fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

残るキロ282形の解体が始まる

まだ解体されずに残っていたキロ282形の2両ですが、今週に入ってそのうちの1両が苗穂工場で解体作業が始まっています。





後日お伝えしようと思いますが、正式にキハ283系が転用されることが決まりました。一方でグリーン車が廃車・解体になりました。現時点では転用が決まったにしても普通車による運行しかできません。



昨今、往路は苗穂〜岩見沢間、復路は岩見沢〜札幌間でキハ283系が試運転を実施しています。おそらく所定の編成がこれになると思われ、2号車に車椅子対応のキハ282形0番台を連結した4両編成になるでしょう。

一部をグリーン車化してキロハ化の可能性についての話も聞きますが、では仮に実施するとしたら、どの車両で実施するのか?です。実施するに際し、一部列車が旭川駅で接続する特急「ライラック」の編成に合わせる必要があるので、1号車の前側か、現在と同じように2号車ということになるでしょう。

2号車にする場合、車椅子対応車両でもあるので、全室グリーン車とすることはできません。できたとしても半室になります。ただし、元々想定していなかったグリーン車化になるので、仮に実現しても座席と窓の位置は合わなくなるでしょう。

また、自動放送の制御もグリーン車で実施していました。グリーン車が連結されなければ、現時点の設備では自動放送を流すことができなくなります。なので、昨今試運転列車がモノクラスの4両編成で運行していますが、仮にそのまま転用されれば、現状の設備のままだと、自動放送は使えず、車掌による肉声放送になります。

転用が決まったキハ283系ですが、まだまだ不明な点が多いです。グリーン車なき今後、どのように使用されていくのか注目です。












↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11650:承認待ちコメント by on 2022/07/22 at 07:32:24

このコメントは管理者の承認待ちです

11652: by ナナッシー on 2022/07/24 at 08:55:09

おはようございます
785系・789系1000代は4号車(Uシート)に車掌室があり、そこから車内放送(自動放送)を行っています。
785系が4両の時代は進行方向一番後ろが車掌室(運転席)から放送しており、簡単なチャイムはあるものの、自動放送による案内はありませんでした。

オホーツク・大雪として運行する際、もし自動放送装置を設置する場合、運転席に設置せざる得ないでしょう。
他の優等列車と違う点は、遠軽駅でエンド交換するため、車掌も移動しなければならないのがネックです。

11653:不要かと言われれば・・・! by 紅の豚親方 on 2022/07/25 at 02:32:56

蓋を開けてみないと何ともですが。
特別席ヲタな私としては、何とかグリーン席が欲しいがねぇ。座席を移植して半室以下でも良いから。
でも不要かと言われれば、それまでですわな。
まぁ特急が残ってくれるだけでも御の字ですがねぇ。

11654:基本編成 by 183廃人 on 2022/07/25 at 22:18:13

今日石北試運転があり遠軽辺りまで行ったようですけど3両だったらしいので転用したときの基本編成は指定2両、自由1両の3両で繁忙期は自由席を増やして6両くらいになると思います。そもそもグリーンがないのと183より定員がかなり減るので繁忙期に5両はモノクラスでも今のグリーン付き5両の定員を賄えないのできついと感じてます。そして281も10月に臨時のスーパー北斗で終わらせるようですけど283の先頭が11両しかないこともあって可能性はかなり低いですけど281の先頭1両と中間いくらか持ってく事とか出来ないのかなぁと勝手に妄想してます。一応混結は出来ますし。(速度は110にする)

11664: by 管理人 on 2022/07/30 at 00:20:31

>>コメントNo,11650の方へ

部品取りされているとすれば、転用後にそれを移植する形になります。試運転では3両編成で実施されているようで、もしかしたら3両まで減車されるのかもしれません。

基本的にモノクラスで運行する際は最後尾に車掌が乗務していましたから、先頭車に移植されるのかもしれませんね。

ハンドルネームがないので、コメントは非公開にさせていただきます。

11665: by 管理人 on 2022/07/30 at 00:24:21

>>ナナッシーさん、コメントありがとうございます。

キハ283系でモノクラス運転を実施する場合、最後尾に車掌が乗務していたので、今後は最後尾に車掌が乗務し、尚且つ自動放送も先頭車へ移植されるのでしょうね。

遠軽駅では乗務員の移動で今度大変になりますよね。ただ、キハ183系との性能差もあると思うので、遠軽駅では停車時分が現行よりも設けられ、性能差で相殺する方針なのかもしれません。

11666: by 管理人 on 2022/07/30 at 00:28:52

>>紅の豚親方さん、コメントありがとうございます。

今の時代は、長距離=グリーン車は必ずしも必要ではなく、電子機器が充実しているので、列車での移動時にコンセントなどの設備や快適に移動できる場所が確保されていれば、利用者からすればどうでもよいのです。

特急はかろうじて残りましたが、石北本線そのものが将来的にわからない状況です。なので、中古のキハ283系を使って今後数年間様子を探るしかないんでしょうね。

11667: by 管理人 on 2022/07/30 at 00:35:17

>>183廃人さん、コメントありがとうございます。

石北本線そのものが将来的にわからない状況なので、中古車両を転用して様子を見るしかないんでしょうね。

試運転の編成について、3両編成で実施しているそうで、上川駅では停止位置の表示も変更されるような動きがありそうです。もしかしたら3両になるのかもしれませんが、特急「オホーツク」充当時、札幌〜旭川間の輸送もカバーできるのかどうか気になります。

キハ281系は、転用される可能性は低いと思います。耐寒・耐雪構造的に厳しいはずです。キハ281系からそれを強化したのがキハ283系です。同じ道東方面で使用していたこともあり、その辺りは問題なく転用できるのでしょうね。

シーズンになれば、ラベンダー編成なども使用するのでしょう。車両不足が懸念されますが、数年間はそうして乗り切るしかなさそうですね。

▼このエントリーにコメントを残す