人化を進めながらも、通勤時間帯など、混雑が予想される時間帯については車掌を乗務させるなどの方法をとってほしいと思います。


最後に、たくさんのコメントありがとうございます。明日以降返信していきたいと思いますので、よろしくお願いします。







↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11466:5ちゃんねる界隈では結構色々と言われていた二つの区間 by ダッフィー on 2022/05/17 at 16:25:18

タイトルの通りですが、5ちゃんねる界隈に限ると
・もう室蘭〜苫小牧は架線を撤去したほうがいい
・岩見沢〜旭川間の閑散区間は単行かつ2両編成で架線下DCでいいだろう
という意見を2015年あたりから今日までによく書き込まれてました。
だが、今回はそれらの憂いとも取れる書き込みの必要は無くなったわけなのでいいんですが、
問題は733系のままなのか、それともPMSMやSiC-MOSFETを採用して新形式として走るのかというのも気になるところですね。

11468: by GT-HIRO_rail. on 2022/05/17 at 18:15:53 (コメント編集)

「2両ワンマン電車」の車両の概要等について、自分の想像も含めて述べたいと思います。

先ず、車幅はローカル向け故に735系アルミ車と同様のナロー(概ね2800mm)で運転室部分も735系と同じデザインとなるのではないかと思います。次に走行機器類は2両編成用に簡素化されるものの、当然733系・735系(キハ201との混結はもちろん不可)との混結も考慮された仕様となるようです。

インテリアに移りますが、建造費削減の観点から733系で用いているドア部分の黄色のアクセントは多分省略されるうえ、トイレも733系の半円形ではなく735系と同じ長方形となる可能性も否定できないと思います。

他に事業計画では「今年度中に導入」とありますが、恐らく試作1編成を建造後に室蘭本線の苫小牧-東室蘭または函館本線の岩見沢-旭川間で無乗客の試験走行(ダイヤ非公表)を行い、来年のダイヤ改正以降にデビューさせる可能性が濃厚だと思われます。

11469: by ナナッシー on 2022/05/17 at 19:33:07

こんばんは
今年度は14両製造するそうですが、次年度も製造する予定です。
ちなみに岩見沢駅〜滝川駅まではワンマン対応ではありません。1両であってもツーマン勤務です。ワンマン対応設備が整っていないためです。
滝川駅〜旭川駅はワンマン設備が既に設置されているので、一部の気動車列車ではワンマン運転を行っています。
一番わかりやすい例は923D列車で、札幌〜滝川まではツーマン対応ですが、滝川〜旭川はワンマン対応になります。
車掌さんは滝川まで乗務し、滝川からは便乗(回送)扱いになるようです。

11470: by GT-HIRO_rail. on 2022/05/19 at 09:04:55

2日前の追記です。若し電車が入ってからの話となりますが、現在室蘭-東室蘭-苫小牧間で運用しているH100型を苫小牧-追分-岩見沢、及び現在運用がない石勝線の千歳-新夕張方面に回し、キハ150系を他線区に玉突き(?)こともあり得ると思います。

11475: by momo on 2022/05/20 at 22:56:55 (コメント編集)

JR東E131系がベースだったりするんですかね。

11482: by 管理人 on 2022/05/23 at 00:09:12

>>ダッフィーさん、コメントありがとうございます。

管理者も前々から書き込みを確認していますが、既存の設備がある以上はそれを有効活用すべきで、JR北海道もカーボンニュートラルに取り組むとなれば、電化設備は最大限活用したいところです。電化設備を撤去するにもお金がかかりますからね。

新形式なのか既存の車両で別の番台区分になるのか不明ですが、車両メンテナンス効率化のため、733系ベースになる可能性は高そうですよね。

11484: by 管理人 on 2022/05/23 at 00:23:59

>>GT-HIRO_rail.さん、コメントありがとうございます。

733系または735系がベースになることは言うまでもありません。トイレは後に登場したH100形でも長方形なので、長方形にした方が通路スペースの確保という点でもよいと思います。

アルミ車になるかどうかはわからないですよね。メリットもある一方でその分はね返りも大きいので、管理者としては引き続きステンレスの方が維持はしやすそうな気がします。

今年度に投入して各種試験を経て投入されるでしょう。楽しみです。

11485: by 管理人 on 2022/05/23 at 00:28:01

>>ナナッシーさん、コメントありがとうございます。

岩見沢〜滝川間がワンマン運転でないというのは意味がわかりませんよね。規模としてはワンマン運転でも支障がないレベルです。

滝川〜旭川間については、気動車による普通列車ではワンマン運転を実施しています。721系の置き換えもワンマン電車になると予想しています。現在は輸送に適した車両がなく、721系を仕方なく使っているような感じで、2両でも十分対応可能レベルですよね。

11486: by 管理人 on 2022/05/23 at 00:32:02

>>GT-HIRO_rail.さん、再度コメントありがとうございます。

黄色線区、いわゆる不採算路線にもH100形の投入が決まりました。さらに、カーボンニュートラルに取り組むことで、電化設備が重要になること、それを極力有効活用する方針に次第に変わっていくと思います。

そうなれば、苫小牧〜室蘭間は電車の比率が多くなると予想でき、仰るとおり、玉突きで苫小牧〜岩見沢間や石勝線の普通列車への転用もあり得ますよね。

11487: by 管理人 on 2022/05/23 at 00:33:00

>>momoさん、コメントありがとうございます。

どうなるのでしょう?現時点でそこまでは検討がつきません。

11488: by くろゆぅ on 2022/05/23 at 11:28:59

初コメです。721系の置き換えの予想ですが
721の廃車は車齢的に3両編成F-1009・F-5001を除いて全車と6両編成3100・3200番台から
この87両の代替を733系3000番台24両と0番台54両、ワンマン2両編成10両ですると思います。
岩苫線の間合い運用と留萌線の運用以外の列車をワンマン電車にするなら
旭川所属キハ40の函館線運用を廃止するでしょう。キハ40の滝川〜旭川〜富良野・東鹿越の運用を函館線はワンマン電車にして、根室線のほうは富良野線のキハ150の運用に組み込んだらできると思います。
札幌〜旭川間のキハ40担当列車も721系置き換え用ワンマン電車に追加で製造すれば置き換えられるのではないでしょうか。
現行の札幌方面直通の朝の列車は札幌止まりにしてワンマン電車3本繋ぐかワンマン電車に731系以降の電車を連結すればラッシュでも耐えれるのかなと思ったりしてます。

11500: by 管理人 on 2022/05/27 at 19:13:00

>>くろゆぅさん、コメントありがとうございます。

中期経営計画では、エアポート編成の置き換えはまだ明記されておらず、ワンマン電車の新製が今年度の事業計画に先に明記されましたので、車齢的にもおそらく3両編成から先に置き換えられると思います。制御機器も登場時のものを使用し続けており、メンテナンスを考えたらこちらを優先すべきだと思います。

カーボンニュートラルで将来的にCO2などを含めた温室効果ガス排出量を実質ゼロにする方針ですから、電化設備は有効活用していくと思います。そのため、車両の送り込み等を除いたら、将来的に電化区間は全てワンマン電車になると思います。

H100形は今年度は旭川エリアに投入されるようです。投入路線はまだわかりませんが、キハ40形を置き換えるとともに、キハ150形などの既存車も有効活用していくでしょう。富良野方面は、現在は根室本線と富良野線で運用がほぼ分かれているので、車両統一とともに同一運用を組めば、さらなる効率化も期待できそうです。

11513: by momo on 2022/05/31 at 21:54:51 (コメント編集)

宗谷北線?向けH100系は国と北海道の援助車になるみたいですね

https://www.vill.otoineppu.hokkaido.jp/kakuka/chiikishinkou/oshirase/h100_design.html



11518: by 龍 on 2022/06/03 at 22:27:55 (コメント編集)

2022年度の車両導入予定が出ました。車両自体の概要は未定ですが、思ったよりも導入のペースが早いですね。

・2022年7〜9月:H100形(8両)導入。
・2022年10〜12月:H100形(4両)観光列車化改造。2両編成ワンマン電車(4両)導入。
・2023年1~3月:2両編成ワンマン電車(10両)導入。

11523: by 管理人 on 2022/06/05 at 23:26:08

>>momoさん、コメントありがとうございます。

観光用のH100形は買い取ってJRに無償貸与するようです。通常のタイプも対象になるのか知りませんが、援助の前にまだまだ道としてやるべきことがあると思いますよ。

11526: by 管理人 on 2022/06/05 at 23:53:13

>>龍さん、コメントありがとうございます。

詳しい情報をありがとうございます。観光列車用って、新製時から観光用ではなくて、改造によって生まれるんですね。

ワンマン電車の投入は、3月のダイヤ改正に間に合うのか気になるところです。おそらく室蘭方面に投入され、それまでは733系などで試運転を実施すると予想します。

11534: by 旭アサ on 2022/06/09 at 10:17:31

いつも見てます。このブログの情報は信頼できますよね!

以前このブログで、流氷物語号や山紫水明シリーズなど8両JRから買い取って無償貸与すると読みました。
そのほかに、今度はH100形を何両か買い取ることになるのですか。

このブログでは独自の取材網でいろいろな新情報を提供していただいて感謝しております。
これからも更新期待して待っております。

11539: by 管理人 on 2022/06/11 at 07:41:39

>>旭アサさん、コメントありがとうございます。

当ブログは信頼も期待もあまりないです。コメントを通じて教えていただいた内容+αです。

H100形も観光用が登場し、何両かが無償貸与の対象になるようです。

▼このエントリーにコメントを残す