fc2ブログ

プロフィール

管理人

Author:管理人
北海道の鉄道の内容を中心に自身の知識も含めながらブログの記事を日々更新しています。札幌市在住のため、主に札幌圏を走行する列車についての話題です。

<公式Facebook>


<公式Twitter>


<公式Instagram>

Amazon.co.jp(鉄道雑誌その他)

RSS

12月25日(日)に旭川駅でH100形のラッピング車を一般公開

12月25日(日)のクリスマスに旭川駅でH100形ラッピング車2両の一般公開を実施します。





昨年も旭川駅が現駅舎になって10年を経過したのを機に、グランドオープン10周年記念イベントとしてラッセル車やキハ54形、キハ40形にヘッドマークを装着して展示会が開催されました。今年は観光用のH100形を使用して開催する予定です。

展示車両はH100形のうち、石北線ラッピングと富良野線ラッピングです。場所と時間は旭川駅7番線ホームで10時30分〜11時45分です。

車内を見学することも可能です。旭川駅ホームでの見学の際は、入場券または有効な乗車券等が必要です。


今のところ、これら2両は営業運転に入ってはいないはずで、釧路方面の花咲線ラッピングや釧網線ラッピングのように営業運転開始時期についても告知されていないはずです。今回展示される2両は、9月現在の情報で石北本線の旭川〜上川間、宗谷本線の旭川〜名寄間でそれぞれ使用されます。

富良野線ラッピングについては、富良野線で使用されないというおかしな状況になっています。それは花咲線ラッピングと釧網線ラッピングも同様です。

理由の1つが宗谷本線と石北本線は既にH100形が投入されていますが、富良野線については未投入です。そろそろダイヤ改正の資料が発表される時期になってきましたが、3月のダイヤ改正以降、富良野線にH100形が投入されるのか注目です。


昨年は多くの人で賑わいました。なので今年も多くの人で賑わうでしょう。感染対策を十分実施したうえで参加してくださいね。










↓ブログランキングにご協力お願いします↓


にほんブログ村

鉄道コム
関連記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
12081: by 旭アサ on 2022/12/14 at 17:32:54

この車両は3セクが保有するそうです。
ところで、2021年4月26日付け、タイトルは「道は国と共同でJR北海道の特急列車1編成、観光用普通列車8両を買い取りへ」
その本文では、こう書いてありますよ。

そのほか、臨時列車としても使用できる観光用に改造した普通列車用の車両8両も買い取るとのことですが、現時点でどの車両を買い取るかまでは明らかにされていないはずです。

管理者の予想では・・・

これら8両が該当すると思います。山紫水明シリーズと北海道の恵みシリーズ、そして流氷物語号の計8両です。

12082: by ナナッシー on 2022/12/14 at 20:56:22

こんばんは
例年通りであれば12月中旬の金曜日にプレスリリースが出てきますので、今年でいけば12月16日に公表されるはずです。

来年のダイヤ改正は2020年ほどではありませんが、比較的大規模な改正になるみたいですね。

12089: by 管理人 on 2022/12/16 at 00:26:39

>>ナナッシーさん、コメントありがとうございます。

いよいよ発表間近にな理、今回はどのような変更があるか楽しみです。

旅客駅の廃止が浜田浦駅以外わからないので気になります。

12094: by 管理人 on 2022/12/16 at 12:21:55

>>旭アサさん、コメントありがとうございます。

観光用が三セク保有になることは知っていますよ。

12099: by 龍 on 2022/12/17 at 12:56:33 (コメント編集)

今回の一般形気動車の置き換えは、3段階に分けて行われます。

まず、2023年3月18日。毎年の年度末に行われるダイヤ改正で、富良野線の定期列車(普通列車が上下合計38本)を全てH100形で統一。旭川運転所配置のキハ40形・キハ54形・キハ150形は他線区へと追い出されることになります。

続いて、2023年4月1日。新型車両の導入による置き換えはありませんが、留萌本線の石狩沼田駅〜留萌駅間が前日(3月31日)の運行を最後に廃止されるため、旭川運転所配置の一般形気動車の運用範囲自体が縮小されます。まだ先の話ですが、深川駅〜石狩沼田駅間も2026年3月末での廃止で沿線自治体と合意しており、これをもって留萌本線は全線廃止となります。

そして、2023年5月20日。札幌運転所に新製配置される737系電車が室蘭本線の室蘭駅〜東室蘭駅〜苫小牧駅間で営業運転を開始。同区間のキハ143形を全て置き換えるほか、H100形についても一部を除いて置き換えられます。玉突きでキハ40形・キハ143形・キハ150形は苫小牧運転所を追い出され、廃車もしくは他線区の車両の置き換えに回されると思われます。

12107: by 管理人 on 2022/12/18 at 23:51:39

>>龍さん、コメントありがとうございます。

キハ40形の置き換えが一層進む気配ですよね。

石北本線の遠軽以北はほぼキハ40形しか使用されていないので、キハ150形で置き換えるのかなぁ〜って予想しています。根室本線の滝川〜富良野間もキハ40形気動車がメインですから、留萌本線の縮小に伴って、こちらもヨンマルの去就が気になります。

東室蘭〜長万部間で使用するH100形の送り込み以外は737系にほぼ置き換えられると思いますが、日高本線が気になります。H100形ラッピング車が来年登場するので、いずれはH100形になるのでしょうが、花の恵み号や特にむかわ竜ラッピング車が気になります。

先日は滝川方面に行っていたみたいですから、もう時期運行エリアも関係なくなるのかな?と思ったりします。そうした既存車の動向も気になりますね。

12113: by 旭アサ on 2022/12/19 at 04:07:19

925Dと折り返しの926Dは苫小牧の車両ですので、滝川にむかわ竜ラッピングがいても不思議ではないのだが
情報局がご存知ないとは意外です

12131: by 管理人 on 2022/12/22 at 10:43:27

>>旭アサさん、コメントありがとうございます。

以前、鉄道については素人とコメントをいただいていますが、どうして素人の範囲を超えた内容まで把握しているのか教えていただけませんか?

▼このエントリーにコメントを残す